記事サムネイル画像

「お客様、もしかして…」買い物中、息子の靴下を落としサービスカウンターへ→すると、店員が耳を疑うひと言を…!?

当時、0歳の息子を連れて、良く行くスーパーにその日も買い物に行きました。

店員のひと言に驚き!

買い物をしていると途中で息子の靴下が片方、無くなっている事に気づきました。 慌てて、サービスカウンターに行くと、片方の靴下が届けられていて、無事に回収できました。 安心したのもつかの間、店員さんから「あの…もしかしたら、これもお子さんのでしょうか?」と出されたのは同じデザインの色違い。 それを見て、はっ! としました。 その靴下は、約1ヶ月程前に無くしてしまった息子の靴下でした。 無くした日は、色々な店に寄っていた為、何処で落としたのか分からず、諦めてしまいました。

 

思わぬ所から出てきた靴下にびっくりする私に店員さんが、よく来ているの知っていた、デザインが同じだったので、もしかしたらと思い、声を掛けさせてもらったと聞き、思わぬ所から出てきた靴下に驚きと感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

◇ ◇ ◇

 

それからは、定期的に息子の靴下を確認する事にしました。 お店から帰る前など、特に注意して夫にも声をかけるようになりました。

 

作画/犬野ぽよ彦


著者:西尾えり

30代、2歳と0歳を育てるママ。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →