【マンガ】脱力系ゆる育児日記第134話~赤ちゃんの感覚~

2018/01/14 18:00
42
38歳にして初めての出産を経験した私。本やネットで見聞きした情報ではなく、私が感じた出産の感覚を発表させていただきたいと思います。まず、赤ちゃんが出てきたときの感覚は……茹でダコが股から出てきた感じでした。※個人の意見です。次に、その後、胸に抱いたときの感覚は……カブトムシが動いてる感じでした。※個人の意見です。


カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

38歳にして初めての出産を経験した私。
 

本やネットで見聞きした情報ではなく、私が感じた出産の感覚を発表させていただきたいと思います。

 

 

まず、赤ちゃんが出てきた時の感覚は……茹でダコが股から出てきた感じでした。温かくてしっとりしてブルンプルンしてたので。※個人の意見です。

 

次に、その後、胸に抱いたときの感覚は……カブトムシが動いてる感じでした。そんなに動いてる印象はないのですが、何か口を開けてパクパクしていたような気がします。※個人の意見です。

 

そのときはまだ私が全然親になれてなかったので、かわいいとか思う余裕はまったくなくて、ただただ「死なせてはいけない!」としか思わなかったのが、何だかもったいない気持ちです。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


  • 茹でタコ、ワサワサ動くカブトムシ!それすごく共感!!

    2018/07/15 22:25

この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
42

現在ログインしていません。

【マンガ】脱力系ゆる育児日記第134話~赤ちゃんの感覚~の関連記事

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。