妊娠38週、子宮口3cm。正期産の時期をどう過ごす?【助産師に相談】

2018/02/12 19:00
7
「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は出産を間近に控え、いてもたってもいられない妊婦さんからの質問です。みなさんはどのように出産直前の時期を過ごされているのでしょうか? おすすめの過ごし方や注意点をまとめました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
相談
妊娠
出産
陣痛
おしるし
破水

臨月の妊婦さんのイメージ

 

「気軽に専門家に質問ができて、さらに返信も早い」とママから日々感謝の声が寄せられているベビーカレンダーの人気コンテンツ【助産師に相談】の掲示板。その中から特に注目をあつめた質問の内容を一部抜粋してご紹介します。今回は出産を間近に控え、いてもたってもいられない妊婦さんからの質問です。みなさんはどのように出産直前の時期を過ごされているのでしょうか? おすすめの過ごし方や注意点をまとめました。

 

Q. 38週、子宮口3cm。出産まであとどれくらい?

初産で今、38週6日です。今日の健診で子宮口3cm、指2本分くらい開いていると言われました。子宮口3cmから、どのくらいで陣痛や出産までいったか経験談を伺いたいです! あと、散歩したほうがいいなども具体的に聞けるとうれしいです。よろしくお願いします。

 

在本祐子助産師からの回答

子宮口3cm38週、もういつ陣痛がきてもおかしくないですね。ただ、3cm開いていても、予定日超過される方もたくさんいらっしゃるので、何とも言えないのです。正常経過のマタニティライフであるならば、寒い時期ではありますが、お散歩にお出かけになったり、スクワットしたり、階段昇降などなさるといいですね。


お産は体力勝負です。たくさん運動してくださいというわけではないですが、体を動かしておくと、スムーズな方が多いような気もします。あとは、ぜひ今のうちにやっておきたいことを体の負荷にならない程度にやられてはいかがでしょうか。


38週以降はいつ出産してもおかしくない状況

“妊娠38週”とは妊娠月数でいうと10カ月、いつ産気づいてもおかしくない状況です。もちろん時期は人それぞれですが、今回の質問者さんは子宮口が3cm開いているということなので、きっとそろそろでしょう。そこで、出産間近のこの時期に特に気をつけたいことをまとめました。

 

破水

通常は「おしるし」→「陣痛」→「破水」と進む場合がほとんどですが、いきなり破水(前期破水)がやってくるパターンもあります。お水(羊水)の出方は、いきなり「バシャッ」と出るパターンより、むしろ「ちょろちょろ・じわじわ」と出てくることが多いので、尿もれと間違うこともあります。色合いやにおいなどで一般の方が見分けるのは難しいことです。

 

最も注意したいのは、破水と気づかないまま時間が経過してしまうことです。予定日が近づいたら、尿もれパッドなどは外して下着の様子に注意を払ってください。尿もれとの違いは、笑ったりくしゃみをしたりしたわけでもないのに、自然にじわじわと出てくる点です。少しでもあやしいと思ったら診察を受けてみてください。


※引用元:基礎知識 妊娠中「破水とは」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/146

 

おしるし

おなかの中の赤ちゃんは、羊水に満たされた卵膜に包まれています。卵膜は子宮壁にはりついていて、子宮頸管(子宮の入り口)は頸管粘液栓によって塞がれています。子宮口が開きはじめると、卵膜が子宮壁から剥がれて出血が起こります。この出血と頸管粘液栓が血液と混ざって、外に排出されたものが「おしるし(産徴)」です。

 

おしるしは、少し粘り気があり血液が混じったおりものというのが特徴ですが、出血の量は個人差があります。出血量が少ない場合は、ピンク色や茶色、褐色程度ですが、量が多い場合は鮮血ということもあります。だいたい分娩の前日~数日前に起こることが多く、おしるしがきたからといってすぐに分娩が始まるとは限りません。おしるしがない場合や、おしるしや陣痛がくる前に破水してしまうケースもあります。


※参照元:基礎知識 妊娠中「おしるしとは?初産と経産婦で違うの?陣痛や破水との関係と対処方法について」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/pregnancy/998

 

前駆陣痛

前駆陣痛は、妊娠後期に起こる不規則な子宮収縮で、お産の始まりに先駆けて起こる陣痛です。痛みの強さ、長さ、間隔が不規則で、痛みの感じ方には個人差があります。


<前駆陣痛の特徴>
・生理痛や下痢の時の症状に似た感じの痛み
・おなかの張りの強弱が不規則で一定しない
・下腹部が突っ張ったような感覚
・おなかを触ると固く張っているがすぐにやわらかくなる
・圧迫感や不快感がある
・腰痛
・姿勢を変えることで痛みが治まる
・全く症状がない人もいる、など


前駆陣痛が起こらず本格的な陣痛が来る場合もありますし、前駆陣痛が起きる時期もさまざまです。前駆陣痛はしばらく安静にすると痛みがなくなりますが、忘れたころに痛みが起こることもあります。


※参照元:基礎知識 出産「前駆陣痛とは?本陣痛との違いや痛みや特徴、対処法を解説」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/birth/977
 


臨月に入ったら、出産に備えて運動を

この時期、体力をつけるためにも適度な散歩はしたほうがいいといわれています。疲れるまで歩く必要はないですが、気分転換にもなりますのでおすすめです。また、股関節をやわらかくするためのストレッチをするのもいいでしょう。
 

出産間近と言われると、いつ陣痛がくるのか、いつ破水するのかと気を張ってしまうかと思います。それが原因で寝不足になってしまうこともあるようですが、それでは本末転倒です。在本助産師が言うように、お産は体力勝負。心も体もリラックスして、万全な状態で出産に臨めるようにしましょう。

 


※参照元:ベビーカレンダー「助産師に相談」コーナー〈 https://baby-calendar.jp/talk/topic/detail/24777
 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。