マンガ 体験談 マンガ やましたともこ

「絵空事」脱力系ゆる育児日記第170話

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

 

出産前、育児を体験したことのない私はこう思っていました。「家事も育児もパピーちゃんと一緒にがんばっていこう」と……。「2人で半分ずつ家事育児を分担できるであろう」と……。

 

いざ育児を始めてみると、圧倒的に母親にしかできないことが多すぎた……。
 

随分前に、モデルの長谷川 潤さんがテレビで育児について聞かれたときに「もっと半分ずつできるかと思ってた」と言ってるのを見たことがあるのですが、やっぱりそうなんだ!うちだけじゃないんだ!あんな若くてキレイなお金持ちが高齢育児でシワシワな庶民(私)と同じ意見なんだ!とうれしく思ったのを覚えています。

 

育児日記(4コママンガ)

 

パピーちゃんがどんなに家事や育児に前向きでも、そこにいなかったら何もできないですもんね。半分ずつなんて絵空事……! ※わが家の環境での個人的な意見です。

 

そこに不満を抱かない立派なお母さんが世の中にはたくさんいらっしゃると伺っております。心の底から尊敬します!

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。