マンガ 体験談 マンガ やましたともこ

「#8000」脱力系ゆる育児日記第195話

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

 

みなさんは「#8000」をご存知でしょうか?
 

赤ちゃんとは遠いところにいた私が女児を出産したと聞きつけた育児の先輩から「#8000」は知っておいたほうがいいというメールを届けてくれました。

 

局番なしの「#8000」で赤ちゃんの病気やケガなどについて相談に乗ってくれる番号らしいとのこと。病院に行くべきか、家でどんな処置をしたらいいのか、救急車をよんでいいのか? などなど、いろいろな相談に乗ってくれるみたいです。

 

なんとありがたい〜♡

 

育児日記(4コママンガ)

 

が、

 

なんとこの「#8000」には落とし穴が……。
 

次回196話では、#8000の落とし穴について描かせていただこうと思います。196話もチェックチェック〜♪

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。