マンガ 体験談 マンガ やましたともこ

「やっぱり赤ちゃんが恋しい」脱力系ゆる育児日記第204話

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

 

むか〜しむかし、まだこの「ゆる育児日記」が4コマ漫画ではなかったころ、第16話で「赤子がうらやましい話」という赤ちゃんが恋しい話を描かせていただいたのですが、完全に初老を迎えた今でもやっぱり赤ちゃんが恋しいので、今日は、長女N子が赤ちゃんのときではなく、最近のお話を描かせていただきたいと思います。決して昔ラフだけ描いててボツにしたけどネタがなくて引っ張り出してきたお話ではございません。

 

アマゾンのCMだか何だかで「赤ちゃんごっつん防止リュック(←正式名称は知りません)」的なのを見ました。なんてありがたくって、なんてかわいいグッズなんだろう! と感動して、めちゃくそ欲しくなったのですが、残念ながらわが家には赤ちゃんがいないのです。
 

大きく育った7歳の長女N子と、自我が芽生えて大変なことになっている4歳次女のKTしかいないのです。

 

育児日記(4コママンガ)

 

寂しい……。気の向くままに「赤ちゃんごっつん防止リュック」(←正式名称は知りません)を買いたい!
 

そう思ったときに、もう二度と自分で生むことのない赤ちゃんへの恋しさが爆発してしまいました。
 

あ〜赤子の頭のにおいを嗅ぎたおしたい♡ 赤子の毛の薄い頭で疲れた眼球を温めたい♡

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。