マンガ 体験談 マンガ やましたともこ

「懐かしの脳内メーカー」脱力系ゆる育児日記第205話

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

 

201話で大好きだった趣味の英会話を心の底から楽しめないという身体になってしまったことが明るみに出た私。
 

無理して「めちゃめちゃ楽しかった〜! パピーちゃん、N子を見てくれてありがと〜♡」と心から楽しんだフリをするのもアリかもしれませんが、分析好きの私は、その楽しめなかった原因を、昔懐かしの「脳内メーカー」風に分析してみました。

 

育児日記(4コママンガ)

 

すると、なんとその当時、私の脳内は98パーがN子一色だったのです。残りの2パーは、趣味1パー、出産して老け込んだと思われたくないという不安1パー。

 

正直、当時は自分でも気づかないままに育児ノイローゼまっしぐらだったので、N子とは1秒でも長く離れていたい! と思っていたのに、いざ離れたら気になって他のことに集中できなくなってたんですね。
 

よくよく考えたら当たり前かもしれんですな! だってお母さんなんだもん♡

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。