マンガ 体験談 マンガ やましたともこ

「ご心配ありがとう♡」脱力系ゆる育児日記第221話

1

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 


長女N子、いろんな検査を繰り返し、最初に先生から言われた診断結果は「LCHの疑いあり」というものでした。


LCHとは「ランゲルハンス細胞組織球症」という小児がんみたいな病気とのことでした。


普段コミカルな担当の先生がやけに淡々と「もしLCHと確定したら年明けから抗がん治療を始めます」と言っていたのを覚えているけど、その他はまったく耳に入ってきませんでした。

 

育児日記(4コママンガ)

 

ただ、最後に先生が「僕的にはLCHではない可能性があると思ってます」と言ってくれたので何とか息ができたような気がします。病院を出たその足で保育園にお迎えに行き、担任の先生に結果を報告しながらついつい号泣してしまいました。長女N子もびっくりしたことでしょう。

 

その後も検査を続け、結果LCHではなく「頭蓋骨膜洞」という、緊急性がない病気ということが分かりました。経過観察のためにその後も年に1〜2回MRIを受けていましたが、年長さんになってからはMRIもしなくなりました。小学生になった今、今度は手術をするかどうかで定期的に家族会議を開いてますがとても元気に過ごしてます。
 

ご心配いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 

こんな話を思い出したら急にN子が恋しくなりました。後ろで爆睡してるので歯を磨いてから無理やり抱きついてぶっちゅっちゅしてやろうと思います♡

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 私の8カ月の子供も多分、頭蓋骨膜洞だろうとけれど、ちゃんと診れる先生が居る大きな病院に診断してもらって下さいと言われ1月7日に診察に伺う予定です。 これからMRIなど撮る予定になるかと思うのですが心配… もっと見る
    私の8カ月の子供も多分、頭蓋骨膜洞だろうとけれど、ちゃんと診れる先生が居る大きな病院に診断してもらって下さいと言われ1月7日に診察に伺う予定です。
    これからMRIなど撮る予定になるかと思うのですが心配で心配で、、、
    しかし、こちらのブログを見て少し安心することが出来ました。
    ありがとうございました。

 
 

過去のお話はこちら

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。