ママネタ 育児 体験談 産後の悩み 混合 授乳 母乳不足 搾乳

初めての母乳育児!生後3日目から生後3カ月ごろまでの様子【体験談】

寝ている赤ちゃん

 

赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたいと思っていた私でしたが、赤ちゃんのおっぱいを吸う力が弱く、すぐに寝てしまうので、生まれた当初は栄養足りているか心配でした。そんなわが子でしたが、生後3カ月ごろにはしっかり母乳が飲めるようになりましたよ! 今回は、わが子が生まれてから生後3カ月までの母乳育児の様子を紹介します。

 

続きを読む

生後3日目ごろ

このころはまだ、生まれたばかりの赤ちゃんのおっぱいを吸う力が弱く、授乳を始めてもすぐに寝てしまってばかり。なかなかじょうずに授乳できず、少しずつおっぱいが張ってきてしまっていました。

 

そんななか、産後3日目に搾乳の指導を受けたときのこと。教わりながら手動の搾乳器を試すと、母乳が出てくる穴がひとつ確認できました。母乳がビューっと出てくる様子を見ていると、もう一つ出てくる穴が増えました。「自然にどんどん増えていくんだよ」と、「乳管の開通」について助産師さんから教わったのでした。

 

1カ月健診のころ

1カ月健診のころになると、赤ちゃんが飲む母乳の量が少しずつ増えてきていました。ところが、おっぱいの一部にはしこりが! 助産師さんに相談すると、「赤ちゃんの抱き方を変えて母乳を飲ませてみて」とアドバイスをもらいました。そこで、赤ちゃんを縦抱っこのように抱き方をかえてみると、次の日にはしこりがとれました。

 

また、下着や洋服などでおっぱいや肩まわりが締め付けられることも、おっぱいの詰まりに影響を及ぼすとのこと。そのため、締め付けないような下着や洋服を心がけました。さらに、血行をよくするために腕をぐるぐるまわしてから授乳をすると、母乳の出がよくなったように感じました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。