食・レシピ 妊娠食 アレルギー 食べていいものダメなもの

妊娠中に食物除去するとアレルギーになりにくい?管理栄養士が答えます!

食品アレルギーのイメージ

 

赤ちゃんが食物アレルギーにならないように、妊娠中から予防したいと考えるママたちもいるかもしれません。食物アレルギーは、あらかじめ予防することができるのでしょうか。今回は妊娠中や授乳中のママたちに知ってもらいたい、食物アレルギーの誤解についてお伝えします。

 

続きを読む

妊娠中、自己判断での食物制限はNG!

おなかの赤ちゃんが食物アレルギーになることを防ぐために、妊娠中に卵や牛乳を食べることを控えているママたちもいるかもしれません。でも、ママたちがこうした食物除去をしても、おなかの赤ちゃんの食物アレルギーを予防することにはつながりません。むしろ、かたよった食事をすると、ママと赤ちゃんに有害な栄養障害をきたす恐れがあるとされています。(※「食物アレルギー診療ガイドライン2016」より)


妊娠中の食事は、バランスよく栄養を摂ることが基本です。ママの自己判断で、妊娠中に食物を制限することは絶対にやめましょう。

 

授乳中も自己判断で食物制限をしないこと

赤ちゃんの離乳食が始まる前までは、母乳や育児用ミルクが赤ちゃんにとって大切な栄養源です。授乳中、赤ちゃんの食物アレルギーを予防するために、ママの自己判断で卵や牛乳などをあえて食べないように制限する必要はありません。赤ちゃんに湿疹のような症状がでなければ、これまで通りバランスよくしっかり食事を摂りましょう。


ただし、離乳食を始める前に赤ちゃんが食物アレルギーと診断された場合は、授乳をそのまま続けていいのかどうかも含めて、主治医と相談しましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。