幸せホルモンが大放出♡ 助産師が教えるもう痛くないラクな母乳育児

2019/02/23 20:00
10
赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、助産師の榎本さんから痛くない母乳育児についてのメッセージです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
母乳

母乳育児

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、助産師の榎本さんからメッセージです。

 

こんにちは。助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本美紀です。今日は、母乳育児をしていて痛くて辛いというママに、痛くないラクな授乳の方法についてご紹介します。 痛みのないリラックスした授乳はオキシトシンの分泌を促進し、母乳量をアップさせる効果があります。また、オキシトシンは幸せホルモンとも呼ばれ、本来の心地よい授乳ができるようになりますよ。

 

正しい授乳姿勢で痛くない授乳をしよう

授乳姿勢は、横抱き・縦抱き・脇抱き・添い乳があります。共通するポイントとしては、3つあります。 

 

●赤ちゃんとお母さんのおへそとおへそを対面させ、ぴったりと密着させるようにする。おくるみや厚手の洋服は邪魔になることも。

●赤ちゃんの身体のねじれがなく、耳肩腰が一直線になるようにする。

赤ちゃんの鼻が乳首の高さになるようにあわせ、鼻が胸につかず、上を向く姿勢をつくる。

 

赤ちゃんが深くラッチオーン!

赤ちゃんがおっぱいに吸い付くことをラッチオンといいます。おっぱいを赤ちゃんの口に突っ込むのではなく、頭を持たず、身体全体を引き寄せるようにします。

 

鼻の下を乳頭で触れる→反射で口をあけたら上唇からスライドさせる→舌の真ん中あたりに乳頭の先が入るようにします。

 

赤ちゃんの顎がおっぱいに深く沈み、鼻がおっぱいにくっつかずに浮くようにしましょう。下唇は外側に反り返ります。


時計は気にしない!リラックス授乳でオキシトシン大放出

赤ちゃんがおっぱいを吸うとオキシトシンとプロラクチンという母乳分泌促進ホルモンが脳から分泌されます。このホルモンを高い値に保つためには、時間を気にせずにたくさん吸わせることが大切です。なかでもオキシトシンは、幸せホルモンともいわれ、眠りを誘い、血圧を下げリラックスさせ、赤ちゃんへの愛着も深まります。おっぱいの張りもとれ、スッキリし、飲んでくれてありがとうという気持ちになります。

 

 

正しい姿勢で、深いラッチオンをすることで痛みがない授乳になります。たくさん吸わせて、オキシトシンを大放出させて赤ちゃんとのラブラブの心地よい授乳を楽しんでくださいね。

 

監修者・著者

助産師 榎本美紀

国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー


2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。HP:「みき母乳相談室


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。