「それだけじゃなかった!」脱力系ゆる育児日記第251話

2019/02/27 18:00
30
イラストレーターやましたともこさんの脱力系ゆる育児日記 第251話。やり場のない怒りがパピーちゃんに向かってしまったやましたさん。温かい飲み物をゆっくり飲みたいだけ、ではありませんでした。
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
やましたともこ

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。


長女N子の慣れない育児に奮闘していた私。当時のやり場のない怒りが全部パピーちゃんに向かってました。

 

私はただ、ご飯を自分のペースで食べたいだけだったんです!それだけだったんです……。

 

あと……

 

育児日記(4コママンガ)

 

ゆっくり寝たいのと、ゆっくりお風呂に入りたいのと、ゆっくりテレビが見たいのと、ゆっくり仕事がしたいのと、ゆっくり買い物がしたいのと、ゆっくり外食なんかしてみたいのと……。

数え上げたらきりがありませんが、とにかく自分のペースでできることが0個だったのが辛かった。


今、ひょっとこいて(ひょっとして)そんな私と同じ思いをしているお母さんがいたら、心の底からエールを送らせてもらいたいです。

 

がんばれ〜♡

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週2回お届けしています!

 

著者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。HP:やましたともこのホームペー痔


  • 私も今生後11ヶ月の赤ちゃんと
    小学3年生の女の子を育てている
    ママをしてます(*´Д`*)ノ

    著者さんのようにしっかりと赤ちゃんに全力
    、、、というわけではなく
    お姉ちゃんに遊んでもらったり
    パパに押し付けたりして
    1日の中で少しでも自分のための時間を作り
    それが例え10分でも深呼吸する分しかなくても
    いい気分転換になってます( ´艸`)

    著者さんも是非自分がある時突然
    辛くて苦しいと思う前に
    時には誰かに少し甘えて
    自分のための時間を作ってあげて下さい!
    (私も上の子の時に子どもに全力を注ぎ過ぎて
    数年の間うつ状態になった経験があるので、、)

    2019/03/22 18:40

この記事にいいね!しよう

いいね!
30

現在ログインしていません。

過去のお話はこちら

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。