動画で簡単!赤ちゃんの歯磨き「歯が生える前にしておきたい3つのこと」

赤ちゃんの乳歯は虫歯になりやすいもの。まだ歯が生えていないうちに準備運動をしておくことが大切です。そこで小児歯科医の川越先生が歯が生える前のケアの仕方を教えてくれています。

この記事の監修者

医師川越じゅん奈 先生
原宿こども歯科院長

平成16年岩手医科大学卒業後、赤ちゃん子供歯科、こばやし歯科クリニック、あーす歯科勤務の後、平成27年に原宿こども歯科を開業。怖くない、また来たくなるような場所となることをモットーに、日々治療を行っている。院内は赤ちゃんの時からご家族で心の負担なく通えるよう幸せ感たっぷりな空間や仕掛け用意するなど、楽しめる歯医者を目指している。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

 

健康で長生きするためには、健やかなで丈夫な歯を保つことが大切ということは知っている方も多いのではないでしょうか? 実は虫歯のない歯にするためには、乳歯が生える前からのケアしておくことが大切なんです。

 

ここでは、歯が生える前のケアの仕方を、原宿こども歯科の院長で小児歯科医の川越じゅん奈先生に伺いました。

 

歯が生える前の準備運動の手順

  • 1)赤ちゃんをママの膝の間に寝かせ、寝転がった赤ちゃんの目をみて微笑みます。
  •  
  • 2)口や口の中は敏感です。触られるのを嫌がる赤ちゃんも多くいます。まずは頬をツンツンとつついたり、なでたりしてスキンシップを楽しみましょう。
  •  
  • 3)赤ちゃんが慣れてきたら、ひとさし指を口の中に入れます。
  •  
  • 4)下の歯茎の前歯部分から奥歯部分に向かってやさしく両側をまんべんなく5回程度なでます。歯ブラシをいきなり使うとびっくりして嫌がってしまう赤ちゃんもいるため、ママの指でマッサージして気持ち良さや楽しさを感じてもらったり、慣らすためです。
  •  
  • 5)歯茎や頬と歯茎の間、上唇をめくった筋部分などに離乳食のカスや育児用ミルクなどが残っていたら濡らしたガーゼで軽く拭います。

 

将来、歯磨き好きになるポイント2

ママは笑顔で遊びの延長として

あくまでも、歯磨きに慣れるための準備運動です。口の中を触られることが楽しいと思える雰囲気をつくりましょう。

 

歯茎を強く押したり触り過ぎない

口の中はとても敏感です。むりやり口の中に指を入れて強く押したり 何度もさすると赤ちゃんは 口の中を触られることが嫌いになってしまうので気を付けましょう


この時期はあくまでも、口の中を触られることに慣れる時期です。楽しい雰囲気でやりすぎないことが大切です。始める時期は生まれてすぐから始めてしまって大丈夫です。また、歯が生える前の歯茎を触ることができるのもこの時期だけ。ママは赤ちゃんの口の構造を知ったり、触った指を舌で押し返してくる原始反射を楽しんでくださいね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶