マンガ 体験談 マンガ YUDAI9℃

「自分の子は違うよ」子どもが苦手な男に子どもが生まれた結果…! #5

パパイラストレーターのYUDAI9℃(ユウダイクド)と申します。とにかく奥さんと子どもに好かれたいと日々頑張る僕が、妊娠判明から育児に奮闘する様子を描いた連載マンガ「奥さんと子どもに好かれたい」の第5話です。

 

今回は子どもが得意ではなかったパパが、わが子を見て思ったことをお届けします。果たして何を思ったのか?


僕は子どもがあまり得意ではありません。

 

すぐに物事を斜めから見てしまうひねくれものなので、赤ちゃん言葉を使う大人を恥ずかしく思ったりしていました。


そんな僕はわが子が生まれて、何を思うのか……。

 

工藤5-1修正

工藤5-2

工藤5-3修正

工藤5-4修正

工藤5-5修正

 

それは「自分の子は違うよ」と散々言われ続けていたことが、「これか!」と気付いた瞬間でした。

 

こんなに気持ちが変わるなんて!

 

これまで僕に子どもの素晴らしさを説いていた人たち、なんでもっと強く、熱を込めてプレゼンしてくれなかったんだ!

 

僕が聞く耳を持たなかっただけでしょうけど。

 

 

監修/助産師REIKO

 

著者

イラストレーター YUDAI9℃


2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。