わが家の体遊び

見てみて!わが家の体遊び

外で遊べないときはちょっと体力が必要だけど、子どもが大喜びする体遊びにチャレンジしよう!

 

 

バランスボールでダイエット?

大空(だいすけ)くん 3歳5カ月
ダイエットなどに良いという「バランスボール」を購入!ですが、完全に子どものオモチャに。これで子どもと主人が仲良く遊んでいます。ボールの上に座らせたり立たせたりして、バウンドさせても喜びます。狭いリビングが余計に狭くなって大変ですが、なかなか親も子も楽しめます♪    
 

 

真剣!すべりだいへの旅

稔くん 9カ月
パパに見守られながらすべり台を「よいしょ よいしょ」。登れたら満面の笑みでポーズ♪次は滑り台から降りるのもチャレンジ!顔は真剣そのもの。パパしっかり見ててね!
 

 

「たかいたかい」など小さい子どもを揺さぶると
『ゆさぶられっこ症候群』になりませんか?

最近では「たいかいたかい」をするとゆさぶられっこ症候群(※1)になるのではなないか?と心配される親御さんがいらっしゃいますが、このような状態になるのは長時間激しく乳幼児の体を揺さぶった場合(いわゆる虐待もしくはそれに近い行為)に起こることがあります。パパやママが愛情を持って体遊びをしてあげている分には問題ありません。また、ベビーカー、バギー等ガタガタした道を通った等も問題ありません。
(※1)ゆさぶられっこ症候群とは 頭部に強い衝撃を受けると、脳と頭蓋骨の動きにズレが生じて脳の表面の血管が切れてしまうこと。  なりやすい時期・・・1歳未満、特に生後6カ月未満は注意が必要です。
お答え:小児科医 三石先生
 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る