しかっていいの? - 叱る・しつけ、子どもの発達心理学-

6

「しつけ」ってなに?・・・いつどのようにしかったらいいの?本当に「しかる」必要があるのでしょうか?「ほめるしつけ」「子どもをたたく」などさまざまな問題を含め「しかる」と「しつけ」を考えます。

 

 

子どもの発達心理学 どうして「いや」っていうの?

最初から100点満点の親などいません。ゆっくりマイペースで育児を楽しみ、子どもと一緒にそだっていきましょう。育児の答えは一つではなく、「しつけ」もノウハウでは語れないものです。基本を頭にいれたら、後は固定観念にしばられず「何とかなる」ぐらいの気楽さもときには必要です。

 

 

しつけってなに?

価値観が多様化する現在は「しつけ」のキーワードが見つけにくい時代、幸せはひとそれぞれです。でも、最低限の目安はもち、「しつけ」の基本を頭にいれておきましょう。

岩立京子先生

 

「しつけ」とは何かを仕込むことではありません
子どもが自分で考え、行動できる力(自己をコントロールする力)を育てることと、人間として必要な規範意識や道徳感を持つこと、そのために適切なアドバイスをして手助けをしてあげるプロセスが「しつけ」です。親にとって望ましい行動をただ押し付ける事は子どもに反抗心や無力感を植え付けることにもなりかねません。

 

しつけの5か条
(1)いたずらは大目に見て防止策を!・・・怒鳴ったりせず困る理由と気持ちを伝えましょう。
(2)危険なときは短い言葉で制止・・・言葉で制止できにくい場合は、抱きとめる、手を握るなどの行為を伴って制止する。
(3)身のまわりのしつけは「しかる」より「待つ」・・・しかるのではなく、できることは大いにほめる、できないことはやり方を伝えながらやってみせる→一緒にする→見守るなどスモールステップで援助した上で、できるようになるのを気長にゆっくり待ちましょう。
(4)友達とのトラブルは言い分を聞く・・・頭ごなしにしからずに、子どもの言い分を聞いてあげましょう。
(5)しかったあとは、いつものやさしいお母さんに・・・後はやさしくフォローして子どもを安心させましょう。

 

 

子どもの心の発達

できないことをすぐに要求しない・比べない・個性に合わせて「しつけ」する
子どもの発達や個性は個人差が大きく、ほかの子と比べても意味がありません。また、「しつけ」となると能力以上のことを要求してしまいがちですが、子どもの心と体の準備ができているか見てから本腰を。ただし、「危険」や「道徳=お友達に乱暴しないなど」は何歳でも、わかるように伝えましょう。

 

赤ちゃんには言うことがどれだけ伝わっているのでしょうか?いつ・何を・どうしつければいいの?

~6ヶ月

お母さんへの信頼感を育てましょう。
6ヶ月~1歳

大人から見ればいたずらでも赤ちゃんにとっては「探検」や「学習」。早い赤ちゃんだと9~10ヶ月ぐらいで口調からしかられていることを感じ始めますが、好奇心を満たしてあげることも必要です。むやみにしからず、大人の側で事故予防に注意しましょう。
1~1歳半

簡単なことばを理解しはじめます。短い言葉でしかった理由を説明しましょう。長い説明はまだ理解できません。危なくない範囲でやりたがることは自由にやらせ、陰からそっと手を添えてあげましょう。何でもまねしたがるこの時期には、歯磨きなど、やりたがったら積極的に誘い、上手にできたら思い切りほめてあげましょう。ただし、ここぞと教えたり、強制すると逆効果。好きにやらせてみましょう。
1歳半~2歳

自我がはっきりしてくるこのころは、興味を持ったことは積極的に取り組ませていきましょう。急に言うことをきかなくなり、泣いたりすることもありますが、指示に従えないのは子どもなりの理由があります。話を聞いてやり理解するよう努めましょう。友達を意識しはじめますが、最初から上手に遊べるわけでなく、ぶつかり合うことも多いので、お母さんが仲介する形で気持ちを代弁してあげましょう。
2歳~

指示の意味はわかっても、自分のやりたいことと違うときは抵抗してきます。やみくもにしかって言いなりにさせるのはよくありません。子どもにどうしたいのか聞き、ときには交換条件をのんであげるなどして決定権をもたせましょう。ママの期待に答える満足感を覚えるのもこの時期です。また、友達と遊んでいるときは干渉をひかえ、トラブルが起きたときだけ仲介、悪いことをしたら自分であやまらせましょう。
3歳~

第一次反抗期と言いますが、反抗しているわけではありません。主張を上手く言葉にできないので「イヤ」と置き換えているだけです。一方的な指示でなければがまんや待つこともできるようになります。出かける前にしてはいけないことを約束、守れたらほめてあげましょう。泣いても「約束したことは守る」という態度は基本的には崩さず、根気良く教えること。ただし、静かにしていられるのは15~30分ぐらい。手際よく用事をすませましょう。
4歳~5歳

言葉の理解や表現の発達やその場の状況判断力が高まってきます。また、記憶力も発達してきて、以前に指摘されたことを思い出したりして、必要に応じて自分で行動を抑制したり、逆に主張すべきところで主張したりすることが次第にできるようになってきます。子どもが理解できる言葉でしっかりと説得していきましょう。

 

 

性格に応じたしつけ

1歳後半から2歳ぐらいになると、なんとなくその子らしい個性が見えてくるようです。その子本来の個性のよいところを伸ばしてあげたいですね。

 

●タイプ別・個性をのばすしつけ方
▶積極性があり、人前でほめられるのが大好き!「目立ちがりやさん」
自主的にやったことをほめてあげ、「今度は○○ちゃんの番ね!」と、受け手に回る楽しさも教えてあげましょう。

 

▶内気な「恥ずかしがりやさん」
せかすと不安になってしまいます。できたことをほめてあげて少しずつ自信をつけさせましょう。得意なことをさりげなくアピールしてあげることも自信に結びつきます。

 

▶意志が強く言い出したらきかない「強情くん・頑固ちゃん」
押しつけるより、決定権をあずけてみましょう。自分で決めさせるのがコツ。

 

▶好奇心旺盛、落ち着きがない「キョロキョロくん」
おとなしくすることを強制するより、子どもが面白そうだと飛びついたことの中で、じっくり遊ぶ楽しさを経験させたいですね。

 

子どもの行動にイライラすることが多いとき、ママと子どものタイプが違うことが多いものです。自分と同じでないと許せないという気持ちを捨て、素直に子どもを見てあげましょう。

 

 

たたくことは必要?

「たたかずに育てたい」と思っても現実は甘くありません。たたくことで注意を引いたり「お母さんは怒っているんだよ」という気持ちを伝えなくてはいけないときもあり、絶対にいけないともいいきれません。
ただ、原則からいくとたたかず気持ちを伝えることがもっとも望ましいことです。たたかれると、痛みや恐怖からその場では言うことを聞くかもしれませんが、覚えて欲しいことが身についているか疑問です。しょっちゅうたたかれていると、友達に乱暴する心配もあります。
ときどき思い余って手を上げてしまうことがあるかもしれませんが、体罰を正当化しないようにしましょう。


※記事は「3歳までのしつけと育児」より抜粋、掲載にあたって岩立先生に加筆修正いただいたものです。

 

 

3歳までの子育てシリーズ「3歳までのしつけと育児」
岩立京子監修/ナツメ社1300円+税

 

3歳までの子どもの発達を解説。生活場面別「食事編」「トイレ編」などの実践的なしつけのコツや、年齢別のQ&A集など掲載されています。具体的な場面をあげて説明されているのでママにとって理解しやすい内容となっています。

 

 

2015/06/30


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。