健康保険の適用範囲

 

日頃利用している公的な健康保険は、正常な妊娠・出産の場合には基本的に利用できません。では、どのような場合に利用できるのでしょう?

 

 

妊婦健診や分娩・入院費用は保険適用外ですが…

妊娠すると、毎月1回〜4回の妊婦健診(妊娠週数によって変わります)を受けます。健診は病気ではないために健康保険は適用されず、自己負担になります。また、分娩・入院費用も病気ではないため健康保険の適用はありません。しかし、健診費用は自治体により4〜14回程度の助成があります。出産時には出産育児一時金が42万円あり、病院や施設、地域によっても異なりますが出産費用も事前にほぼまかなえます。

 

 

健康保険が適用される範囲は?

妊娠中に病気やトラブルが生じた場合には健康保険が適用されます。例えば、妊娠中では重度のつわり、切迫流・早産、流産、早産、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群、死産など、また出産時には、微弱陣痛などによる陣痛促進剤の使用、吸引・鉗子分娩、帝王切開、新生児集中治療室への入院などが健康保険の適用になります。詳しくは、受診した医療機関で確認してみましょう。

健康保険には、入院期間や治療が長引き1ヶ月の医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される「高額療養費制度」もありますので、こうした制度も上手に利用していきましょう。

 

 

高度不妊治療などは保険適用外

不妊治療は、医療機関によって費用は大きく異なります。また、同じ検査や治療でも健康保険が適用できる場合とそうでない場合とがあります。このため、前もって大体の予算を確認しておく必要があります。

不妊治療の中でも体外受精、顕微授精などの高度不妊治療になると健康保険が適用されません。医療機関によっても異なりますが、1回につき数十万円の高額な医療費が掛かりますし、数回トライすると数百万円もの多額な出費になることもあります。

 

(監修/豊田 眞弓さん)

 

 

2015/06/29

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。