2011年:あ行(女子)

0
藍(あい)ちゃん
女の子とわかったときに、上の子の名前と同じように、草冠のついた一文字で名前をつけたくて、主人と1日考えようと夕方までお互い考え、「藍ってのもいいな~って思うんだけど」と主人に言うと、「え!?俺も藍がいいな~って1日考えてたんよ!」って主人が言ったので、「藍」に決まりました。藍色のように、深い優しさを持ち、きれいな心でずっといてほしいなと思います。(さちんさん)
葵香(あいか)ちゃん
お姉ちゃんが最後に「か」とつくので、「か」がつく画数の名前にした。(akikiさん)
和花(あいか)ちゃん
たまひよ名づけ博士にて決定。(琴望さん)
愛奈(あいな)ちゃん
産まれたその日、新生児室ですやすやと寝てるBABYをみながら「名前どうする?」「愛奈でいいんじゃない?」  旦那と意見が合わなくて・・・いろいろ候補があったけどやっと二人ともいいねと言った名前です。みんなに愛され、そして、みんなに愛を与えられる・・・。そんな女の子になってほしいと願って。(シンシアさん)
アイミー(あいみー)ちゃん
パパの名前(Antonio)のAと私の名前(Megumi)のmiをスペイン語のY(&という意味)でつないで、Aymiです。意味はもちろんパパとママのかわいい子です。パパもママもアイミーのことが大好きだよ!(めめちさん)
愛桜(あいら)ちゃん
愛桜は、あの怖かった東日本大震災で、暗いニュースが流れる中、元気に生まれてきてくれた笑顔の愛らしい女の子です。震災で暗くなった我が家に笑顔を運んできてくれました。愛桜の桜は、日本を象徴する花です。誰からも愛され、そして生まれてきた美しい日本の国をずっとずっと愛して育ってほしいという思いで名付けました。(恭子ママさん)
愛梨(あいり)ちゃん
初めての妊娠で通った病院は性別を教えない方針の所でした、妊娠中は胎動が激しかったので、きっと男の子なんだろうと思い込み、男の子の名前ばかり考えていました。しかし誕生したのは女の子。名前を決めてなかったので急いで候補を挙げ、夫は愛という字を使いたいということで一字決まり、夏生まれだから梨の字を使いたいと、3日かけて私が決め二人で1字ずつ愛梨と決まり、読み名は、あいり、という響きが気に入り、梨の木が横に延びる様に友達との繋がりを大切にし周りから愛される子になりますようにと思いをこめてつけました。(sakupandaさん)
葵(あおい)ちゃん
ちょうどタチアオイの花が咲く季節でおひさまに向かって咲くタチアオイの花のように明るく前向きのびのび大きく育ってほしいという願いをこめて「葵」と名付けました(うきうきうっきぃさん)
葵海(あおい)ちゃん
私がよく行っている海がとても澄んだ青い色で浜もとても広いとこで、天気が良い日にその海に黄昏に行った時、いつものように綺麗な海辺を散歩してるとパッと漢字が浮かんできたのをそのまま名前にしました。(あーちゃん☆ミさん)
蒼依(あおい)ちゃん
財産のない家はせめて運の良い名前をつけてあげようと、以前自分がやった時に大変当たっていると実感した安斎流の姓名判断に基づいて、一番良い組み合わせを選びました。蒼は植物がしげる生命力を、また倉と言う字から食べるのに困らないようにとの願いを込めて。依は巫女を表すことから、神様の声をよく聞き、正しく育って欲しいとの願いをこめて。(超イクメンさん)
紅音(あかね)ちゃん
一緒に趣味としてバンド活動をしていたのが私と旦那様の出逢いでした。妊娠が発覚して名前を考え出した時に一番最初に却下されたのがこの名前でした。「二人が結婚するキッカケになったのはバンドだし。。。バンド名から一文字取って【紅音】ってどうかな?」「音って漢字は入れたいケド。。。ベタだよね~。。。あからさまで恥ずかしいし。。。」「だよね~無いよね~」その会話以来一切【紅音】とゆう名前は候補どころか会話にも上がらなくなっていました。そうこうして予定日よりも3週間ほど早い深夜に破水、陣痛となり旦那様に連絡。普段から意外と醒めた所のある人なので(病院まで3時間程かかるから来てはくれないだろうなぁ~。。。明日も仕事だろうしなぁ~。。。)なんて思っていたら、深夜にも関わらず会社に連絡して休みをとり病院にすぐに向かうとの事!!30時間もかかりましたが無事に出産も終わり、赤ちゃんと初対面の後に分娩室に「頑張ったねぇ~」と労いに来てくれた旦那様の口から一言。。。「名前は紅音にする!」「?!」よくよく聞いたら、病院まで来る3時間程の道のりの間、バンドで演奏してる曲を聞きながら出逢いから今までを思い出していたらどうしてもこの名前しか考えられなかったとの事。いつも醒めた感じでしか物事を話さない人だけれども、どれ位バンドの事やメンバーの事。。。そして、私や生まれて来た我が子の事を大切に思っているのか旦那様の気持ちに少し触れられた気がしました。大切なモノは沢山あるけど不器用な人なんだなと、まさか赤ちゃんの名付けで旦那様への愛情の再確認が出来るとは思いませんでした。音楽仲間の皆には祝福と共に「その名前になったかぁ~」とニヤニヤされてしまいましたが(笑)紅音には大きくなったら沢山の人からの愛情に包まれた名前だと言う事と、きっとその頃にも醒めた感じであろう父が口には出さないけれど、どれ程アナタの事を大切に思ってるか教えてあげようと思います。(ぽちックスさん)
あかり(あかり)ちゃん
わたし達夫婦の待望の第一子は誕生死したため、あかりを妊娠した時は、元気に産まれてくれるのか、元気に育ってくれるのか・・・。いろんな気持ちの中のマタニティーlifeのスタートでした。そんな中、主人が夫婦のあかり、家族のあかりになるように・・・と名付けてくれました。(余談ですが、男の子だったら光になっていたようです。夫婦の希望の光だから・・・・)元気に産まれた、娘のあかりは、主人が名付けてくれた名前の通り、わたし達家族のあかりとなって、たくさんの笑顔と幸せを運んできてくれています!(あんどうなつ☆さん)
あかり(あかり)ちゃん
お腹の中にいるとき、急にあ~ちゃんと呼びたくなりずっとそう呼んでいました。臨月になったときに、周りの人をほんわかと灯してあたたかい気持ちにしてくれる子になって欲しいと思いあかりと名付けたいと旦那さんに相談。旦那さんは「あかり from HERE」という曲が大好きで、即賛成してくれました。(あ~ちゃんままさん)
あかり(あかり)ちゃん
みんなに灯りをともすような元気な子になってほしくてつけました。三女なので、お姉ちゃんたちに負けないくらい輝いてもらいたい。(よーこさん)
安佳里(あかり)ちゃん
名前は一生残るものなので色々本を見て最終的には姓名判断の結果と願いをこめてこの名前にしました。2011年は大規模震災が起こるなど大変な年になってしまいましたがそんな世の中でも落ち着いて強く美しい子になってほしいという願いをこめてあります。(みにーちゃんさん)
明佳里(あかり)ちゃん
妊娠中に赤ちゃんの性別がわかった時に「あかね」という名前が浮かんだのですが、産まれたのが震災の後だった事もあり、みんなの希望のあかりになるようにと「明佳里あかり」と名付けました。(コショウコさん)
明莉(あかり)ちゃん
妊娠7ヶ月が過ぎた頃、東日本大震災が起きました。私の住む地域は若干の揺れを感じただけでしたが、被災地の多くの方が地震や津波被害に合われ、暗く寒い中誰もが明かりを求めていたのではないかと思います。誰もが求めていた明かり。誰からも求められるような明るくて優しい子に育って欲しいと思いこの名前を付けました。(あゆみさん)
彬(あき)ちゃん
彬の漢字の意味が、内面も外面も美しいなので、そう育って欲しいと思いつけました。(晴れたら良いねさん)
陽(あきら)ちゃん
母親の名前から一文字をとりました。太陽のように明るく元気育ってもらいたいという気持ちがあります。(yogoさん)
亜子(あこ)ちゃん
「あ」は辞書で引くと1番最初の文字なので何事も1番になって欲しいという願いと最近「子」を使った名前をあまり聞かないので逆に珍しいので亜子と名付けました♪他の候補もあったのですがお腹にいる時から私がずっとあこちゃんと呼んでいたので他の名前だとしっくりかなかったのもあります!(SHIEさん)
彩心(あこ)ちゃん
女の子だと分かったとき、女の子に生まれるのであれば女の子らしい名前をと二人で考えていました。私の名前があだ名がつけにくく、自分だけあだ名で呼ばれないことに少し悲しい思いをしていました。なので、子どもには、逆にあだ名のようにも取れる名前をと、彩心(あこ)と名づけました。漢字には、彩りあふれるココロを持った子になるようにとつけました。名前を考えている間、妻と本気でけんかをして口を利かなかった時期もあります。結局は、私が「彩」妻が「心」とつけたい漢字を考えました。名前を考えるのも大変ですね。でも、女の子は苗字が変わる可能性が高いので、他の苗字でもあうものになるようにと思ってました。(のんさん)
旭(あさひ)ちゃん
旭は「きらきらとひかり輝く」という意味があります。女の子の名前にぴったりだと思いました。家族全員に小林旭さんを思いだすし、「あきら」としか読めない!と大反対を受けました。しかし、どうしても私は「旭」という感じが譲れず1人がんばりました!だって私が産んだんだもの!反対をうけても自分の意見を通してよかったと思っています。今ではみんな気に入った名前です。(miiasaさん)
麻実(あさみ)ちゃん
麻のように強くたくましく生き、実りのある人生になりますようにという願いを込めて付けました。(ささにしきさん)
明日香(あすか)ちゃん
いろんな名前の中、字画なども考え家族で、一番気に入った名前にしました。お兄ちゃんが、「赤ちゃんあーちゃん」と、言ってたので、あだなは、明日香からも、あーちゃんと、よんでます。 何事にも前向きに育ってもらえたら、嬉しいです。(あーちゃんさん)
梓(あずさ)ちゃん
産まれる前にいくつか候補をあげて、顔を見てから決めました。産まれてみると、ハッキリした顔付きの男前な女の子だった為、候補の中でも1番しっくりくる梓になりました。(あとの名前はとても可愛らし過ぎる名前だったので)(☆ひよこ☆さん)
愛心(あのん)ちゃん
愛する心、愛される心、思いやりがある子に育ってほしくて愛心(あのん)と名付けました。(あいあいさん)
海音(あまね)ちゃん
海の音の様に、時には人を癒し、時には楽しませ、時には励まし、時には叱る。自分の周りの人に大きな気持ちで接する様な人間になって欲しく命名しました。(marocchinoさん)
亜実(あみ)ちゃん
亜…まわりの皆の良いものを吸収して継承する子。真心ある子。妹(お姉ちゃんがいる)。実…何事にも一生懸命で困難にも打ち勝ち、成し遂げる力を持ってる子。姉も果実の名前が入ってるので、姉妹仲良いように共通性を持たせた実りある人生でありますように…あみ…フランス語で友人という意味があるため、インターナショナルに活躍し、世界中に友達を持てるような、みんなから愛される子。(なんさん)
彩心(あみ)ちゃん
上の息子の名前は旦那さんが決めたので2人目女の子だったら私が決める事になっていて9年ぶりに出来た子が彩心です。私が鈴木亜美のファンだったのもありますが心がいつも明るい子でいてほしいと漢字は旦那さんが考えました。(ケンケンさん)
亜夢(あむ)ちゃん
私には、女三人、男三人、六人の子が居て今回、名前は、子供達に決めてもらいました。名前の由来は、女の子三人が、大好きなアニメ「しゅごキャラの主役の女の子の名前が、あむだったので、漢字は、どうだったかわからなくて親が、漢字は、決めてしまいました。漢字を決めた時は、アジア大陸のように大きな夢を持ってほしいと思って考えました。(めーたんさん)
彩夢(あむ)ちゃん
一度決定して入院中に名前プレートで発表したのにやっぱり漢字変更ってことで結局名無しちゃんのまま退院しました~。(のちさん)
綾(あや)ちゃん
お兄ちゃんの名前が凌(りょう)。仲の良い兄弟になるように似たような漢字の名前にしました。調べたら綾の音読みもりょう。迷いに迷いつけた名前です。はなやかな女の子に育ってほしいという願いをこめて。 (絵美さん)
彩夏(あやか)ちゃん
自分や周りの人を明るく彩れるような、素直で優しい明るい女性に育ってほしい「彩」の漢字はMr.Childrenの「彩り」という曲があり、歌詞の「日常に彩りを加えるモノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑」に込められた、その人がいるだけで明るく、彩りを添えられるような女性になってほしいという思いを込めて名付けました。(あやちゃんさん)
絢音(あやね)ちゃん
これからの人生がキラキラ輝くように、「絢音」と付けました。「絢」には「色糸をめぐらしてとりまいた模様」「模様があって美しいさま」という意味があるようなので、ぴったりだと思っています。「音」は、私たち夫婦が音楽好きなので、音楽が好きな子に育って欲しいと願いを込めてつけました。(にゃんぴぃさん)
彩音(あやね)ちゃん
上の子が歌うとおなかの中で反応していたので音楽に関連するものと、おなかにいるときに つくねちゃん と呼んでいたので、~ね にしようと決め、音という字を使いました。あとは上の子が喋り始めで あーちゃん(赤ちゃん) と言っていたのと響きで、あやね にしました。漢字は様々な音(できごと)に立ち向かってほしいという願いをこめて決めました。ちなみに、私は あーちゃん と呼んでいますが、家族にはイマイチ浸透せず、上の子を含め、あやちゃん と呼んでいます。(のりのりさん)
彩寧(あやね)ちゃん
秋生まれなので「彩」という字を使いたいと思っていました。色とりどりの紅葉のように 娘にも色々な経験をして欲しい。という願いを込めました。(つよこさん)
彩寧(あやね)ちゃん
明るくて優しく 多彩な才能で 人生に色をつけれるように 安定な人生を歩む。(りかままさん)
彩乃(あやの)ちゃん
主人とはデザインの学校で知り合って結婚しました。ふたりとも絵を描くことや音楽が好きで、生まれてくる子供に色や音をイメージできる名前をつけたいと、お互い名付けの本を読んだり、好きな漢字を並べたりするものの、ふたりの意見がまとまることはなく出産へ。陣痛に耐えながら「名前決まってない~どうしよう~」と不安になったりもしましたが、生まれてきた我が子の顔を見たら主人の考えた「彩乃」がぴったりだと思えました。自分の人生を彩れるような子に育ってくれたらいいなと思っています。(ねこじろうさん)
彩乃(あやの)ちゃん
第二子ではじめての女の子。なかなかピンとくるものがなく、悩みました。夜中に陣痛が始まり、明るい朝の日差しの中で産まれました。言葉を覚え始めていた3歳の長男が「あかちゃん!」と呼んでいたことから、似た響きで、春の季節に合う女の子らしい名前ということで名づけました。(あびちゃんさん)
彩乃(あやの)ちゃん
二人目の出産でしたが一人目長男出産、なかなか性別が分からず勝手に女の子だと思ってました。しかし男の子……。この時付けようと思っていた名前でした。旦那の名前から一文字取って付けようと考えてましたが彩と言う感じが女の子らしいと思い彩乃にしました。(あーぴーさん)
彩乃(あやの)ちゃん
人生を幸せに彩って欲しい。(モモさん)
絢美(あやみ)ちゃん
「み・美」の付く名前にこだわって考えました。理由は、私の母「いつみ」、姉「ゆみ・裕美」、義父「しげみ・茂実」、義母「みよこ・美代子」、そして私「くみこ・久美子」なので、「美」の付く名前にしたかったのです。旦那は「あきら・明」で、自分も仲間に入れて欲しいとのことで、「あ」の一文字をとりました。(koniさん)
彩美(あやみ)ちゃん
切迫早産で入院し37週までもたせる予定でしたが、点滴や薬で母体がもたなくなってしまい35週で点滴も全てやめてその日に産まれてしまいました。入院中も先が長かったし、早産と言うこともあり真っ暗でしたが赤ちゃんが元気に産まれてくれていろんな意味で色がきれいに見えました。そこで候補にあった「美しい彩りを…」という意味のこの名前をつけました。(2kid's mamaさん)
絢女(あやめ)ちゃん
パパが妊娠3ヶ月の頃から、本を買ってきて名前を考えてはそれに合うイイ画数の漢字を一生懸命調べて、その名前が苗字と合わせた画数では運勢がイイのかなど何度も何度も調べてやっと候補を決めていました。でも、妊娠8ヶ月後半頃に病院で男の子じゃなくて女の子です!と急に変わってしまった為、最初から考え直しに(^^;)。6月の花を調べて、花言葉もよかったので名前は決定!最後はドタバタでしたがイイ名前をつけれてよかったです!今では自分が写っている写メなどを見て自分の名前を一生懸命言っています。(あーちゃんさん)
愛夕(あゆう)ちゃん
誰にでも思いやりの心を持って愛する事を惜しまず、自らも人に愛される愛情あふれる人になって欲しいという思いをこめました。(となりのととろさん)
ありあ(ありあ)ちゃん
女の子だったら絶対ありあと決めていました。私が歌う事が大好きです、オペラに出てくる歌をありあと言うのでつけました!今ママビクスに通っていますが、エアロビの曲を毎回楽しそうに聞いていますよ~(ありあんうーたんさん)
ありさ(ありさ)ちゃん
お腹にいるころからりーちゃんと呼んでいてりさにしようかと思っていたのですが3文字が良いという夫の意見を取り入れてありさにしました。ありさでもりーちゃんと呼んでいます。(namiさん)
有恵(あるえ)ちゃん
二人の名前を取って命名したかったけどなかなか思い付かず…悩みに悩んでパパのイニシャルのRとママのイニシャルのAを合わせてRA(あーるえー)。それをそのままアルエと呼ませました。どうしても「有」の字が使いたかったのと、恵まれた子になるようにを合わせて有恵。知り合いの名前でもアルエは聞いた事が無いので気にいってます(にゃんさん)
杏(あん)ちゃん
珍しい名前が多い中、名前は人に呼んでもらわないといけないので、しっかり読める名前に。また、おばあちゃんの好きな字を付けました。(みぃちゃんママさん)
安寿(あんじゅ)ちゃん
産まれる前から、名付けの本とにらめっこして、最終的に候補を10個まで絞りました。予定日間近は、親戚が救急車で運ばれて緊急入院したり、義兄が入院したりして良い事が全くありませんでした。なので、幸せを呼ぶように…と、フランス語で天使の意味ももつ、安寿にしました。パパが考えてくれた名前です。(安寿ママさん)
愛菜(あんな)ちゃん
心優しく愛情豊かで明るく健康的な子に育つようにと願いを込めて愛菜にしました!(wa.mさん)
杏菜(あんな)ちゃん
名字と名前を合わせる食べ物の名前になるから。(さえぴさん)
杏菜(あんな)ちゃん
わたしも夫も、子供の名前には人一倍こだわりがありました。それは、誰の子供でもない、自分たちの子供である証として、自分たちの名前の一部をつけてあげること。赤ちゃんの性別がわかる前から、男の子なら夫の名前の一部を、女の子ならわたしの名前の一部を、必ず名前に入れようと決めていました。そして、わたしには女の子なら絶対につけてあげたい名前がありました。それは、「アン」。わたしが世界で一番素敵だと思っている女性、アン・シャーリーの名前です。日本では「赤毛のアン」としてアンの幼少期のお話が有名ですが、赤毛のアンには続編があり、アンが成人し、子供を産み育てていく過程が綴れているのです。わたしはアンの物語がとても好きで、全編を数え切れないほど何度も読みました。特にアンの母親像にはとても憧れ、今もアンのような母親になりたいと日々思うほどです。娘にも、アンのように愛と夢に溢れた人生を送って欲しいと願い、「アン+わたしの名前から一文字」を名付けました。人生の中では、苦しみも悲しみも、避けられず必ず訪れます。それでも、愛と夢に裏打ちされた強さで、豊かな人生を歩んで欲しいと願っています。名前の読みが先に決まり、漢字をつける段階で悩みましたが、最終的には画数にとらわれず、好きな漢字にすることにしました。二文字の漢字は、どちらも春の花を表す漢字です。春の訪れのような喜びをたくさんの人々に運ぶ女性になるように。世界に芽吹く様々な美しいものを感じ取る心をもつように。美しく健やかに成長するように。そんな思いを込めて、漢字を選びました。(めやこさん)
杏菜(あんな)ちゃん
4月生まれなので、春にちなんだ名前にしようとしていたところ、杏は春に花が咲くことを知り、菜の花も春なので、杏菜としました。名前を人に説明するときは、必ず菜っ葉ではなく菜の花のナと言うようにしています。イメージ的に菜っ葉はダサいので。(たかひろさん)
依織(いおり)ちゃん
女の子なら「織」と言う字をと考えてて響きが良いとパパ付けてくれました。パパとしての始めての仕事です!一日一日を大事に生きていって欲しいです。(こりらさん)
一嘉(いちか)ちゃん
陣痛が始まってから22時間。痛さと体力の限界が来たころ日付が変わり、破水。その後2時間で産声が聞こえました。名前の候補はいろいろ考えていましたが、「1」のぞろ目になるこの日に産まれたら、「一嘉」にしようと決めていました。赤ちゃんは自分が産まれてくる日を自分で決めると聞いたことがあるので、きっと「一嘉」という名前にして欲しくて、日付が変わるのをお腹の中で待っていたのだろうなと勝手に思ってしまいました(笑)また、私たち夫婦にとって初めての子であり、一つでも秀でたところを持ってほしいという思いも込めました。漢字だけ見ると男の子と間違われますが、心優しい女の子になってほしいです。(しげminさん)
一華(いちか)ちゃん
ひとつのはなでも丈夫に逞しく育ち、ひと(一)はな(華)咲かせてくれることを願って一華と名付けました。華やかさを持つ娘になるように♪(木苺さん)
唯花(いちか)ちゃん
妊娠3~4ヶ月頃、悩み事があり神事に相談に行き、話の中で妊娠していると話すと、「ピンクのオーラが見え、望まれている子で花のような(カサブランカ、ユリ系)キレイな子です」と言われました。その後性別が分かる週数になり、3人目で待望の女の子と判明。私が妊娠前から、イチカという響きが気に入っていて、4歳の長男に「イチカってどう?」と聞くと長男が「イチカ。いいねっ」と初めにイチカって響きを気に入ってくれました。そして神事の話も思い出し、せっかくだから名前に花に関係する漢字を使いたくて考えていました。カサブランカの様に存在感のある凛とした花を咲かし、真っ直ぐ太く伸びる様にと想いを込めて、字画・漢字を私が探し、その中から主人が花を使った名前を選び唯花と命名しました。(きみ。まな。さん)
苺花(いちか)ちゃん
苺の花のように、飾らないでも美しい子になるようにつけました。(もんちゃさん)
伍希(いつき)ちゃん
一つは二人のお兄ちゃんにも希望の「希」を使って瑞希と妃希と付けているのでそれに合わせて。もう一つはうちでは男の子には女の子っぽい名前を女の子には男の子っぽい名前を付けてるので。(深憂さん)
いぶき(いぶき)ちゃん
昨今のなんと読むかわからない名前にはしたくない!という前提がまずありました。特に由来はないんですが、「息吹=生気や活気のあること」という言葉が、希望や明るい未来をイメージでき、おばあちゃんになっても似合いそうな名前なのでつけました。(めいさん)
彩羽(いろは)ちゃん
いろんな人に出会い経験して、真っ白な羽を綺麗に彩ってほしい。(のさん)
彩巴(いろは)ちゃん
パパの名前が11画・4画で、名字との相性が最強でした!2つ上の息子もパパと同じ画数で名前を決めたので2人目も画数は同じが条件!!「彩」は美しい・光る・・・など素敵な意味があったのでインスピレーションでイロハが浮かび、パパも気に入り決定に!!光輝く美しい人生を送って欲しい・・・という意味もこめてイロハにしました!いろんな人に素敵な名前ね♪と言ってもらえると嬉しくてたまりません★(^0^)★(うどんみかんさん)
彩里(いろり)ちゃん
故郷「里」を大切にし。彩り豊かな道をすすんで欲しいとの願いをこめて。(ららちゃんさん)
卯佳(ういか)ちゃん
卯年で卯月生まれでうさぎがかわいいイメージなので、どうしても旦那が「卯」という漢字が使いたいとなり散々悩んで「卯佳」になりました。名字が変わっているので名前は読みやすくわかりやすいほうがいいかなと考えていたので、生後4日まで夫婦で名前について話し合いました。でも、旦那の強い希望と名前をつけることでより父親としての自覚ができるかと思い、決定しました!(佳は姓名判断でよかったのと賢く美しい人という意味があるそうでとても気に入ってます♪)なんて読むのとかは聞かれますが、周りの反応もよく、響きもかわいいのでこの名前にしてよかったと思います♪(ショコラルトさん)
詩乃(うたの)ちゃん
妊娠がわかり、呼び掛ける時にうさぎ年に生まれるから「うーちゃん」と呼んでいました。10ヵ月、うーちゃんと呼んでいたので、「う」のつく名前しか考えられなくなりましたが、あまりなくて悩みましたが、夫がふと頭に浮かんだのが「うたの」でした。なぜかピンとくるものがあり、読みは決定。自分の言葉にしっかり責任を持つように、いつも歌が聞こえるような明るく元気に育って欲しいと考え「詩乃」になりました。もちろん今でもうーちゃんと呼び掛けています。(うみきちさん)
羽海(うみ)ちゃん
4人目だったのもあり、かなり悩みました。お腹にいるころから性別も聞いていたので、ずーと考えて、最初は全く今の名前に結び付かないような名前ばかりだったのです。なかなかピンとくる名前がなく、散々悩んだときに長女が名前本を見て「うみ」ちゃんは?と。旦那と何故か意見も一致!長女が名付け親に。私としては自分で考えたかったが娘に譲りました(^-^)漢字は私ですが。気に入ってます♪(りんちゃんママさん)
海(うみ)ちゃん
世界中でひとつにつながっている「海」。世界中であなたはたった一人。あなたの代わりになれる人はいない、という意味をこめて。ちなみに、兄は「空」と「陸」。(あいてぃむさん)
美巴(うるは)ちゃん
妊娠する前から女の子だったら「うるは」という名前にしたいと思っていて性別が分かってから漢字を考えました。美しいは古典の中で「うるわしい」と読む事と巴には「三者が一となって戦う」という意味があるという事で「美しい心を持ち人と協力し合える子に育つ様に」との願いを込めてつけました。本来は「麗」の字を使う予定でしたが字画がよくなかったので字画がよかった「美」を使いました。(ファーギーさん)
英真(えま)ちゃん
義父が考えてくれた名前の候補の中にありました。夫婦二人とも名前の響きが気に入り決めました。その後気付いたのですが、パパの名前も娘の名前も縦半分に対称の漢字の名前で、共通性もある事に気づき、更に気に入りました。(あやさん)
愛美理(えみり)ちゃん
国際結婚で、英語での登録はEmily。まだ性別が判明する前、旦那が夢で、自分の子供を「Emily!」と呼んでいたことから、お告げな気がして付けました。(BROWNYさん)
笑夢(えむ)ちゃん
生まれてくるまで笑夢か来夢(らむ)で迷ってました。旦那が生まれて顔みて決めようと言ったので生まれてから顔を見るとえくぼがあったのでかわいくいつも笑っていてほしいと思い笑夢にしました。今はよく笑って毎日、笑夢の笑顔に幸せ感じてます。(かよさん)
愛理花(えりか)ちゃん
お姉ちゃんがパパから一字とったので、次はママから一字「理」を付けました。また、お姉ちゃんが「◯◯か」なので、同じく「◯◯か」にしました。いくつかの候補の中から、お姉ちゃんが選んだのが「えりか」。字画を考慮した結果、皆に愛されて、愛のある子に、そして、花の様に美しい子になるようにと願い、「愛理花」と付けました。(ぽこどらさん)
瑛莉奈(えりな)ちゃん
響きがよく、外国の方にもすぐに覚えてもらえる名前。(ramuさん)
江莉菜(えりな)ちゃん
世界でチャーミングな女性として活躍して欲しい。特に日中の架け橋になれるような!江・・・大きな河のように柔軟でたくましく莉菜・・・りりしく、ジャスミンや菜の花のようにチャーミングに(ぼぼママさん)
桜叶(おうか)ちゃん
女の子って性別がわかった時、色々考えて悩んでこの名前に決めました!予定日が5月だったので(実際は二週間早く産まれました)、桜の咲く季節だから旦那も私も「桜」という漢字は使いたかったので一文字は桜にすぐ決まりました!下の漢字は色々悩みましたf^_^; 旦那は毎日、辞書で意味を調べたり、いいなぁと思った漢字は名前にできない漢字だったり!そして「叶」に決まりました!なぜこの漢字にしたかというと、自分の夢を叶えてほしいという願いを込めました。最後に「おうか」という読みの意味です!漢字は違いますが謳歌と書いておうかとよみます。この意味「恵まれた境遇にあることを心おきなく楽しむこと」。 この子も自分の人生を楽しんでもらいたい!漢字は違いますがそういった意味も込めました。これからもすくすくみんなに愛される子に育ってもらいたいです!!(ゆっこさん)
桜音(おと)ちゃん
予定日が震災の辺りでしたが停電の影響もあり、転院し震災後に出産しました。余震も多く大変な中産まれてきたので早く桜が咲いてほっとするような笑い声が聞こえてきますようにと名付けました。(チロルママさん)
桜都(おと)ちゃん
【桜】のように、誰からも愛され、古くからの日本人女性の奥ゆかしさを持ち、華やかに咲いてほしい。【都】の字のごとく、多くの人が集まってくる魅力的な人間になってほしい。震災での国難ななか、それでも満開に咲き、人が微笑みながら寄ってくる大樹。11月生まれの姉には【楓】をつかい、姉妹で、季節を華やかに彩り、毎年綺麗な姿を見せてくれる大樹のように、華やかな人生を歩んでもらえたらと願ってます。(ざかひろさん)
音羽(おとは)ちゃん
両家ともに初孫だったので、両家を明るく照らしてくれる太陽のような子供に育ってほしいという思いで嫁の名字が残るよう、名前の真ん中に「日」という漢字を使いました。またこの名前を決めた後、妹が安産守りを買ってきてくれたのですが、そのお寺の名前にもこの名前が含まれていたので、すごく運命的なものを感じました。(モトロさん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。