2011年:か行(女子)

0
かえで(かえで)ちゃん
上の娘と同様中性的な名前で考えていて、いくつかあげた候補の中から秋生まれなので紅葉の美しい楓の木から取って。ひらがなにしたのは私も上の娘も名前はひらがななのでo(^-^)o響きは中性的だけど書くと女の子らしい感じが出て可愛いと思ってます。(とびさん)
かぐら(かぐら)ちゃん
名前は最初、私が決めていいと言った旦那。幾つか候補をあげるけど納得いかず、旦那があげた中に「かぐら」があって二人ともピンときたので決めました。漢字にするかひらがなにするか…。「神楽」「迦久○」漢字にすると何だか立派すぎて、結局、古風な「かぐら」にしました。誰でもわかるし、古風な女性になってほしいので。(かぐらMaxさん)
佳奈(かな)ちゃん
候補をいくつかあげ、最終決定は実際に顔をみてから…としていましたが。分娩台で最後いきむ前に「かなちゃん!早く出てきて!」と私が叫んだらしく…(ダンナ談)。「「かな」って呼ばれて出てきたから本人もそのつもりだよ」ということで決まりました☆(naokokkoさん)
加奈(かな)ちゃん
某バレーボール選手のように、バレーで活躍してほしいので。(なつさん)
花菜(かな)ちゃん
嬉しい時も悲しい時も心を和ませてくれる花のように、みんなから愛されるひとになってほしいと思い、「花」という字を入れようと決めていました。主人と一緒に「花」がつく名前をいろいろ考え、本で調べたりネットで検索したりしながらさんざん悩み・・・悩んだ結果、お姉ちゃんが「陽菜」なので、菜の字を揃えて「花菜」にしました。(ひまなぞうさん)
花音(かのん)ちゃん
私の名前に花が入っていて娘にも入れたくてそれで花がつく可愛らしい名前を考えたら花音になりましたw(ゆかてぃんさん)
樺音(かのん)ちゃん
高原に立つ白樺のようにまっすぐと健やかにクラシック曲カノンの調べのように周囲を明るく和ませる女の子に育つように願いを込めて樺音と名付けました。(まろしさん)
奏音(かのん)ちゃん
素直な優しい子に育つように。色々な事に挑戦し、成し遂げられるように。(奏音ままさん)
奏乃(かのん)ちゃん
3人目の子ですが名前はなかなか決まりませんでした。男の子だったらお兄ちゃんの名前から「か」のつく名前、女の子だったらお姉ちゃんの名前から「の」のつく名前にしようとしていました。おなかにいるとき女の子とわかり名前を考えていましたがお兄ちゃんが妹ばかりずるいとなり、上2人から一字ずつ使い「かのん」という名前になりました。(ちはるままさん)
花帆(かほ)ちゃん
花のように、人を癒し、人を元気づける人になってほしい。そして本人も「花のある」女性に育ってほしいと願ってつけました。そして船の「帆」のように、風を受けて人生を前に前に進んでほしいという願いも込めています。(みるく☆さん)
香凛(かりん)ちゃん
出産1週間前に実家へ遊びに行ったとき、父が「ちょうど庭の花梨の花が綺麗に咲いているよ」と言ってくれ見ると、真っ白で綺麗で可憐な花が咲いていました。まだ名前を決めかねていたときだったので、「かりん」の響きも気に入り字画を調べて「香凛」と名づけました。(d12m14t9さん)
栞奈(かんな)ちゃん
家族みんなで同じイニシャルにしようと思って考えました。地震の日のお昼前に産まれ、丈夫に健康に育ってほしいです。(かすかすさん)
栞奈(かんな)ちゃん
海猿のかんなからとったよ。(ゆーきさん)
絆愛(きずな)ちゃん
皆の愛情を沢山受け すくすくと元気に、また、貴方自信の愛で皆をつないで生きて行ってね。と言う思いを込めて付けました。ちょうど その一週間後ほどに地震が起き、絆という字がどこに行っても使われるようになりました。(ハピハピさん)
希夏(きな)ちゃん
妊娠が分かって、私達はお腹の赤ちゃんを「きなこ」と呼んでいました。理由は呼んだ響きがカワイイから(^O^)5ヶ月になる頃には「き~なこ!」とお腹をポンと叩くとキックして名前に反応してくれるように…!!そして3月11日、震度5強の地震にあいました。悲しい事も沢山あったけど、お腹の赤ちゃんには「どんな時も希望を胸に抱き、夏の太陽のように明るく元気な子に…」と言う願いと、赤ちゃんも馴れ親しんだ「きなこ」の響きを考慮して「希夏」と名付けました(*^_ ’)(きなさん)
希羽(きはね)ちゃん
私の名前がよくある名前ではないので、娘も珍しい名前を付けたくて名付け本を読んで苗字の画数と相性のいい名前を探しました。 いくつも候補を紙に書いていた時、「希羽」という名前を見つけた時に「希望に満ちあふれた世界へ羽ばたけるように、優しい女の子になりそうなイメージ」が浮かび、「これしかない」と直感で感じて即座にで決定しました。 決めてすぐにお腹に向かって「あなたの名前は希羽やで~。」と言うと、「ポコポコ」と初めて胎動を感じさせてくれたので気に入ってくれたと確信したのも決め手でした。 現在二ヶ月半ですが、すくすくと成長してくれて毎日が幸せです。(きはねママさん)
綺春(きはる)ちゃん
予定日が春頃だったので、お腹に「春ちゃん」と妊娠中ずっと呼びかけをしていました。だから、性別がどちらであっても「春」は使いたいなと考えていました。そして、女の子と分かり、女の子はいつか名字がかわるので…パパの名前に「大」がついてる事から漢字に「大」が忍んでいる漢字を画数も考慮しつつ探しました。そして見つけたのが「綺」という漢字でした。綺麗な心で春のように暖かい女の子になって欲しいという願いも込めつつ、お嫁に行って名字が変わっても…いつまでも私達の子供だよっていう証です。(きはりんさん)
希音(きらら)ちゃん
わたしが音楽の仕事をしています。音楽を通じて出会ったたくさんの幸せを娘にも経験してもらえたらなあと願いをこめて、音を含んだ名前をつけたいと考えてました。希望の音自分らしい希望の音を見つけ、周りの人を幸せにしてあげる音を奏でてほしい。そんな願いが込められています。(ひめさん)
久実(くみ)ちゃん
久実(女)食いしん坊な2人から生まれた子、きっと食欲旺盛に違いない。。一生(久)食べるもの(実)に困りませんように☆徹郎(男)家族全員の母音の響きからeが良かったのと、子音も左に同じでた行にしたかった、よって「て」で考えて、最終的に「てっちゃん」のあだ名から取った。後は画数。初志貫徹、まっすぐな子に育ちますように!(あえ蔵さん)
來愛(くれあ)ちゃん
愛が来るように・・・みんなから愛される子になりますように、との願いをこめて「來愛」と名付けました。(トラ吉さん)
圭杜(けいと)ちゃん
ママがファッションのスタイリストで広告業に携わっており、モデルのケイト・モスが大好きなのと。。。圭杜の生まれた今年4月に英国皇太子のウェディングがあり、プリンセスのケイト・ミドルトンさんのノーブルな美しさに感動したのと。。。将来、海外の方たちからもで呼びやすい名前が希望だったので、美しい二人のケイトのお名前を頂きました~。世界に羽ばたいていってほしい~そんな私たち両親の思いのこもった名前です!(チカチカさん)
心絃(こいと)ちゃん
私と主人が楽器を演奏するので2人の出会いも音楽を通じてでした。更に娘が生まれた日は楽器の日という事を知り、この名前にしました。私たちは音楽を通じて素敵な人達と出会うことができました。娘も心が豊かで思いやりのある人に育ってほしい、沢山の素晴らしい人達と出会って素敵な楽しい人生を過ごしてほしいという想いから心絃と名づけました。(はっぴーとんさん)
杏桜(こお)ちゃん
春生まれで女の子らしい名前がいいと思い名付けました!「杏」は私とパパが好きな字で、「桜」は春になると咲き、自然に人が多く集まり笑顔になることからこの子の周りにも多く人が集まるようにと願いを込めてつけました♪(みあさん)
瑚々(ここ)ちゃん
性別がわかる前から主人が「女の子が生まれる夢を見た」と言っていて、ずっと「ここちゃん」と呼び始めたのがきっかけで、ここちゃんっていう柔らかい響きが可愛らしかったので、そのまま漢字をあてました。名字の画数が多いので、続け字の【々】を使いました。(あゆさん)
心愛(ここあ)ちゃん
私が小さな頃からずっと一緒に育ってきた愛犬の「チョコ」。私の妊娠発覚の前の日に老衰で亡くなりました。家族皆に愛されていたチョコと同じく皆に愛される様に、皆を愛する心を持つ様に、「チョコ」と同じ成分の「ココア」、そしてチョコ→ココアと繋がる様に「心愛」と名付けました。(ジョウさん)
心愛(ここあ)ちゃん
私のお腹の中で元気に動く赤ちゃんは女の子だと分かりました。昔からおじいちゃんっ子の旦那さんは、自分の子供には愛という漢字を入れたいと前から言っていました。旦那さんの祖父は、愛とゆう漢字が入る名前だからです。私は女の子なら可愛いらしいイメージの名前がいいと思っていました。その時パッと“ここあ”ってなんか温かい感じがして可愛い!と頭に浮かびました。 心に愛とゆう漢字で“ここあ”。 旦那さんもとても気に入ってくれました。 みんなに心から愛される人になってほしいという願いを込めてつけました。無事に健康で生まれてくれて、周りの人みんなに可愛いがられ、とてもよく笑う“ここちゃん”は私達夫婦の宝物です。(★むぅ★さん)
心彩(ここあ)ちゃん
心にいろどりを忘れない子供に育ってほしいから。(たえぶぶさん)
心愛(ここな)ちゃん
心から愛し愛される素敵な人になってほしいと願って名付けました。(らすかーるさん)
心愛(ここな)ちゃん
お腹にいる時に女の子と分かって主人と二人で考えました。心から愛されて生まれてくること、そして今から出会っていく人達に、愛されて素敵な人生をおくれるようにとの思いを込めて名付けました。生まれる前から、そして生まれてきた今でも周りから「ここちゃん」と愛称で呼ばれ愛されてます。(めるめるさん)
心菜(ここな)ちゃん
「お花のような可愛らしいきれいな心を持つように」と想いを込めて名付けました。(cocomamaさん)
心菜(ここな)ちゃん
産まれてすぐに心雑音がする。心臓が弱いのかもと言われていたので、心臓が強い子に育つ願いをこめて「心」という漢字をつけたくて。そして上の子の名前とつながりをもたせたく、上の子の漢字のひとつの「菜」をもらって「心菜」読み方に散々迷い出生届に最初「みな」って書いたけど迷いに迷って最後「ここな」になりました。(ゆいなmamaさん)
心菜(ここな)ちゃん
名前に"心"の漢字を使いたかったので、優しい心を持って菜の花のように可愛らしく育ってほしいという意味で"心菜"がいいなと思ってました。それを旦那に伝えたら俺も心菜が可愛いって思いよったんよ!と偶然同じ名前を考えていたので即、"心菜"に決定しました。(みつはむさん)
心和(ここな)ちゃん
彼女がいるだけで、みんなの心が和む…そんな、温かくて、たくさんの人に愛されるステキな女の子にとの想いを込めて名付けました。(うっち~☆彡さん)
琴々音(ここね)ちゃん
ここちゃんと呼びたくて名付けました。女の子らしくてこから始まる名前にしたかった。(もえかさん)
心葉(ここは)ちゃん
葉の生い茂る樹は、華やかではないかもしれないけれど、雨が降れば雨宿りを、真夏の太陽からは木陰を、困っている人に与えてあげられるような、心の優しい子に育ってほしいと願い、この名前を選びました。また若葉が太陽に向かってすくすくと葉を広げて成長していくように、たくさんの知識や教養を心に蓄えてほしいという思いもこめました。心葉という単語には「こころばえ」という読み方もあり、その意味には、思いやり・配慮というのがあるそうです。とっても素敵な意味があり、一生懸命調べてくれたパパに感謝です。(もりぞーさん)
心陽(ここは)ちゃん
太陽のように暖かく明るい子になってほしいと長男を太陽とつけました。朝陽のように明るく人生を昇っていってほしいと次男を朝陽とつけました。そして3人目…。念願の女の子を授かり、心のあたたかい優しい子になってほしいと、お兄ちゃん達と同じ太陽の「陽」をつけて「心陽(ここは)」と名付けました。(sunさん)
心美(ここみ)ちゃん
誰にでも優しい心を持って、美しく成長してほしいと言う思いを込めて…。(ここたんまま☆さん)
こころ(こころ)ちゃん
どんな人とでもわかりあえる心を持ってくれるように平仮名で「こころ」とつけました。と、周りには言っていますが、本当は妊娠中に「ぽころん」と呼んでいて、どうにか似たような名前はないかと考えて、響きが似ている「こころ」にしました。(みぃさん)
心優(こころ)ちゃん
この子がお腹にいるときに大きな地震を体験し、東日本大震災ではたくさんの方が亡くなられた中、生まれてこようとしてくる命でした。とても意味のある年に生まれてくれる我が子には、どんな時でも優しい心をもってたくさんの人に接し、優しい心に育ち、たくさんの人を助けてあげてほしいと思いました。勉強よりも何よりも心が優秀であればいい。そんな願いを込めてつけた名前です。(かづ(・ω・)さん)
琴七(ことな)ちゃん
七夕産まれなので、漢数字の七を入れたくて「琴七」に決めました。織姫さまのように、優しく女の子らしい子に育って欲しい、と願いを込めました。(ささっとさん)
琴音(ことね)ちゃん
琴の音色のように優しく人に癒しを与えられる人になれるようにという意味でつけました。(ちぃMamaさん)
琴音(ことね)ちゃん
産まれる前に、和風で女の子らしく、当て字ではない漢字を使って名付けようと思っていました。産まれて顔を見たら、イメージにぴったりな!?顔だったので、幾つかの候補から琴音にしました。(ぱんぱんさん)
寿(ことぶき)ちゃん
結婚10年目に、この未曾有の大災害の中に授かった長女には、祝福と幸運そして夫婦二人のすべての想いをのせ、寿(ことぶき)と命名しました。寿(ことぶき)が、家族に幸せを運んできてくれました。(ぷますさん)
このみ(このみ)ちゃん
妊娠6ヶ月頃に女の子だと分かってから、名付け本を読んで色々と悩みつつも候補を一つに絞りました。が、仮決定した名前が私の家族に大不評…。結局、出産後に対面した顔を見てからもう一度考え直す事になり、提出期限ギリギリまで悩んだ結果、誰からも読み間違えられず本人もすぐに書ける事と、両親から一字ずつ取った名前で女の子らしい柔らかいイメージがする事から、平仮名の名前をつけました。今となっては周りからの評判もよいので、この名前にして良かったと夫婦揃って納得してます。(みんたそさん)
心華(こはな)ちゃん
読みは新聞の「赤ちゃんコーナー」を読んでいて、響きが良く、決めました。漢字は、「自分もまわりの人も心が明るく、華やかになるように。」といった願いを込めて決めました。(のびっこのんのんさん)
こはる(こはる)ちゃん
将来、子どもの名前は自然な名前にしよう結婚した頃から、夫婦で決めていました。出産予定が12月とわかってから本屋やインターネットで調べたり、人に聞いたりしましたが、冬という季節がらなかなかいい名前が見つかりませんでした。温かい名前がいいなぁ~と思っていた出産間近に、とても温かい日に恵まれました・・・何か娘の誕生を祝ってくれているようでした。その日のテレビで本日は小春日和に恵まれと言われ、これだー!12月生まれだけど、温かく心に育って欲しい思いから、小春日和から名前をもらって「こはる」ちゃんに決定しました!(こはるパパさん)
心春(こはる)ちゃん
名前は私も1人目も、4画9画の漢字2文字、読み3文字なので、この子も!と思っていましたがなかなか決まらず…予定日を2日超過で生まれてきてくれましたが、生まれてすぐなのに、上の子と性格が真逆でビックリ!新生児でもそれぞれ個性が違うんだなと思いました。その日は穏やかなポカポカ陽気で、タンポポが春風に吹かれてゆらゆら…それを見た主人が「心」が「春」のように穏やか、という意味で命名しました。我が家は家族・親戚の名前と同じ漢字を使わない方針なので、少し選択肢が限られました。心を「こ」と読むことには少し抵抗がありましたが、本当に名前の通りおっとりした性格に育っています。 (まさやんさん)
心遥(こはる)ちゃん
妊娠する前に、旦那と観ていたドラマの子役の役名が「小春ちゃん」で、「響きが可愛いね」と話していました。妊娠が分かった直後から、私が女の子希望だったこともあり、お腹のベビちゃんを「こはる」と呼ぶようになり、家族もだんだんそう呼ぶようになっていきました。女の子と判明してから、他にも候補をあげて考えてみたけれど、やっぱり「こはる」が1番しっくりくる。だけど、予定日は真夏の7月…それなのに「春」!?ということで、漢字を変えて柔らかいイメージの「遥」を調べたところ、「広い」という意味を持つことがわかり、「遥か(広い)心を持った子になりますように」と願いを込めて「心遥」と命名。呼びやすいし、字面もお気に入りで、この名前にしてホントに良かったです。(こはママさん)
心陽(こはる)ちゃん
生まれる前、落ち込むようなニュースが多くマタニティーブルーになってました。そんな中で考えました。こんな世の中だからこそ特に、温かい心を持って人に接することができる子、人からも温かく接してもらえるように、また、どんな時も明るく前を向いて歩んで行ける強い子、そして太陽のようにキラキラと輝ける子になってほしいと名前をつけました。(みーすけさん)
小日菜(こひな)ちゃん
始め「ひなこ」にしたかったのですが、平仮名でも漢字でも画数が合わず、散々調べて諦めかけていた所、夫がひっくり返して「こひな」はどう?と一言。調べたら画数も大丈夫で小日菜にしました。(ピナさん)
小雪(こゆき)ちゃん
2月上旬が予定日だったので、節分前なら小雪、節分をこえたら小春だねーと家族で話していました。ところが、予定日より半月も早く産気づき、地元ではかなり久々の大雪の日に誕生(笑)これは「小雪」にしてほしくて早く出てきたに違いない!と思っています。(もりりさん)
胡依(こより)ちゃん
はじめは「亜胡」にしようと思ったら旦那さんに却下され…でもどうしても「胡」と言う漢字がカワイく思えて使いたくて考え、「胡依」になりました。苗字からの響きが良いです。(かきあきママさん)
心和(こより)ちゃん
まわりの人の心が和む子になりますように…と願いを込めました。(ありささん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。