2011年:さ行(男子)

0
朔(さく)くん
双子の子供が予定日より、2か月半早く産まれました。名前を悩んでいましたが、未熟児医療の申し込みや、ゴールデンウイークが重なったりで早く決めないといけなくなり、あわてて決めました。子供の病院などで、名前を書く機会が多いので簡単な名前にして良かったとい思っています。あと、イクサクと呼びやすいので、みんなにイクサクは元気?などと気軽に呼んでもらえてうれしいです。(イクサクママさん)
朔太郎(さくたろう)くん
子供ができる前からつけたかった名前です。”サク”という響きが好きなのと長男なので”太郎”です。”朔”は新月のことではじまりを表すので長男にぴったりだなと思いました。年配の方には良い名前だねってとても褒められます!みんなに朔ちゃんと呼ばれています。(naoさん)
朔太郎(さくたろう)くん
マンガBeckのドラムサクがとても良い奴で好きだったのでサクにしました。ただ私の名前が2文字と少なく長い名前に憧れていましたので朔太郎にしました。(yoohさん)
咲翔(さくと)くん
自分だけの花を咲かせて自分の人生翔け上っていって欲しいという意味を込めてつけました。(にゃぉこさん)
朔大(さくと)くん
はじめてできた(ながいあいだできなかった)ため、たいへうれしかったのですくすくと育って欲しいと命名したと両親(長男夫婦)が言っていました。内孫でたいへんよろこんでいます。(けいこさん)
祥香(さちか)くん
震災以降今後の先行きが不安の中、生まれてきた新しい命。皆に今後の希望の光を届けて欲しいとの願いから祥(幸せ)香(届ける)と名付けました(くろさん)
史穏(しおん)くん
”しおん”という響きが好きで子供を授かって男の子だとわかった時から決めていました。漢字を史穏にした理由は「これから始まる長い人生を穏やかに過ごし、自分の歴史を刻んで欲しい。」という願いから決めました。また「人と接する時も穏やかな心で接して欲しい。」という願いも込められています。(新米ママさん)
志温(しおん)くん
温かい気持ちを持って、自分の人生(志す道)を歩んでもらいたいという願いから名づけました。私達夫婦も周りの人達も、赤ちゃんの性別が判明する前から男の子のような気がしていました。この名前も男の子と分かる前に、1番最初に思いついた名前で、その後に画数などを考慮して他の名前も再検討してみましたが、やっぱり最初にひらめいたこの名前が、この子にはふさわしいと思い、決めました。(たりらんさん)
志穏(しおん)くん
志を持って、心優しい子に育つように願いを込めて。志と心と迷ったんですが男の子なので志にしました。(めぐみさん)
士月(しづき)くん
上の子から一文字、パパから一文字です。初め男の子とわかりパパが名前を考えると言い出し、変なのだったら嫌だなぁと思い保険として私も考えだしました。でも思い浮かんだのはこれだけで、パパの名前真(まこと)の武士から真士(しんじ) の士を、お姉ちゃんの月を貰い士月です。男の子ならパパの字を貰いたいって言うのときょうだいってわかる名前がいいなぁって思って、携帯のメモ機能に入れて置いて 数ヶ月後パパが夕飯時に「名前を決めました!士月にしまぁす」 と……「えっ私が考えてたのと同じなんだけど!字はどう書くの?」と聞くと漢字まで同じ。 携帯のメモを見せるとパパは残念そうに「完全なオリジナルだと思ったのになぁ!でも夫婦で同じなら間違いないよね?柚月さんも士月君で良いかな?」娘の柚月(ゆつき)さん「柚月さんと同じ月だねぇ!良いよぉ!」と家族皆で納得の名前でした。因みに月を使った理由は まず第一にパパが星や宇宙が好きな事。月は色々な形に見え様々な表情を見せてくれる神秘的な物 なので色々な可能性と未知のパワー、月を嫌う人はそういないという事で娘の時に使いました。もし次三人目と言う奇跡があるならまた月を使いたいなと思います!!(じゅんさん)
心優(しゅう)くん
そのままです。笑優しい子に育ってね♪という思いで‥♪(あゆmamさん)
秀平(しゅうへい)くん
パパの名前が○平で、私の名前が香○。二人の名前を足して、2で割ったような名前が、「秀平」だったんです。昔ながらの単純な理由ですが、ほかにはいない父親と母親ですので、目で見て解りやすくて、気に入っています。(ちぇぶらさん)
柊哉(しゅうや)くん
名前にシュウを入れた由来は実は…北斗の拳!(笑)キャラクターが主人公を支える人でこんな子になってほしいとパパてDVDを見ながら話したのがきっかけでした。1月生まれなので【柊】とゆう字を入れ、柊(ひいらぎ)はトゲトゲの葉に綺麗な白い花を咲かします。なので強く、でも芯のしっかりした子になるようにこの字を用いました。そして男の子らしい子になるようにとパパが【哉】とゆう字を入れてくれました。哉という漢字の副詞にはやっとの意を表す意味もあるので゛やっと会えたね゛という意味も込めて。始まりはキャラクターでしたが、素敵な名前を贈れたと思っています♪(ひいたん♪さん)
主雅(しゅが)くん
最初は読み方は同じで「主我」でした。逆から読んで「我が主役」親にとっては何をしていても我が子が主役なんだよという気持ちから。また何でも主張してほしい、リーダーシップの持てる男らしい子になってほしいことから。そして「我」から「雅」にしたのは子どもが自分自分にならなぃように礼儀のある子になってほしいということで変えました。(しゅがママさん)
俊(しゅん)くん
今の時代を賢く生き抜ける様に…と義母が名付けました。(リオママさん)
竣(しゅん)くん
予定日より早く産まれ、小さめだったので、大きくなるように、建物などか建つときに使われる竣工から一文字取りました。今ではかなり背が伸びて、お友達より大きくなりました。(しゅんくんママさん)
駿(しゅん)くん
旦那も長男も漢字一文字の名前なので、この子も一文字のカッコイイ名前がいいなと思い、画数や、名字とのバランスを考えて「駿」と命名しました。(こえりさん)
駿(しゅん)くん
パパ方の祖父が馬に因んだ名前を持っていて、ママ方の曾祖父が舜司(しゅんじ)さんという名前だった為、それをブレンドしました。安直!?(ヒデピチさん)
駿(しゅん)くん
妊娠8ヶ月頃まで女の子と言われていて、3姉妹と思い上二人と関連付けた名前を考えていました。男の子だとわかり産まれるギリギリまで名前を考えました。漢字一文字というパパのこだわりがあった為名字とのバランスに悩みました。最終的にパパの趣味からこの漢字を取り命名しました。(つぐ&ゆう&しゅんさん)
潤(じゅん)くん
名前を決めるとき男の子だったら私、女の子だったら旦那と決めまして悩んで悩んで義父、旦那が漢字一文字なのでそれに合わせました。ちゃんと読める名前当て字にはしたくなかったのもあります。(ともさん)
俊希(しゅんき)くん
結婚前に亡くなった私の父。数日後、彼(今の旦那さん)から「孫の顔を見せてあげられなかった。せめて、縁があって子供ができたらお父さんの名前から一字貰いたい…」と言われ嬉しかった。言葉通り、結婚3年目に誕生した長男に「俊」の字を使い命名してくれました。(putinさん)
俊祐(しゅんすけ)くん
不妊治療の上やっと授かった待望の子供のため、名前を決めるのにすごく時間を費やしました。義母にとっても初孫でしたし、亡くなった義父に喜んでもらうため、主人の漢字の「俊」を入れました。また人を助けるような優しい子になってもらいたいと言う願いから「祐」を選び俊祐に決まりました。(リトルスーさん)
隼矢(しゅんや)くん
弱い者を守れる勇気があり、素直な子に育って欲しい。(りささん)
隼矢(しゅんや)くん
男の子の名前はパパ、女の子の名前はママが決めるという話をしていたので息子の名前は陸上をしていたパパの希望で足の速くなりそうな名前に。かつ画数にもこだわっていたのでものすごく大変でした。しかし速い鳥(ハヤブサ)と物(弓矢)にあやかった名前になりました。画数も強く優しい子になるとのことで大満足の名前です。名は体を表すとのことですので、この先どんな子になってくれるか楽しみです。(わかにゃーさん)
翔(しょう)くん
パパが「翼」で一文字でかっこいい名前なので、息子もパパに負けない飛ぶ系でかっこいい名前をつけたくて「翔」としました。(mihoさん)
将来(しょうき)くん
過去にとらわれず、いつも夢あふれる将来を見据えて希望を持って生きていってほしいという気持ちを込めて名付けました。もし待望の妹が生まれたら「未来(みき)」にしたいと思っています。(ほんしるさん)
将心(しょうご)くん
将軍の様に時には人をまとめたり周りの人に優しく、思いやりのある子になるように。(ぽぽさん)
承助(じょうすけ)くん
人の想いを承けとめて、人を助けられる子になってほしい。と思い名付けました。(HALUKAさん)
勝星(しょうせい)くん
旦那がお父さんの「勝」という字をつけたいとの事でそれを中心に考えてました。それに亡くなった旦那のおじいちゃんから「次郎」をとって「勝次郎」がいいとほぼ決定してたのですが、亡くなった人からとるのはあまり良くないと言われ考えなおす事に。夫婦共にソフトボールをしてる事から「勝ち星」という言葉に惹かれこれだ!と思いました。これからの人生色々困難はあると思うけどそれに負けず人生に勝ち進んでほしいとの願いがこもってます。(しめじさん)
翔生(しょうせい)くん
予定日より約3ヶ月早く生まれました。小さな体で一生懸命生きている姿に、「元気に大きく」育ってほしいという意味と、赤ちゃんから教えてもらった、「生きる」という意味で決まりました!ある程度候補がありましたが状況が変わり、赤ちゃんに会ってから改めて名前を考え、プレゼントすることができました!(あやぱんさん)
樟汰(しょうた)くん
パパの彰という字と同じパーツが入っている。新常用漢字なので同じ漢字の人が少ない。そんな理由でつけました。樟はくすのきとも読めて、まっすぐ育って欲しいという思いもあります。(ぱくこさん)
翔太(しょうた)くん
兎年生まれなので、ウサギのように飛躍して欲しく、飛ぶイメージの「翔」と、翔に合う文字を選んだ。(さとみんさん)
翔太(しょうた)くん
旦那が妊娠4ヶ月に入った頃、私に内緒で名前を決めてました!まだ性別も分からなかったのに…。卯年に生まれるので、ふとーく飛躍できる様にですって。女の子だったらどうしたんでしょうかねぇ?男の子だし、字数も関係あるんじゃない!というと得意げな顔して、「字数も大丈夫!!」と私はあっけにとられてました。(ぴょんきちさん)
承太郎(じょうたろう)くん
命名に込めた想いは…関わりを持つ全てに敬意を持ち、素直に様々な物事を吸収できる人になってほしく想いました。その為<聞く><受ける>の謙譲語である<承>を一字目にしました。<太郎>は曾孫の誕生を楽しみにしながらも顔を見ることがないまま亡くなった私の父方、母方の祖父から一字ずつもらいました。5年の不妊治療の結果産まれてきてくれた命なので、兎に角謙虚に生きる事で、誕生できた命、生きれている事は素晴らしいと、全ての命に感謝して生きてほしいと願います。そのうえで自分らしさを見い出し、自分だけの路を歩める人生を送ってほしいと心から願い命名しました。(じょぅじょさん)
丈太郎(じょうたろう)くん
主人がずっと~太郎という名前がいいと言っていて、私は妊娠中何度も切迫流産や切迫早産で入退院を繰り返したり子宮を縛る手術をしたり、産まれるまで大変だったので、産まれてくる子は丈夫に育つように…と、丈太郎にしました。(ますみんさん)
奨平(しょうへい)くん
「奨」には親切・優しい・思いやりがあるとの意味があるそうで、画数を調べたら「奨平」がぴったり。名前の響きも気に入って付けました。 名付け本には、【スポーツ選手向き】とも書かれていて、野球好きの主人と共に、夢は大きくもって、将来期待しています(笑)(ちょこさん)
奨真(しょうま)くん
名前の読み自体は、パパと候補をお互い相手に隠して紙に書き出した中で一致した読みだったので、すぐに決まりましたが、漢字はなかなか決まらず。そんな生まれる1カ月ちょっと前に起きた東北大地震。被害にあった親戚がいたり、余震が続く中、このタイミングで子どもを授かり生むことはきっと意味があるのだと感じ、将来へのメッセージを込めて、奨真の奨の字の「先に立って率いる、前進して伸びる」という意味と真実の真を組み合わせて、「周りを率いるようにたくましく、ぐんぐん成長するように」と願い名付けました。(あめゆっきぃさん)
慎(しん)くん
お兄ちゃんが漢字一文字なので弟も漢字1文字で考えていたところ、真心という意味の(慎)という字に決めました。この子を見るたびに優しい気持ちになれるように、この子自身も優しい子になりますように。(ゆんママさん)
真(しん)くん
外国でも呼びやすい名前をと考えました。(ともこりさん)
迅(じん)くん
切迫早産で9か月半ばから入院、24時間点滴に繋がれ安静生活を送るも、陣痛がきてしまい予定日より1か月も早く迅は産まれました。早産だったため赤ちゃんの万が一を考慮して、入院していた個人病院から大学病院に救急搬送されることに。出産はまだ先だろうとのんびりしていたのに、今にも産まれそう…名前が全然決まってない、ヤバイどうしよう!!!と慌てて想いを巡らし…救急車の中で考えた名前は「迅」。今日産まれてくるのもこの子の運命、その人生の始まりに起こったこの出来事を、その運命を信じて乗り越えてたくましく生きていってほしい…と願いを込めて、早く産まれてきたから迅速の迅くん☆出産後に夫に相談すると笑いながらも賛成してくれ、我が家の次男は「迅」と名付けられたのでした。今ではすくすくと大きくなり、性格は名前に反してちょっとのんびりさんな気もしますが…これからの成長が楽しみです。(きたじママさん)
紳慈(しんじ)くん
紳士的で慈愛に満ちたやさしい、思いやりのある人間になってほしいと夫が名づけました。(スヌママさん)
慎太郎(しんたろう)くん
物事をはっきり言える人になってほしい。自分を信じて生きてほしい。同年代の子と同じ名前にならないように。ということで石原都知事と同じ名前にしました。(やまざきさん)
心平(しんぺい)くん
常に平常心を持ち、平和を愛する子になって欲しい。(しんぺいもぐもぐさん)
素晴(すばる)くん
明るい話題がなかなか無いこのご時勢に生まれてくれて、感謝の気持ちを込めて「素晴らしい」人生を歩んでほしい願いで名づけました。多くの方の素晴らしさを素直に吸収し、波及してくれると信じます。(わたるくんさん)
星唯雅(せいが)くん
お姉ちゃんの名前に、月と言う漢字を使っているので二人目は、星を使いたいと思いました。いつでもキラキラとした笑顔でいてほしいと思い、星唯雅と名付けました。(せーがママさん)
正義(せいぎ)くん
最初は、これで最後の子供!と思い、夫婦の名前の一字ずつを取って「ゆうき」と考えていました。しかし、字画を気にするあまり、なかなか漢字が決まりませんでした。上の子たちも「ゆうき」が良い!!と言っていましたが、漢字が決まらずに断念。お姉ちゃん、お兄ちゃんになった二人も一生懸命に名前を考えてくれましたが、皆が納得する名前は思いつきませんでした。上の二人の名前は私が考えたのですが、今回は最後の子供の予定なので、主人も積極的に考えてくれました。ですが、入院中も必死に考えましたが決まらず、「ゆうき」に落ち着こうとしていました。病院に着た主人が、「良い名前考え付いた!」と言うので、聞くと「正義なんてどう?」と、恥ずかしそうに言ってくれました。初めて聞いた瞬間から「凄く良い!!」と思った私。字画も◎!!主人に由来を聞くと、「正義感の強い子になってほしい。二人目と三人目が6歳違うし、三人目の一番下だからわがままになりかねないし、甘えん坊にもなりかねない。でも、正義感の強いかっこいい男の子に育ってほしい。周りの事も、自分の事もきちんと考えられる素晴らしい子に育ってほしい。最初に、俺たちの名前から一字取って(ゆうき)にしようとしてた事も踏まえて、正義感のある勇気のある子に育ってもらおう!」と答えてくれました。子供たちも「凄く良い!!」と即決定!!家族の意見が一致しました。正義は皆を幸せにしてくれています!(あーやんさん)
正義(せいぎ)くん
三人目の子供なので、多分これで最後の子供になると思い、初めは両親の名前から一字取り、「ゆうき」と決めていました。ですが、字画が合わなく、男の子は名前が変わることはまずないので、どうしようと夫婦で考え、上の子たちも考えてくれましたが良い名前が思い浮かばなく「ゆうき」にしようかと思っていた矢先、旦那が「良い名前考えてきた」と、出産して入院している私のお見舞いに来てくれた時に「正義なんてどう?」と照れながら言ってきてくれました。私は「凄く良い名前!!」と思わず言ってしまう位、本当に「これだ!!」と思いました。意味は、「正義感に溢れた、素晴らしい男の子になってほしい。そして、初めに付けようとしていたゆうきという名前の意味も込め、勇気のある子になってほしい」との事でした。本当に素晴らしい名前で、上の子達も気に入り即決定しました。(あーやんさん)
惺大(せいだい)くん
出産予定日が七夕だったので星という字が気になっていました。予定日通りに生まれてきてくれたら星をつけようと思っていたんですが、なんと予定日前日に流れ星を見たんです!これは神様が星をつけなさいと言ってるんだ!と思い込んで、星のように澄んだ心になりますようにと願いをこめて惺大という名前を命名しました。(どきんぱんつさん)
成穂(せいほ)くん
「成せば成るという気持ちで成功体験をたくさん積んでほしい」という想いから「成」使いたいと言ったパパの一言から名前を考え始めました。ママは「実ほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉が好きで、子どもにも「稲穂のようにすくすくと、謙虚な気持ちを忘れずに育ってほしい」と思っていました。新潟出身ということもあり、「穂が成る」と書いて「成穂」にしようと、二人で決めました。(ひろ@せいママさん)
世名(せな)くん
世界に通用する人になってほしい。「世界に轟け!!この名前!!」と言う気持ちを込めて、この名前にしました。また、「せな」と言う漢字に当て字や、説明しづらい字を使いたくなかったと言うのも理由の1つです。(あっちんさん)
蒼(そう)くん
生まれたのが明け方だったのですが、分娩室を出て入院室に移動するとき、朝焼けの中の真っ青な空が印象的でこの名前にしました。(yurihaさん)
蒼一朗(そういちろう)くん
一番、字画の良い名前を主人が考えました。2歳上の姉は「朱」という字が入っていて「あか」と「あお」にしました。(みーたん1205さん)
宗佑(そうすけ)くん
古風な漢字を使いたく…今時でも古すぎでも古風で有りがちな太郎や介を使わずでつけたくてこの漢字・読み方になりました。(あいさん)
奏祐(そうすけ)くん
この子が一生付き合っていく名前なんだと思うと大きな責任を感じました。結果的には、「巡り会わせに恵まれ、物事をしっかり成し遂げられる子になって欲しい」との意味を込めて「奏祐」と名づけました。名前を決めるに当たっては、その言葉・漢字の意味や響きを重視していたのですが、いくつか候補が出来たとき、ふと字画が気になり確認してみました。すると、どれも散々なことが書かれていました。あまり字画は気にしてませんでしたが、この結果は無視できません。さらにそんな時、8ヶ月検診でエコーを見た先生が「女の子ですね」!?と衝撃発言!(結果的にはやっぱり男の子でしたが)結局、私も妻も気に入ることが出来て、字画も問題のないこの名前に出会えたのは、産まれる2日前でした。今では、妥協せず気に入った名前を付ける事が出来て大満足です。これから、みんなで笑顔の絶えない家庭にしていきたいと思います。(ゆうじぃさん)
蒼甫(そうすけ)くん
夫婦共にジブリ作品が大好きで、ポニョのそうすけみたいに優しくて男らしい子になってほしくて名付けました。漢字は蒼という字を使いたかったので、蒼に合う“すけ”の字をいろいろ組み合わせて付けました。(ともはむさん)
颯介(そうすけ)くん
上の子の名前に「颯」の字が入っているので、下の子にも同じ字を使おうと旦那と二人で決めました。さわやかな風のように人を心地好くさせられる子に、風邪をひかない元気な子に育ってほしいと思い、名付けました。(ミッチィさん)
颯祐(そうすけ)くん
旦那が爽やかなイメージから「颯」という漢字を使いたい!とのことで「颯太」や「颯真」など色々考えました。結果、この子がお腹にいるときに亡くなったペットのフェレット「ポンすけ」の名前をもらって「颯祐(そうすけ)」となりました。周りからはペットの名前からとるなんて‥と笑われたりもしましたが、私達夫婦からしたら「ポンすけ」も息子同然だったので、全然後悔していません。むしろ天国からポンちゃんが弟「颯祐」を見守っていてくれてると信じています。(きぃたんママさん)
奏太(そうた)くん
性別が分かる前から、「奏」という字は使いたいと思っていました。響きもいいし、なしとげるという意味があると聞いたので。そして男の子と分かり、たくましく育って欲しかったので「太」を使い、「奏太」としました。(あゆみさん)
奏太(そうた)くん
使いたかった漢字はどれも姓名判断によると、あまり良い結果ではなく、苗字に合う画数の漢字を調べてつけました♪生まれて顔を見たらピッタリ似合っていたので、この名前にして良かったです!(コジャンボさん)
奏太(そうた)くん
私も夫もピアノをやっていて、音楽関連の名前が良いということで決めました。その中でいくつか候補はありましたが、名字や画数など考慮し、この名前になりました。(souta49さん)
蒼太(そうた)くん
私は十年も前から、もし女の子を産んだら「あおい」と名付けようと考えていました。それから、結婚~妊娠をして、お腹の子は男らしいと言うことがわかりました。名前は一生のものだし、画数やら漢字やら色々あって大変です。パパと2人で悩み、考え…「あお」つながりで、日本人らしく読みにくくない名前と言うことで「蒼太」に決めました!蒼天ような清々しい人になってほしいと言う願いも込められています。ちなみに、二人目が女の子だったら、「あおい」と名付けようと思ってます☆(みきてぃ☆さん)
蒼太(そうた)くん
旦那が子どもにつけたい漢字の候補のひとつに挙げていた「蒼」の字。私が切迫早産で入院していたこともあり、無事に生まれてきてくれたこの子にはとにかく元気にのびのびと育ってほしくて旦那の好きな字を入れて一番しっくりくる名前をつけました。閃いたときは、もうこれしかないと思ったほどでした。(すずさん)
蒼太(そうた)くん
二男なので爽やかな名前にしたかった。元気に伸び伸び育って欲しかったので。(みなさん)
蒼太(そうた)くん
蒼い空のように広い心を持ち、太い芯のある子に育ってほしいと…そんな思いで名付けました!青空はつながっている、いつも心に青空を…。(さやさん)
蒼大(そうた)くん
男の子の名前は考えてなくて、旦那が「蒼」という字を入れたくてあわてて考えたのが「そうた」で、名字と合う画数で「大」がよかったので蒼大になりました。(megさん)
颯太(そうた)くん
もともと阪神ファンということもあって、六甲おろしの歌詞にでてくる颯爽からとりました。どうしても颯という漢字を使いたくて、あとは字数で太に決めました。颯という字はキビキビしたという意味があり、お腹にいるときから足で蹴ったりしていたから元気にスクスク育ってほしいと思い、颯太にしました。(ひとみんおろおろさん)
颯大(そうだい)くん
颯とゆう漢字をみたときから、頼もしくもあり、爽やかなイメージをもったのでこの字を入れた名前にしようと決めていました。そして、颯大と書いて「そうだい」か「そうた」と読みを考えていましたが、後は生まれて顔を見て決めることになり、生まれたばかりの我が子をみると、満月の日に生まれたからか顔がまんまるだったため、「そうだい」に決めました。(あっこさん)
湊太郎(そうたろう)くん
家内とは学生の頃からの付き合いで、通算16年目で待望の長男誕生です。夫婦そろって、海好きの横浜好きのワンピース好き。海に関連したわかりやすい名前をつけたいと思い、みなと町で生まれた男の子なので「湊太郎」と名づけました。「みなと」には「港」という漢字もありますが、漢字の意味では「港」は船着場、「湊」は(水上の)人やものの集まるところを指すようです。たくさん友達を作って、いつか大海原に船出する大きな男になって欲しいと願っています。(そうちゃんさん)
壮真(そうま)くん
産まれた日が晴天だったのと立ち会いしてくれて産まれた瞬間の思いつきでパパが蒼天(そうた)と名付けたのですが字画が悪かったためいろいろ試行錯誤した結果、壮真(そうま)となりました。元気で真っすぐに育って欲しいと願いを込めました。(ちびねこたんさん)
奏真(そうま)くん
パパは自分の名前が平仮名4文字だったので、家族や友人からも上の2文字だけで呼ばれていたことから、「子供は絶対にフルネームで呼んでもらえる名前にしたい」という希望がありました。そこで「3文字以内で、かつ、呼ばれやすい名前」ということに拘って、まず響きに注目して名前を探しました。一方、ママは「協調性を大切にする子供になってほしい」ということから、漢字のイメージで「奏(かなでる)という文字を含んだ名前にしたい」という希望を持っていました。お互いに相手の希望を尊重して、漢和辞典片手に響きも考えながら「奏」に合った名前を考えました。調べていく中で「奏」には「かなでる」のほかに、「なしとげる」という意味があることを知り、「何事にも真っ直ぐな心と姿勢で取り組み、最後まで諦めずにきちんとなしとげる人間になって欲しい」という願いを託して「奏真(そうま)」に決定!!響きも言うことなし!!で、パパが気にしていた肝心の「呼ばれ方」はというと・・・おじいちゃんもおばあちゃんも、その他の親族もみんな「そうま(くん)」ときちんとフルネームで呼んでくれています。パパも大満足です♪(そうマニアさん)
想真(そうま)くん
「人を想いやる事が出来、真実のみを語れる素直な子になってほしい」と、いう想いを込めて名付けました☆夫と2人でいろんな本を読んだりして、楽しく考えて付けた名前です♪産まれて来てくれて対面した時も、顔と「想真」とう名前がピッタリ合いましたよ~。(AYA-MAMAさん)
蒼眞(そうま)くん
爽やかな空のようなすがすがしい素直な真っ直ぐな子に育ってほしい。(ぴよ☆そうさん)
湊馬(そうま)くん
名前を決めるとき、50個くらいあげたなかで この名前がとても響きがよくまず主人が気に入りました。苗字から読んでもかっこよく、画数もよかった。私自身は「湊」は人や物が集まる場所、いつも人に囲まれて幸せにという意味があると本で見つけたのと、実際出産が緊急帝王切開で生命が危なかったところにたくさんの助産師さん、先生に囲まれて命を助けてもらいました。生まれるときから人に囲まれ、強運を授かったと思います。(ミリミシェさん)
颯眞(そうま)くん
颯眞の颯には勇ましいという意味があり、眞には真の、まっすぐと言う意味があります!待望の男の子で主人が自衛官という職種でもあり「この先どんなことがあっても自分の人生を勇ましく歩んでいって欲しい、そして真のある強い男の子に育って欲しい」という願いを込めて名付けました!生まれつき足に奇形がありこれから手術を受けます。そしていつかこの事実を話そうと思ってます。不思議なことにこのような試練を与えたのもこの名前の由来があったからかなと感じています。きっとしっかり受け止めて強い子になると信じています!(ハナママさん)
聡明(そうめい)くん
人の話をよく聞き物事の理解が早く、賢い立派な大人になってほしいと、パパが名付けました。賢そうな名前つけてしまって名前負けしないければいいけど…と私は心配でいるのですが(^^;)息子の耳が立派で私の言ってる事をちゃんと聞いて8ヵ月にして分かってきているので名の通りになってるのか?少しは安心かな~と…。(ゆかすけさん)
空(そら)くん
台風の夜に産まれ、次の日の天気が綺麗に晴れていたので、この名前にしました(*^^*)v(みちゃ☆さん)
空良(そら)くん
大きく広がる空のように心広く豊かに育ってほしいという願いを込めて♪(こはる子さん)
蒼(そら)くん
夫婦揃ってゲームが大好きで、特に好きだったのがディズニーキャラクターなども登場した「キングダムハーツ」。私は「子供は男の子がいいなぁ……できたらこの主人公のみたいに元気で心がとっても優しくて、名前も同じソラがいい!!」と旦那さんに話していました。で、妊娠したら男の子!!退院と同時に出生届を提出に行きました(笑)。漢字は2人で素敵な個性あるものと思い、この字を選びました!!今では本当にやんちゃで元気、落ち着きのない活発な子です(笑)。毎日みんなに笑顔を振りまいてます!!(るいさん)
蒼空(そら)くん
8ヶ月検診で性別がわかり、その日の夜に主人が名付け本を見てて5分もしないうちに「そらにしよう!」と一言。女の子だったら私が、男の子だったら主人が名前を決める予定だったのであっさり名前が決まりました♪「蒼」という漢字がお互い気に入っていて蒼い空のように雲ひとつない心で、優しく広い心をもった男になってほしいという願いを込めて名付けました☆(蒼空mamaさん)
蒼空(そら)くん
男の子です、蒼い空へ、大きく羽ばたけ。(大パパさん)
大空(そら)くん
仕事で国を越えた遠距離を長い間していた両親のエピソードにちなみ、空を越えて出会ったという意味の「そら」になりました。また、国にとらわれず一つの大空のもとみんなつながっているという意味もあります。(Yuiさん)
大空(そら)くん
空のように広い心を持って優しい人になって欲しいという意味でつけました。(さくらんぼさん)
大空(そら)くん
我が家にとって初の男の子!候補はいくつかあったけど、生まれた息子をみるとあまりしっくり来なくて…パパとたくさん喧嘩して、画数の良い「大空(かなた)」に。ですが、6歳の長女が「かなた」と読ませるのに納得できず、私が「大空でそらって読ませてもいいか!」って言ったら、長女も次女も大賛成!!パパはイマイチって感じだったけど、絶対言うこと聞くから~って二人でパパにお願いして、期限ギリギリに決まりました。 (あらこさん)
宙(そら)くん
最初は、旦那と私の1字ずつをとった名前の候補がありましたが、「空、海、陸(そら、うみ、りく)」の3字が入るのは旦那も賛成。「はやぶさ」の帰還もあり、どうせつけるならこの字がいいと、2人の希望を合わせてつけた名前です。「無限の可能性」を意味します。(毎日かあちゃんさん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。