2011年:た行(女子)

0
民(たみ)ちゃん
海外でも「トミー」と呼ばれ易く意味も良い「冨」という名前が良かったが字画が悪く、字画も良く読みも近い「民」にした。誰でも読める漢字だし、逆に古風でいいと思った。(モノさん)
智香(ちか)ちゃん
男の子ならぱぱから、女の子ならままから名前を一文字もらってつけようと結婚した時から考えてました。また、画数を一緒にすることで運勢もよいものにしたいということでこの名前にしました。ママの名前が入っているので、ママの両親はとても喜び、また、ママの祖母の名前も入っていたのでとても喜びました。美しさだけでなく、人間として生きる上で必要な智恵や智勇を兼ね備えそれが香るような人であってほしいという由来でつけました。(がじゅがじゅさん)
千歌子(ちかこ)ちゃん
苗字とあわせて読んでみて違和感のない、流れのよい名前と誰にでも読めること、名前負けしないきれいな日本名であること。両親が音楽好きで千の字を使いたかった。おめでたい感じがするので。(えすさん)
千桜(ちさ)ちゃん
娘が生まれる時期はちょうど北海道の桜が満開に咲く時期。そして桜のように誰からも愛される女性になってほしいという気持ちを込めて「桜」という文字は絶対入れようと考えていました。私の中では未桜(みお)ちゃんがいいなぁ。と思っていた時、旦那さんが私の名前から一文字とって「千桜」はどうかと。実は旦那さん、密かに画数や漢字の意味など一生懸命調べていたようなんです。そして親から一文字をもらってつけたら親との繋がりが強くなると調べて提案してくれました。その理由も聞いて私も大賛成!!現在6ヶ月になった娘は私から一時も離れられないほどベッタリです。次にもし男の子ができたら旦那さんの名前から一文字もらいたいと思います。(ちぃさん)
千聡(ちさと)ちゃん
千聡。たくさんの耳でいろんな人や生き物の心を感じられる人になりますように。(らびさん)
千弦(ちづる)ちゃん
楽器や弓、竹刀などに張られる「弦」はピンと緩みなく張っていますが、弾力があってとてもしなやか。そんな弦のように、凛とした、そしてしなやかで柔軟な女性になってほしいとこの字を選びました。それから「千」にはたくさんという意味もあるので、幸せと笑顔がたくさんある人生になりますように。大変なことも多い時代かもしれませんが自分の道をしっかり見定めて、笑顔で進んでいってほしいと思います。また、みんな「ちーちゃん」と呼んでくれるのですが「ちー」と言うと、口ががにこーっと笑顔になって楽しい気持ちになります。笑顔の人が大好きなちーちゃん。笑顔で話しかけられるとにこにこと笑顔をお返しして皆が笑顔になります。(もえさん)
千夏(ちなつ)ちゃん
おなかにいる時の呼び名は「なーちゃん」。まだ「名」も無い小さな命ということで呼んでいました。ずっとそう呼んでいたので「な」の音に愛着があり、生まれたら「なおこ」にしようと決めていました。そして予定日より1週間早く緊急の帝王切開で生まれた我が子。その手術中にはなんと雷が!晴れていたのですが、雷とともに生まれてくるなんて、なんてたくましい元気な子!と思いました。夏真っ盛りで入院した病室では、毎日セミの声が聞こえていて、そして助産師さんには院内のどの赤ちゃんよりもミルクの飲みがいい!と太鼓判を押され、そんな数々の生まれてからの元気で活発なイメージのエピソードから、パパも私も「夏」の字を入れたくなり、私の「千」という一字をとって「千夏」と名づけました。決めていた名前から急遽変えたけれど、生まれてきて実際に対面した我が子と接していく中で、この子らしい名前になってとてもうれしいです。「な」の音も入っていてとても満足しています。(na-さん)
千愛(ちなり)ちゃん
一人目の長女の名前に「愛」という字が入っていて女の子らしいので二人目の女の子にも「愛」を入れたくて名付けの本で画数などを見ながらいい名前を探していました。名前は一生ものなのできちんと意味も込めたくて真剣に探すこと数ヵ月…やっと画数的にも、名字とのバランス的にもいいものを発見!!!それが《千愛》でした。たくさんの人に愛される子になって欲しいと言う意味を込めました。時間をかけ悩みに悩んで見つけた名前なので凄く気に入っています。(LISAさん)
千陽(ちひろ)ちゃん
千個の太陽みたいに明るい子になれるように。(マーちゃんさん)
知歩(ちほ)ちゃん
女の子なので今風のカワイイ名前も考えてましたが、やっぱり「どんな風に生きて欲しいか」を考えて“いろんなことを見聞き知り、前向きに歩き続けてほしい”という願いからつけた名前です。(マユミさん)
月響(つきね)ちゃん
季節感を取り入れたく、ちょうど中秋の名月という事から、この名前に決まりました。(ネピネピさん)
つくし(つくし)ちゃん
名付けの本を見ていて発見。可愛くてお腹の中に「つっくん」って話かけてた。そして出産予定近くになって家の駐車場につくしが一本生えてるのを発見!「これは運命だ」と思ってつけました。(つくママさん)
集衣(つどい)ちゃん
私たち夫婦は、高校のクラスメイトでした。そのため、学生時代の共通の友人が多く、結婚してからも休日は、友人たちを自宅に招待してにぎやかに過ごしています。たまには、2人でゆっくりデートがしたいと思うこともあったくらい。。。また、お互いの両親や兄弟とも、とても仲が良く、一緒に食事に行ったり、旅行に行ったりします。今の私たちがあるのは、そんな家族や友人のおかげだと心から感謝しています。わが子にも、「良いことや大切な人が集まってきますように!」と願いをこめて命名しました。私は、“集”(つどい)の一文字で考えていたのですが、パパが「女の子なのに“集”(しゅう)って呼ばれたらかわいそう」と言うので、パパの意見を尊重して“衣”をつけて、集衣(つどい)になりました。実際、我が子の誕生に沢山の人がお祝いにかけつけて集まってくれて、集衣(つどい)という名前がピッタリだなぁ。。。と嬉しく感じる今日この頃です!(つーちゃんさん)
紬(つむぎ)ちゃん
名前が決まらず悩んでいた時、実家に帰省しました。その時、おばあちゃんがある1枚の着物を見せてくれました。それは数年前亡くなったおじいちゃんが、おばあちゃんのために買ってくれた着物でした。それを見ながらおばあちゃんは「着物には紬糸と言うとっても丈夫なキラキラした糸が使われているんだよ。だから着物は60年や70年経っても丈夫でキラキラ輝いているでしょう?おじいちゃんも紬糸のように丈夫でいてほしかったわ」と言っていました。そのおばあちゃんの意思や、おじいちゃんの思いも込めて、由来は「我利を抑えて利他愛に生き、紬糸のように心身丈夫で凛とし、キラキラ輝いた子に育ちますように」と付けました。天国からおじいちゃんも、紬ちゃんのことを見守ってくれてるかな?(ちゅむmamaさん)
紬葵(つむぎ)ちゃん
家内の憧れてた名前です。というのは、学生の時に、同じクラスであった女の子の名前に憧れて以来、いつか自分にも女の子を授かったら、同じ名前を付けるのが夢でした。その女の子は、ひらがなだったので、どのような漢字にしようか随分悩みました。「紬」という一字だけよりも、女の子らしい名前にしたかったので、当て字で「葵」という字を付け加えました。(あやぴちさん)
巴(ともえ)ちゃん
娘の名前はパパと一緒に出産の2~3ヵ月前から考えてました。パパが単身赴任していたこともあり、なかなか決まらず出産を迎えたのですが、息むときについ私が候補に上げていた「巴(仮名)」と思いながら出産したためパパの候補を押し切りこの子を巴と名付けました!この名前は大昔に男性と共に戦に出た巴御前から頂き、強く逞しく生きて欲しいと願いを込めました。名前の通りすくすくと育って6ヶ月で9.5キロになりました。このまま元気に成長して欲しいです。(はつままさん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。