2011年:な行(女子)

0
渚紗(なぎさ)ちゃん
響きが可愛いものを考えました。また、私たち夫婦が海が好きなので、上の子が海翔(かいと)にし、「海」を使っているため、下の子には海を連想させる「渚」をいただきました。(えりなっちさん)
夏葵(なつき)ちゃん
子供の性別が女の子。だと思われます。と診断されたころに2人で名前を考えることにしました。お互いの約束として、万が一男の子が生まれてきても大丈夫なような名前にすることだけ決めていました。そんなある日、2人がそれぞれ考えていた名前を挙げようとなったときに、偶然にもお互い「なつき」という名前が挙がりました。数え切れないくらいある名前の中で、お互いの第1候補が一致したことで、何の迷いもなく「なつき」に決めました。よって、名前決めは数秒で終わってしまいました。問題は漢字でした。「なつ」は夏に生まれるということもあり「夏」で決まっていましたが「き」という漢字はなかなかお互いの出す「き」にしっくりいきませんでした。そんなある日、源氏物語を読んでいたら「葵」という字が「き」と読むことがわかり、お互いの意見も一致。そして偶然にも、私たちの結婚式でもたくさん使ったお互いの一番好きな花が「夏に咲く元気な向日葵」。そんな偶然から、「夏」に輝く元気な向日「葵」のように育って欲しいと名づけました。(よっさんまーさんさん)
菜月(なつき)ちゃん
親子3人共ウサギ年なので、単純ですがウサギといえば月!実家が菜の花が有名な所なので菜を付けて菜月にしました。(エルさん)
菜月(なつき)ちゃん
身内には全くいない、初めての夏生まれの子。季節感を入れたくて「なつ」を入れた名前をと考えてはいたものの名字に対しての画数が合わず・・・。でも諦められずそしてなんとなく「なっちゃん」と呼びたかったので産むギリギリまで悩んでいました。産まれて我が子と対面した時嬉しさと驚きが・・・。小さいなぁと思ったら2,100グラムと低体重児でそのまま保育器へ。毎日保育器越しに会っているうちに満月のように心も身体も大きく丸くなって欲しいと思い、月の字を使う事に。あとは菜は画数で選び「菜月」になりました。(バイソンさん)
菜月(なつき)ちゃん
家族の名前に自然に関する漢字が一文字入っているので娘の名前にも使いました。植物から連想出来る漢字を探していて、二つ候補があがりました。産後に娘の顔を見て悩み続けましたが、お兄ちゃん達の「きれいな名前をつけてね」とのことで今の名前に決定しました。三番目の子供で出産はこれで最後だと決めていたので、自然に関する漢字をもう一文字入れました。周りの人達から可愛い名前だねと言ってもらい付けて良かったと思っています。(netteさん)
なな(なな)ちゃん
旦那さんと付き合って入籍したのが7月7日だったので響きから選びました。(みぃさん)
奈々(なな)ちゃん
奈々の奈という字は、大きく示すと書きます。どんなことでも自分の意志をはっきりと示すことができるような子に育ってほしいと思い付けました。また、誰からも覚えられて呼びやすい意味でもあります。(なーちゃんママさん)
菜々子(ななこ)ちゃん
妊娠前に何気なく「女の子なら菜々子とつけよう」と、夫と話していました。その後すぐに妊娠したため、そのまま胎児ネームとしてよんでいました。しかし、妊娠中に父と祖父が相次いでなくなりました。初孫、初曾孫の誕生を楽しみにし、よく「菜々子」と私のお腹に手をあてて呼びかけてくれました生まれた娘を抱く事は出来ませんでしたが、二人とも名前を呼んでくれたので、この名前を大切にしようと娘に名付けました。(はやたこさん)
那奈子(ななこ)ちゃん
ドラマのヒロイン。(TKさん)
菜々美(ななみ)ちゃん
お腹の中で痛いぐらい蹴ったりして無邪気で活発に遊ぶ様子から「菜々実」だったが「実」の画数が1画足りなかったのとママの名前にもついている漢字を使いました。(うみさん)
奈々実(ななみ)ちゃん
人との縁を大切に実らせる子に育ってほしいと思い、神社の意味を持つ奈の字と、実りの字を合わせました。画数はパパが考えてくれました。いくつかあった候補の中、生まれた日のインスピレーションでこの名前になりました。(yukimusiさん)
菜乃花(なのか)ちゃん
菜の花の季節だったので、菜の花のように人の気持ちを明るくさせてくれるような子になって欲しいと名付けました。義父が「6日に生まれたけど、なのか(7日)」とオヤジギャグを言うので、それを話すと初めての人でも皆覚えてくれます。(くめよいこさん)
なのは(なのは)ちゃん
小さく産まれた娘。春産まれの娘。菜の花のように明るく元気に活発に成長して欲しいと願って名付けました。(2児ママさん)
七夕(なゆ)ちゃん
たなばたはパパとママが出逢った季節。織姫様と彦星様のように一瞬一瞬の時間と人との出逢いを大切に出来るような子になって欲しいと願いを込めて名づけました。(たなばたさん)
にこ(にこ)ちゃん
3月に大きな震災をお腹で経験し、実家は被災地でしばらく帰れないなど不便な中、元気にうまれてきてくれたことを感謝しました。いつもニコニコで笑顔の多い人生で、笑顔が似合う素敵な女性に、周りのひとにも笑顔を与えられる人になってもらいたいと思いつけました。お友達からは、名前を聞くだけでニコニコしちゃう~と言ってもらい幸せです。(moalinaさん)
仁湖(にこ)ちゃん
主人は笑顔が大好き。それは妻である私の笑顔、友達、家族、みんなの笑顔があれば何でも乗り越えられるという笑顔大好き人間です。私たちのところにきてくれたかわいい子どもにも、笑顔が素敵な子になってほしいという願いをこめ、読み方はにこが良いとかんがえました。漢字は、「仁」にはおもいやりという意味があり、「湖」は穏やかな気持ちで冷静に判断できる子にという思いを込め、「仁湖」にしました。(ひいまさにんさん)
日恋(にこ)ちゃん
私が15歳で妊娠し、パパも当時22歳で遠距離。この子がお腹に出来て反対されたけど、親の反対を押し切りパパの元へ行った。 勿論援助もお金も無いし結婚もしてなかったので毎回妊婦検診は実費。 それでも日に日に成長する我が子が愛おしくて・・・。お金は無かったけどようやく親に結婚は認められた妊娠8ヶ月。 後2ヶ月になって名前を考えてた時にすぐに思い付いた。 「日恋」お日様の様に毎日ニコニコして欲しくて・・・。私の初めての恋の相手がパパだったから「恋」と言う字を付けた。 パパも気に入ってくれるし、生まれて来た子も可愛くて名前にピッタリで気に入ってます。(も粉さん)
音緒(ねお)ちゃん
パパは歌手を目指していました。しかし、やはり現実はとても厳しくその夢を叶えることができなかったんです。だから、もしこの子に音楽の才能があるなら、その果たすことができなかった夢を代わりに叶えて欲しいと・・・。「音=音楽を」「緒=極める」そんな願いを込めて名付けました。(あまさん)
音亜(のあ)ちゃん
旦那もあたしも音楽が好きで最初は違う名前(詩音しのん)も考えていた。音という漢字にこだわり呼びやすさにもこだわり、わたしの名前の一文字をいれたいと旦那の申し出があり今の名前も前候補も画数はよくないけど気にいってればいいじゃない!と音亜になりました。当て字やけどこれから歌うことや音楽が好きな娘になってほしいなと思ってます。(あいさん)
叶愛(のあ)ちゃん
不妊治療を続けていて待望の赤ちゃんが出来たのですが、すぐに流産してしまいました。それでも諦めずに不妊治療を続けた結果、妊娠が発覚!恐れていた流産にもならず無事産まれてきてくれ、パパママになるという夫婦の夢が叶い、みんなからも愛されるようになって欲しいということで「叶愛」と名付けました!名前を決めた後で画数も調べてみると、なんと大吉でした!夫婦の夢を叶えてくれて、ありがとう!(叶愛ママさん)
乃愛(のあ)ちゃん
待ち望んだ妊娠が出来て、お腹の中にこの子が来てくれた頃から「のあ」って名前を決めました。第一に響きが気に入ったのと、偶然やったんですが主人と私の一文字づつをとったら丁度「のあ」でした。(アヤランさん)
望愛(のあ)ちゃん
主人と出会う前から「のあ」という響きが気に入っていて自分の子供が産まれたら絶対「のあ」にしようと決めていました。響きは私が決めたので主人に「漢字は決めていいよ」といってそれから毎日のように娘の名前を考えていました。女の子はいつかは結婚して名前も変わっちゃうからそこまで画数気にしなくてもと言いましたが、もう真剣・・・。主人が悩みに悩んで決まったのが「望愛」です。たくさんの人に望まれて産まれてきたこと。たくさんの人に愛される素敵な人になるようにと名付けました。今1歳半の娘は名前の通り愛橋たっぷりでたくさんの人に愛されて育っています。(あいあいさん)
希(のぞみ)ちゃん
自分(母親)の名前から一文字とりました。(あきさん)
希実(のぞみ)ちゃん
出産前に幾つか名前の候補があり、ほのぼのとした名前を考えてたのですが、大震災があり、女の子でも自分で未来を切り開いていけるたくましさを持ってほしいなという希望を込めて名付けました。(ともさん)
希美(のぞみ)ちゃん
希望を忘れない人には、やがて美しい未来が訪れる、というメッセージを込めて。と、主人は言っていますが、私としては、妊娠中夫婦喧嘩が耐えなかったので、希望のある家族の未来を願って、この名前をつけることに賛成しました。(えなさん)
希望(のぞみ)ちゃん
娘が生まれる前に震災があり、たくさんの人が亡くなったり、被害を受けました。まだ被災地の方々は大変な日々を過ごしています。そんな中、その震災を乗り越え生まれてきてくれた娘の顔を見たときに、生きているということは本当に素晴らしいんだと思い涙が出てきました。なのでその時にこの子は絶対希望という名前にしようと決めました。この子が大人になるまでにもまだたくさんの苦労があると思いますが、いつでも未来に希望を持って、逞しく生きて欲しい。その願いからこの名前に決めました。(ネコとくつろぎさん)
和奏(のどか)ちゃん
娘を妊娠中、自分に余裕がなく、パパに対しても、上の娘に対してもマイペースな行動に腹をたてて、毎日毎日ずっとイライラし通し。また義父母との関係もずっと上手くいっておらず・・・。このままでは良くないのではと悩む日々。そんな心に、そして周りとの関係に「和み」をもたらす子になってくれるように、という(主に)母の願いをこめて名付けました。(ひなのん♪さん)
希乃花(ののか)ちゃん
おんなの子の場合は、ナナやネネなどの続く名前をつけたかった。たまひよの名前占いをするとつけたい名前や漢字の字画が良くなく、希乃より希乃花が良かったので決めました。ギリギリまで迷っていた為、市役所に出さないといけない最終日になって危なかったです。(ひつまぶしさん)
暖佳(ののか)ちゃん
上の子を妊娠時は性別をきいてしまい、すぐ名前が決まったのですが、今回はきかないでいたため、名づけが難航!夫婦二人で決めた名前が義妹に強制却下されたりも・・・。そして期限間近のある日、パパが名付けの本で「ののか」を見つけ、2文字がいいとの事で、この名前に。「心暖かい、うつくしい人」になってほしいです。(りのママさん)
乃々椛(ののか)ちゃん
ギクシャクした世知辛い時代なので、「のんびり」「のびやかに」「のほほんと」「のどかに」と、ゆったりした子供に育って欲しくて「の」の音を名前に多く入れたくて乃々椛と名付けました。「椛」は(もみじ)と読み、季語になっています。(ゆうたんのんたんさん)

 

2011年赤ちゃんの名前ランキング

2015/07/24

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。