2010年:さ行(男子)

写真彩仁 (さいと) くん
兄がカイル、姉がメイなので、ひいおばあちゃんは兄をカイちゃん、姉をメイちゃんと呼びます。ひいおばあちゃんが呼びやすい名前を考えた結果、2文字目を【イ】にすることに!漢字は我が家に彩りを添えてほしいけど、男らしさも忘れないで~という思いから、【彩】に男らしく【仁】を組み合わせました。(ともちん さん)
写真彩翔 (さいと) くん
お姉ちゃんが彩葉(さわ)なので同じ漢字を使いたいと思ってました。私は「葉」の字を使って「とわ」「ゆわ」「るわ」など考えていたのですが、男の子に「葉」はどうだろうと主人に言われ、確かにそうやなぁとまた一から考え直すことに。mixのツインズだったので二人は同じ漢字を使いたかったのでそれだけは譲れないと言い主人に任せました。彩智の「智」を下に使って男の子の名前を考えたけど、義母がお尻(下)に女の子と同じ漢字使うと女の子のお尻ばっかり追いかける子になると言われたらしく却下したのです。私は主人が私より先に義母に話しそれを反対され却下したことに腹を立てかどが立たない様、その意見は意見として聞いておいて、でも私達の子供だから私達で決めようと。結局、「彩」を使って女の子は彩智(さち)、男の子は彩翔(あやと)でどうかと主人が決めてくれました。しかし私はさいとにしようと提案。家を買い替えたくて「彩都さいと」と言う街に住みたかったけど叶わなかったので子供の名前だけでもさいとにしたらどう?と(笑)我が家の跡取り息子は住みたかった街の住所から名付けました(彩翔、彩智)(まぁこ さん)
写真咲都 (さくと) くん
初めての赤ちゃん☆名前は親からの最初のプレゼント!そして男の子と言うこともあり、画数にこだわり慎重に夫婦で話し合いました。しかし画数にこだわるとしっくりくる名前に辿りつけず、結局最後の最後で断念・・・私たち夫婦は転勤族の為、将来どうしても転校が付き物なので「これからどんな土地に行っても自分の都となり笑って花を咲かせられるような逞しい子になって欲しい」と言う私たちの願いを最優先し、この名前をつけました!(pooh さん)
写真咲春 (さくはる) くん
花が咲く春のように周りを明るくできる子にという思いでつけました。(しーこ さん)
写真朔弥 (さくや) くん
上のお姉ちゃん2人に、「咲」という漢字をつかっているので、読み方が共通する漢字「朔」に決めました。あとは、愛称を「サク~」って呼びたかったので(^▽^)笑(ゆきんこ さん)
写真慧 (さとし) くん
パパの家系で代々続く「とし」の音と、頭のよい子になるようにという願いを込めて「智慧(ちえ)」の「慧」を選びました。付和雷同せず、自分の頭できちんと物事を考えることのできる人に育ってほしいと思いを込めました。(さとまま さん)
写真三太 (さんた) くん
字の通り三男です。大河(たいが)志童(しどう)三太(さんた)の順です。基本形は3文字、~ちゃん的に省略して呼ばれない様、呼び捨て覚悟の3文字設定で、尚且つ、覚えやすい(もらいやすい)様、考えてきたつもりです。特に三太は10月生まれのサンタですというフレーズで必ず覚えてもらえます。安易に名付けた様にみられますが、生まれる直前に亡くなった、義父、幸太郎から太をとった経緯もあります。ずうずうしい三男坊として太く、たくましく育ってくれれば、と思います。(デビル さん)
写真士温 (しおん) くん
2年間赤ちゃんを授かることができず、つらい思いをたくさんしてきました。妊娠がわかって赤ちゃんの心臓が動いてるのを見た時は嬉しくて泣いてしまったことをよく覚えています。2010年はサッカーのワールドカップでサムライ・ブルーが活躍したり、坂本龍馬が話題になったりしました。赤ちゃんが産まれた時は、家族にあったかい気持ちで見守られ、そして赤ちゃんも家族をあたたかい気持ちにしてくれました。そして、赤ちゃんが産まれた日もとても暑い日でした!おとこのこらしく育ってほしくて武士の「士」そして、温かいこころをもった子に育ってほしく温和の「温」士温という名前をつけました。(ぽっきー さん)
写真志雄 (しおん) くん
初めての子どもで、主人に名前を提案しても却下…やっと、二人で考えたなまえも、漢字が、お葬式に使うものだと、両親に却下…そこで、なまえ辞典の登場!漢字のみを変え、もともとつけていたなまえの音は、残せました!(しーくんママ さん)
写真志雄 (しおん) くん
すごく考えてつけたなまえが、当初、志恩でした。主人の両親は、なんとなく反対…私の両親は、字が、葬式に使う字だから…と字のみ反対。もう、しーくん!と、お腹に呼びかけていたので、字のみを変更。字の並んだ雰囲気も、満足してます!(ボンド さん)
写真獅恩 (しおん) くん
シオンと言う響きは、私が中学生の時につけたいなーと漠然と思っていた名前でした。3人目の待望の男の子、強く逞しく育って欲しくてライオンの獅子から獅を、恩は恩を忘れない優しく誠実な子になるようにとの願いを込めました。(くれよん さん)
写真聖音 (しおん) くん
旦那が前からつけたかったみたい!!((^ω^) さん)
写真柊 (しゅう) くん
冬生まれだったのと、柊(ヒイラギ)の花言葉「先見の明」に魅力を感じてこの名前にしました。またヒイラギは節分の時に魔除けとして飾られたりするので、この名前が我が子を守って健やかに成長しますようにとの願いを込めました。(あや さん)
写真周作 (しゅうさく) くん
男の子だったら主人が名前を決めることになっていました。何個も候補を出したものの、ピンと来なかったり字画などで却下…。ある時ふと「自ら周り(友達など)を作れる人間になってほしいから「周作」!」と言ったので字画を調べると完璧!主人がかなり気に入った様子だったので、私はちょっと古いな~と思ったのですが、この名前に決めました。今では、他にいない名前ということと誰でもすぐ読めるということで、とても気に入っています。みんなからは「しゅう君」と呼ばれてます♪(ひろかな さん)
写真柊太 (しゅうた) くん
冬に生まれる予定だったので、冬に関する漢字を入れました。しかし…、予定日を過ぎても生まれて来なく、生まれたのは春の月になりましたが、名前はそのままにしました(笑)(nao★ さん)
写真周士 (しゅうと) くん
家族全員の名前に入っている「ゆ」という文字を入れ、長男の名前の最後が士なので、次男も同じとした。字画をメインに考え、運勢のよい漢字を選定し、周囲のことを良く気にかけ、仲間に恵まれ、武士のように、目的のため志の高い人間となって欲しいという願いを込めて名付けた。(きつね さん)
写真柊斗 (しゅうと) くん
寒い冬に青々と葉を繁らす柊の様に爽やかにたくましく、中心の意味もある斗の字は人に囲まれて輝ける様に願いを込めて付けました。(ぴょん さん)
写真秀篤 (しゅうま) くん
主人が馬という字を使いたくて、私は馬だけじゃ嫌で、主人の名前に竹がつくので馬の上につけたところ「篤」になったので、この篤を使う事から考えました。字画を散々調べて、結果しゅうまと名付けました。とにかく馬の字にこだわった主人でした。ラジオで馬とつく漢字を入れるとすごくいい…と聞いたからそうです。秀才(ムリかな?)で、人の痛みや喜びがわかる心の広い優しい子になってほしいです。(とも さん)
写真柊実 (しゅうま) くん
4歳の長女が生まれた時、ベランダで育てていた四つ葉のクローバーにちなんで「四葉(しょう)」と名付けました。2歳の二女が生まれた時は、ベランダにあった多肉植物の「月の皇子」にちなみ「月皇(つきの)」と名付けました。今回、3人目も同じように家で育てている植物から、と思い、その時ベランダで育てていたのは、月の皇子の他に、柊とネギくらいで、さすがにネギは使えないので、柊を使った名前をいくつか考えた中から選びました。(とりぃ さん)
写真柊矢 (しゅうや) くん
姉が春生まれで小春なので、弟も冬らしい名前がいいと思いました。柊の字は「悪いものから守る」という意味があるらしいので、姉や友達を守ってくれるような優しく力強い子になってほしいと願い、この名前に決めました。(すなふきん さん)
写真俊 (しゅん) くん
パパが妊娠初期の頃から考えてくれた名前です!生まれるまで、決まらず、出産して3人になって「俊」1文字にしようと決めました。「誰よりも優れた人」になるように…とつけました。(けぇこ さん)
写真駿 (しゅん) くん
ひらがなで書くと、丸い感じで、優しい子に育って欲しいという願いを込めました。あとから気づいたのですが、偶然、両親の名前が一文字ずつ入っていました。漢字は、駿馬のように颯爽としたイメージを持って決めました。画数も良い、ということで決定しました!(タンタカタン さん)
写真旬 (しゅん) くん
何歳になっても「旬」の人であってほしいという願いからつけました。(なつぽん さん)
写真隼 (しゅん) くん
呼びやすい名前が良かったのと、2人のお姉ちゃんが居るので女の子に負けない強いかっこいぃ男らしい子に育って欲しいという想いを込めて字画も調べてこの名前にしました。(shun mama さん)
写真潤 (じゅん) くん
心にゆとりを持った子になるように・・・(ミラクル さん)
写真潤 (じゅん) くん
6月生まれだから(さわさわ さん)
写真駿生 (しゅんき) くん
主人が好きで絶対使いたかった漢字「駿」。出産前は、候補はあがるもののなかなか決まらなかったのですが、予定日1ヵ月前に破水し、緊急帝王切開で生まれたのに元気いっぱいで保育器にも入らなかった我が子の生命力の強さを感じ、「駿生」と名付けました。(どきんちゃん さん)
写真俊介 (しゅんすけ) くん
出産予定日が私の誕生日の次の日、2月24日でした。一日早くなると一緒の誕生日。2日早くなると22年2月22日のすごいぞろ目の誕生日。いつになるかな~と楽しみにしていましたが、結局おなかの中の居心地が良いようで、ギリギリ2月末になりました。3月の声を聞く直前なので、春の足音が聞こえてきそうな(しゅん)の音を貰い、やさしく人の助けになるような子に育って欲しいと俊介と名づけました。(touko さん)
写真俊介 (しゅんすけ) くん
激動の時代において、俊敏に行動できる男になって欲しい、軽快に世界を巡って欲しいとの思いから。(とうちゃん さん)
写真峻輔 (しゅんすけ) くん
以下の二点から決めました。(1)夫の趣味が登山で、山にまつわる峻という字が読みも意味もいいから(2)呼びやすく親しみやすい名前だから (よっこ さん)
写真駿汰 (しゅんた) くん
男の子だったので、とにかく元気で活発な子に育ってほしくて、字画と響きで決めました。周りからは、2月22日生まれ(ちなみに午前2時2分)だったので「~二」と名付けるのを期待されていましたが…(笑)(もにゃん さん)
写真駿汰 (しゅんた) くん
お兄ちゃんも最後に「た」がつくのでそれにあわせたく、響きと字、字画で選び、家族みんなが気に入った名前をつけました。(かいじゅう しゅんた さん)
写真惇太 (じゅんだい) くん
姓名判断の画数と読みから選びました。「太」はお兄ちゃんからもらいました。(えのこ さん)
写真淳之介 (じゅんのすけ) くん
旦那さんが、男の子が生まれたら自分の名前に入ってる「淳」の字を使いたいと言ったからです。でも少々ややこしくて病院で子供の名前を聞かれた時に旦那さんの名前を言ってしまいました(笑)(ユミジュンノスケ さん)
写真純之佑 (じゅんのすけ) くん
旦那と私、両方の実姉の子供が偶然にも「純空」と「愛純」で「純」の字を使っていたので、兄弟のように仲良くなって欲しいと願いをこめて純之佑と名付けました(masato さん)
写真俊磨 (しゅんま) くん
画数にこだわってつけました。予約で三ヶ月待ちの有名な占い師さんにいくつかの良い画数を教えてもらい、さらに名付け本やネットでも調べ、雑誌の名付けサービスも利用し、その中で一番良い画数にしました。それに響きが気に入った漢字を当てはめ、悩んで悩んで、結局名前が決まったのは出生届の提出期限ぎりぎりでした。俊磨の磨が変わっているといわれるのですがたまたま兄の子供も名前に磨が付くので今度妹が結婚して子供授かったら磨を付けようということになっています。(しゅんま さん)
写真晟 (じょう) くん
深い意味はありません・・・(>-<)いくつか候補を出して画数で決めました。(コロン さん)
写真彰一 (しょういち) くん
夫の祖父(息子からいうと曾お祖父さん)が「しょうじ」だったので、お名前の読みをもらって「しょういち」になりました。漢字は苗字とのバランスと書道で本人が書きやすいように、立つに早いにひげみっつ!の池上彰さん「彰」の字にしました。(ぽん吉 さん)
写真祥一朗 (しょういちろう) くん
妊娠する3ヶ月ほど前から、主人のお父さんが男の赤ちゃんをあやす夢を何度も見ていたらしく、妊娠を報告すると男の子に違いないと断言。しかも名前をはっきり覚えていて、もし男の子だったらその名前にしようと決定。結果見事男の子でありがたくお父さんが夢で見た名前をつけさせてもらいました。(ちえぞう さん)
写真将吾 (しょうご) くん
将の漢字は将軍などに使われていて、男の子なので強く育ってほしい…と、この字を使いました。(トト吉 さん)
写真将吾 (しょうご) くん
名字が難しい為、今風の一目で読めなさそうな名前は辞めて昔みたいな感じだけど「将」の漢字はパッと見た目も格好良くて使いたいと思っていて、「将軍」など強そうなイメージを勝手に持っていたため夫婦で字画等調べ、下に「吾」を付けたら良かったので決めました☆ 今では強そうにでっかく育っています♪(夏・将ママ さん)
写真昇悟 (しょうご) くん
4人目が産まれた時、まだ名前が決まっていませんでした。一番上の子は夫が、二番目三番目は上の子が読みを考え、漢字を夫が決めました。名付けを夫と子どもに任せたのは、出産を身近に感じて欲しかったからなのですが、4人目はきっとこれが最後、私も名付けに参加したいとじわじわ考えていました。ちょうど夫も忙しく上の子も決めきれない様子だったので、産後入院中にひらめいた「しょうご」という名前に決めました。私が妊娠中、名付けに関して何も言わなかったのに強い口調で「しょうごにしたい、イヤしょうごにします!」と宣言したので夫はビックリしてあわてて他の名前を考え始めたようで、あれやこれやと次々に提案してきましたがなぜかふと思いついた「しょうご」という名前を諦めきれず粘り勝ちしました。姓名判断が気になる夫もなんとか納得する字画の漢字を見つけて生後14日目でなんとか無事出生届を提出しました。初めて自分で考えた名前の息子、かわいいです!(もちろん上の子たちも変わりなくかわいいですが名前に関しては特別な感じです。)(あちょ さん)
写真祥吾 (しょうご) くん
音から決めました。○君、○ちゃん、○○(呼び捨て?)と、誰でも呼びやすい名前にしたかったこと、クラスで同じ名前がかぶらないけど、あまりかわった名前じゃないにこだわりました。漢字に関しては、画数と見た目!祥…ハピネスの意味も気に入ってます!(エムママ さん)
写真翔悟 (しょうご) くん
自由な人生を歩んでほしいことから、翔悟と名付けました。(りさ さん)
写真翔誠 (しょうせい) くん
主人の亡くなった弟サンから字をもらいました。とても友達も多く誠実なかただったそうです。そんな弟サンの字をもらい自分の考えをしっかりもってイロンナことに挑戦してもらいたいという願いを込めて翔誠と命名しました(⌒‐⌒)(ちょろ松 さん)
写真翔太 (しょうた) くん
住んでいるマンションの上にしょうたクンと言う中学生が居て毎日のようにマンションの下から「しょうたー!しょうたー!遊ぼうぜ!」と友達が呼び出すのに叫んでいたのを聞いていて洗脳されてしまいました(笑)そのうち「翔太」と言う名前が気に入り付けてしまいました(-ロ-;)ちなみに名前の漢字は違います!(しょうたんまま さん)
写真翔太 (しょうた) くん
嵐の櫻井くんみたぃに元気で明るい子&字画が良かったので(ミクロ隊長 さん)
写真翔太 (しょうた) くん
名前を決める時ママの候補は1つでした。パパの候補も1つで、「翔」今まで話あった事もなかったのに偶然にも一緒でした。ママは空が好きで空をイメージして「翔」パパは外国人にも発音してもらいやすくBIGになりそうなイメージで「翔」。翔太の「太」は心も体も大きく育ちますようにと気持ちも込めパパの名前から1字もらいました。「翔」→「ショウ」→「SHOW」→「見せる」→「魅せる」「大きく羽ばたき世界に通用する魅せる男になって欲しい」という気持ちで名付けました。「翔太」という名前は珍しい名前が多い今では「普通だね」って思われやすい名前ですがパパとママの気持ちが詰まった名前です。(mi★ さん)
写真翔大 (しょうた) くん
名前を考えてる時に旦那の両親から「うちはみんな名前の総画32画」と言われ自動的に総画が32画と決まってしまい、毎日色々調べて考えた名前を伝えたら「この漢字はこっちの漢字にしてもう一つの漢字はパパ(旦那)の漢字を取ってこれでいいだろ」とせっかく決めた漢字を替えられてしまいました。でもその漢字は以前から付けたくなかったので最初から考え、直されにくく爽やかな名前にしました。(ほかにゃん さん)
写真匠平 (しょうへい) くん
新婚旅行でいった別府温泉山地獄にいたカバの名前が昭平(しょうへい)でした元々動物が大好きだったこともあり愛くるしくて名前を呼び掛けているうちに苗字との語呂があうねと二人で盛り上がってましたその後すぐに妊娠がわかり「しょうへい」と呼び掛けているうちに他の名前が考えられなくなってきたところ男の子だとわかり決定しました自分らしく何か特技(技術)を身につけて自分の力で生きていけるようにと匠の字を、誰にでも穏やかに接することが出来るようにと平の字を選びました(りょうこ34 さん)
写真奨眞 (しょうま) くん
出産は、母親である私にしか出来ないことなので、名づけは、父親の子供に対する初めてのお仕事。最初は、女の子だと思って考えていましたが、唯一同行できた妊婦検診時に、あけっぴろげに性別を知ることに。あの時の超音波画像は、忘れられません。(NAO さん)
写真正磨 (しょうま) くん
2009年2月に主人の祖父が亡くなりました。祖父は誰にでも優しくて、農業一筋で真面目で家族・親戚はもちろん、近所の人達からも好かれる人でした。祖父は亡くなる数日前から元気がなかったのですが、病気を患っていた訳でなく日常生活にはなんの問題もありませんでした。ですがある日の朝起こしにいったら既に亡くなっていました。見た目では穏やかに寝ているみたいでした。祖父は御先祖様を大事にする人だったので、いずれこの家を継ぐ私達の子供を見たかったと思います。私達も子供は欲しいと思っていたので、いずれは曾孫を見せてあげられると思っていました。祖父が亡くなる三ヶ月前くらいから真剣に子供を作ろうと考えていましたが、実際授かったのは数ヶ月たってからでした。そして予定日は2月。偶然にも祖父の命日と数日違いでした。初産だったので予定日より遅れるんじゃないかと予想してましたが、命日も近いということで赤ちゃんが男の子と分かったときに、祖父から名前をもらおうと主人と話していました。そして出産。予定日近くなっても出産の兆候が見られなかったので、多分遅れるだろうと思ってました。それが日付が変わった夜中2時、不意に目が覚めたのでトイレに行こうとしたら突然破水したのです。慌てて病院に行き、それから約16時間後に無事出産しました。私にとっては長く辛い時間でしたが、助産師さんには安産だったと言われました。結局、祖父の命日に生まれたのです。赤ちゃんの名前は祖父の名前から正の字をもらうことだけ決めていましたが、祖父のような人に育ってほしいという願いも込めて、正しい道を磨いてほしいということで正磨と名付けました。このことを祖母が何より喜んでくれました。祖父が亡くなってから寂しそうでしたが、これからはまた家族が増え祖父の生まれ変わりのような曾孫がいることでその寂しさも少しは和らぐのではないかと思います。私としては健康で生まれてきてくれただけで最高に幸せです。これから人生色々あると思いますが、後悔のないように真っ直ぐに生きていってほしいです。(まるこ さん)
写真將真 (しょうま) くん
どうしても 主人から一文字もらって名前に入れたかったんです☆希望通り男の子で、真っ直ぐ元気に育って欲しいと思って付けました(^_^)パパと上のお姉ちゃんとこの子は月は違うけどみんな 同じ日の生まれで 自分でもびっくりです!(静羽嬉 さん)
写真翔真 (しょうま) くん
中身のそなわった子供になり、夢に向かってはばたいてほしい(でろりんこ さん)
写真翔真 (しょうま) くん
意味は大きな空のように人生を翔べる真の強い子に生きてほしいとつけました(タナッペ さん)
写真心 (じん) くん
読みは旦那様が考えて漢字は私が考えました。旦那様はどうしてもこの呼び方にしたかったらしく漢字は考えていなかったので。でも「じん」だと難しい漢字が多く当て字っぽいですが「心」の字を使うことにしました。何事も心が大事!!心根の優しい子になってほしいです。(ひーこ さん)
写真信一郎 (しんいちろう) くん
母親の名前の一文字と、初めての子供なので一郎を合わせた(さんさん さん)
写真紳一郎 (しんいちろう) くん
アナウンサーの安住紳一郎さんから頂きました。読みやすいし、気に入っています。親族、友人知人、病院や出先で評判がいいです。(はれるや さん)
写真真桜 (しんさく) くん
妊娠8ヶ月の頃、名付け本を見ていた夫が突然「よし、桜(さくら)に決定!!」。しかし、男の子なので両親や親戚から猛反対され。 かなりへこんだ夫はさんざん悩んだ挙句、「真桜」に。この子のやさしさからか、個性からか、この子のもとに人々が集まってくれるように願いを込めて。それと、日本人らしい名前に。ということで、「真ん中に咲く桜」で「しんさく」。夫は「男らしいイサギいい名前や!」と自分のひらめきを自画自賛していました。「まお」と女の子の名前にまちがえられるまでは・・・(tsuma海 さん)
写真信太 (しんた) くん
自分で選んで信じた人生を太く長く生きて欲しいから(☆しんたママ☆ さん)
写真慎太郎 (しんたろう) くん
ザ・日本男子の名前らしいものがよかった。そして旦那さんが尊敬する自分の祖父から○太郎にしたかった。○の部分は誰でも読めてあだ名がつきやすく、漢字がカッコイイということで「慎」になった。(あむる さん)
写真仁翔 (じんと) くん
現在5才の長女が生まれた時に男の子だったらと考えていた名前。いろいろな名前を考えはしましたが、心の奥底では最初から決まっていました。(かつ さん)
写真勝 (すぐる) くん
旦那の母親が、子供に「すぐる」とつけたかったみたいです。ですが、お義母さんの両親が「自分達の名前から一字とって名前をつけろ」とうるさく言われたそうで仕方なく断念...母親想いの旦那がじゃぁ自分の子につけてあげよう...と言う事でこの名前になりました。漢字は私が考えて、何にでも勝てるように...とゆう事でこれに★珍しい名前がよかったのですが、<勝>とかいて<すぐる>とは1回で読めないので私も気に入り、字画も良かったので旦那の意思を尊重してあげました♪(すぅママ さん)
写真統 (すばる) くん
「統ばる」は、集まるという意味で、古くからある日本語。友達や、幸運がたくさん集まるようにと願いました。星の「昴」も、もともとは「統ばる星」だったそう。私の星座がおうし座で、星団「すばる」があること、また息子が生まれた時期は、このすばるが綺麗に見えることも重ねています。(十二夜 さん)
写真星河 (せいが) くん
授かり婚で、7月7日の七夕に入籍しました(o^∀^o)きっかけとなった子供の名前は天の川という意味の星河にしました★☆いつまでもキラキラ輝いて欲しいデス☆三(もンちゃ さん)
写真正悟 (せいご) くん
字画にこだわり、なおかつ変な当て字や今時すぎず、ベスト10に入らないような名前を、三つ候補をあげておき、あとは赤ちゃんが生まれてから顔を見て決めようと思っていました。ところが、主人が舅と姑に候補名前を言ったら正悟と言う名前がえらく気に入られてしまい、そんなに喜ばれるなら・・・と決めました。主人の名前も一文字とっていることもあり、今となってはこれでよかったと思っています。(たんたんまーや さん)
写真清十朗 (せいじゅうろう) くん
侍のように真っ直ぐとした信念を持った男の子にとの想いで幕末の武士のようなあえて古風な名前にしました。字も清らかプラス朗らかと明るいイメージで(笑)(ゆめこだん さん)
写真誠志郎 (せいしろう) くん
次男の名前ということでなかなか決まらず、パパが名付けの本を3冊も買ってきて、画数を念入りに調べました。今風でなく、書きやすく、誰でも読める名前ということで決まりました。(りんまる さん)
写真誠二郎 (せいじろう) くん
長男は、おおらかでのびのびとしたイメージと男の子らしい力強さを願って「航太郎(こうたろう)」と名づけました。次に生まれたこの子も、お兄ちゃんとおなじ「○○郎」という名前にしたいと思い、誠実でまっすぐな道を歩んで欲しいという願いも込めてこの名前にしました。(マティコ さん)
写真惺真 (せいま) くん
知り合った高校生の時から【星☆】が大好きなパパ。名前にどうしても星を入れたいというので、名付け本を色々読んでいたところ、【惺】という字を発見! しかも、意味は‥【心が澄んだ、賢い、etc.】。 私は、誘惑の多いこの世の中、芯の強い子になって欲しかった為、【心】と【星】が入って、【心の澄んだ】という意味のこもったこの字に運命を感じました。 あとは、【星に照らされた道を芯強く、澄んだ心で真っ直ぐ進んでいってほしい】という想いを込めて、【惺真】を第一候補に決めました。 ただ、惺という字が普段使わない字の為、人に伝えにくいこと等からちょっと悩んでもいたので、産まれてきた子の顔を見て決めよう!とその日を心待ちにしていた誕生の前日。 出掛け先から帰ってきた夜、ちょうど空を見上げると、偶然にも流れ星☆☆彡 思わず、《元気に産まれてきてね》とお願い。 その瞬間、やっぱり【星】はつけないと!と思いました。そして次の日夕方から陣痛が始まり、その日中に元気に産まれてきてくれました♪ 予定日より早かった為、主人は仕事で立ち会えませんでしたが、次の日駆け付け、顔を見て、やっぱり【惺真】に決まりました! 名前に込めた想い☆いつか惺真に喜んでもらえると嬉しいです。(せいくんママ さん)
写真誠哉 (せいや) くん
今岡誠から誠をもらい哉はなんとなく(セイヤ さん)
写真惺陽 (せいや) くん
念願の子供を授かり、しかも双子だったので、二人合わせてひとつの言葉になる様な名前にしたかった。太陽のように周りを明るくして、いつまでも二人仲良く元気いっぱい育ってくれるように願いを込めました。(太惺、惺陽)(太陽 さん)
写真清琉 (せいりゅう) くん
清は旦那の名前の一文字を取り琉は沖縄生まれなのであえて昔の琉球の「琉」を取りました。(なち さん)
写真惺南 (せな) くん
7月は夏の星座が美しく輝く季節なので、星という字が入った漢字を付けたいな、と考えていたところ、新婚旅行でオーストラリアのエアーズロックで見た南十字星がとてもきれいだったことを思い出して、それをイメージして付けました。 (ポチョムキン さん)
写真惺絆 (せな) くん
★惺絆★名前に込めた願いは、「惺」…澄んでいて晴々している 「絆」…絶てぬ関係、素直で心が澄んだように綺麗な子に育って、信頼できる家族のような友達を作って生きていってほしい!キラキラ1番輝く子になってほしくて、私がどうしても「星」を付けたかったんです。でも「星」だけでは画数が悪かったので、諦めようとしてたら、旦那が「惺」があるよ!と探してくれた時はとても嬉しかったです。旦那は友達や家族はもちろん、1人1人との出会いをとても大切にする人なので、「絆」に決めました。さらに旦那が調べた所「惺絆」だと画数がかなりよく、2人で興奮してました(笑)2人で考えて願いを込めた名前…息子に伝わってるといいな♪(みゆ さん)
写真晟名 (せな) くん
予定日が7月7日の七夕でした。妊娠中も[スター]って呼んでたしなんかロマンチックだし七夕にからめたくて[7=ナナ=セブン]ってゆう頭文字の組み合わせがきっかけでした(笑)[セ]の漢字で当初これまた七夕にちなんで[星]の字をつけたかったのですが画数が良くなくそこで[晟]の字を提案して頂いて、見たこともなかった漢字だったので調べたら[お日様の下で成長する]という意味のなんともステキな漢字!!!一目惚れして決定しました☆☆(サコJr. さん)
写真奏亜 (そうあ) くん
パパが音楽してるので、「奏」を使った名前をつけたくて字画などを考えてつけました。(のりのりのっち さん)
写真奏雅 (そうが) くん
夫婦ともに音楽(クラシック)が好き。長男・長女とも音楽にちなんだ名前をつけました。次男も同じように・・・と考え、各国の音楽用語を調べたり、音楽に関係のある漢字を探したり。なかなかこれというものが決まらないまま月日は過ぎて、ある日二人ほぼ同時に「そうちゃん」という呼び名をつぶやきました。いくつか候補があがりましたが、ストレートに「奏でる」から「奏」の字をとり、長男と「雅」で揃えました。響きも字の持つ雰囲気もとても気に入っています。(ぷうみん さん)
写真奏輝 (そうき) くん
旦那が新鮮組の沖田総司が好きで総司とつけたかったんですが友達の名前と被るため「そうき」にしました漢字は姓名判断で最高の配列だった為です(ばっち さん)
写真奏輝 (そうき) くん
新選組の沖田総司と付けたかったんですが同じ名前のお友達がいたのでそうきにしました漢字は姓名判断で全てにおいて一番良かった漢字をあてました(そうちゃん さん)
写真蒼梧 (そうご) くん
名前を考えている時期がサッカーのワールドカップの時期で、「蒼」いいよね~。と話していました。それと、「梧(アオギリ)」街路樹とかの普通の木だけど、原爆にも負けない強い木で、鳳凰の止まり木っていわれていてすごい。そんなふうになってくれたらとおもい、蒼梧にしました。のちに調べたら「蒼梧」でアオギリと言う意味にもなるとか。画数もまあまあよく、お姉ちゃんの葉月佳(はなか)の時にイメージした自然と草木にも当てはまりバッチリ!の名前かな。(かねごん55 さん)
写真蒼史 (そうし) くん
妊娠に気がついたのは、昨年の12月。7人目の妊娠。6人目の出産で癒着胎盤、大量出血をし、危ない状態になったので、次の妊娠はしないように気をつけていました。数年前に主人の事業の関係から、多額の借金を背負い、死に物狂いで2人で働いてようやく完済したのが、10月。これから子供の為に貯蓄を、という矢先でもありました。この2つの問題から、産むか産まないか、主人と2人で連日連夜話し合いが続きました。とりあえず、前回の出産のときに問題があったことから、産んでも大丈夫なのか確認しに産婦人科へ。待合室で待っている間、2階の病棟から、産まれたばかりの赤ちゃんの泣き声が聞こえました。そのとき、私は心から産みたいと思い、主人に伝えました。「子供たちを産んできたこの病院は、良い思い出の場所。でも赤ちゃんの命を亡くす選択をすれば、嫌な思い出の場所に変わってしまう」と。そうして私達は産む決断をしました。8月が予定日なので、木々が生い茂る時期…1度は自ら失う決断をしてしまうかもしれなかった命。少しでも迷ったことを後悔し、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。だから、蒼々と葉っぱを繁らせる強い木のように、歴史を紡いでいってほしいと、蒼史と決めました。(陸奥 さん)
写真蒼史 (そうし) くん
七夕生まれですので七夕の空の色のイメージ“蒼”から。またサッカーワールドカップ中で日本代表の蒼い戦士の“蒼”とも重なったので。(はとこ さん)
写真創士 (そうじ) くん
陣痛中に低酸素状態になり重度の仮死状態で生まれた息子。そんな大変な思いをして頑張って生まれて来てくれたので、一度きりの人生を思いきり有意義に生きて欲しいと願いました。多くのことにチャレンジし、自分の道を創っていって欲しい、優しく男らしく育って欲しいという思いから、創士と名付けました。(ちいさん3 さん)
写真蒼司 (そうじ) くん
蒼という字に一目惚れし、旦那さんと決めました。(あじ さん)
写真聡司郎 (そうじろう) くん
我が家の長男として生まれてきた聡司郎。しかし、実は次男なんです。初めて妊娠した子は妊娠8ヶ月で天使になってしまいました。その後再び妊娠。妊娠中は切迫早産だと診断を受けたり大変な時期が続きましたが、お腹をなでながら「この子を守ってね、お兄ちゃん」と声をかけ続け、無事に元気な弟が生まれました。生まれた赤ちゃんを見ながら、「お兄ちゃんが守ってくれたね、やっぱり我が家にとっては次男だね」と主人と話し、名前に次男の要素を入れたい、となりました。そこで、私の名前の一字「聡」を入れ、読みを「そうじろう」としました。思慮深く、堅実であってほしい願いとともに、一人で生まれてきたのではなく兄に守られているんだ、という意味も込められています。(みぃみぃ さん)
写真聡次郎 (そうじろう) くん
聡→聡明な男の子になってほしかったから次郎→次男なので(なちゅまま さん)
写真聡介 (そうすけ) くん
男の子と分かってもなかなか名前が決まらずにいた妊娠後期。名前は一生ものだからと本当に悩んでいました。そんな時、テレビのロードショーであったのがジブリの某映画(笑)その映画が大好きで、母である私はその映画の主人公に似ていたということもあって(笑)《聡介》にしました。その映画を見る何日か前に母から「そうすけってどう?」と聞かれていて…運命感じました(笑)響きもよくてすぐこれにしようと決めました。聡介の聡は聡明で賢く!理解力や判断力が優れますように。聡介の介は介入から。人と人との間に介入していける子に。そして人を介護、助けてあげれる子に…そう思ってつけました。本当に気に入った名前で、あの時提案してくれた母や偶然あったあの映画に感謝です。(やえまま さん)
写真湊祐 (そうすけ) くん
★崖の上のポニョに出てくる宗介のように、優しい子になってほしい★「湊」はみなとだから、いい仲間が集まってくるように(ゆう さん)
写真湊祐 (そうすけ) くん
出産前、主人、私、長男(2歳)がそれぞれ1つずつ名前を出し合っていました。どれもいい名前でしたので、この候補の中から最終顔を見て決めようと言うことに。でも、産まれて来た息子は、癒し系の長男とは全く違い、活発でグングン外に羽ばたくような印象を受けました。候補の名前はどれもが当てはまらず、主人と一から考え直すことに…。長男が「太陽」をイメージした名前でしたので、次男には「水」をイメージした名前をつけたいというこだわりだけは捨てられず、主人といろいろ考えた結果、「世界中の人が集まる場所で、助け合える人になって欲しい」と言う意味を込めて「湊祐」と名付けました。読み方が「ポニョ」に出てくる優しい「そうすけ君」と被っているのも決め手でした(o~-’)b長男は自分の考えていた名前と違うことに、少し躊躇していたため、可哀想にも思いましたが、次男が一生使う名前なので、この名前に決めました。今は長男も気に入ってくれたようで、「そうちゃん~」ととても可愛がってくれています。妥協せず、いい名前がプレゼント出来て本当に良かったです。(ゆうこ さん)
写真颯佑 (そうすけ) くん
今年の夏に双子の男の子を出産しました。切迫早産の為、長期入院していましたが二人とも無事に産まれてくれました。お兄ちゃんが昊誠、弟が颯佑と名付けました。昊誠の[昊]の字は青い空、明るさを意味するそうです。この夏空のように青く澄んで真心をもった男になってほしいと付けました。颯佑の[颯]も清々しい様子から気に入った為、颯佑のまわりにいつもいい風が吹きますようにと祈って付けました。双子なので似たような名前に…ともおもいましたが、双子とはいえそれぞれ個性もあるだろうとパパと考えました。呼び方は違っているけど、空と風の意味を持つ名前ですので、いつまでも二人は元気に仲良く育ってほしいです。(昊誠、颯佑)(アロハママ さん)
写真奏生 (そうせい) くん
父親はピアノ&チェロを、母親はマンドリンを趣味とし、音楽が大好きな両親から産まれた待望の長男。「奏」という字は必ずつけよう、と夫婦で決めていました。「一生を素敵なメロディを奏でながら、歩んでいって欲しい」という願いを込めて、奏生と名づけました。「ソーセージ」といじめられないかな?と少し不安もありますが、そんなことも乗り越えられる強い子に育って欲しいです。 (むうちゃん さん)
写真奏多 (そうた) くん
苗字と名前で上から読んでも、下から読んでも同じにしようと夫が言い出して、将来いじめられそうだし、私は大反対。結局、夫が考えた名前の読みを変えて、一件落着。3歳の娘にも、どっちの読み方にする?といつも聞いていたので、今でも時々、名前を間違えます。(narumi さん)
写真奏太 (そうた) くん
エコーで男の子と判明し、男の子らしくて誰でも読める漢字がいいと思っていました。字画もそんなに悪くなかったので、主人がバンドでドラムをしているという理由で「太鼓を奏でる」から奏太(そうた)になりました。(makumaku さん)
写真奏太 (そうた) くん
奏でる様に太く生きてほしい。(せきねま さん)
写真想太 (そうた) くん
第2子はパパに名前をつけてもらおうとパパが考えてきたのが「想太」でした。閃きで「そうた」がいいと思ったそうです。次に漢字を考えると、「颯太」や「蒼太」はよくつけられると言う事で「想太」にしたそうです。意味は「太陽のように大きな思いやりの心、考えを持った人に育って欲しい」と込めて。今は、「想太」と言う名前がとても気に入り、元気に育っています。(ゆめママ さん)
写真蒼太 (そうた) くん
パパが逞しく育つように「太」を使った3文字を希望していて、優しそうな響きの「そうた」が最終候補に残りました。名字と名前の漢字の組み合わせをいろいろ調べて、思いやりがあって優しく爽やかな子になるように、とママが願いを込めて「蒼太」と漢字を決めました。(あんぱんまん☆ さん)
写真蒼太 (そうた) くん
候補の中から親戚の多数決で(笑)(マフィン さん)
写真颯太 (そうた) くん
生命判断ですごく名字とあってたのと、響きが良かったから。(ふーこ さん)
写真颯汰 (そうた) くん
性別が男の子とわかった時に旦那が一番最初に「そうた」という名前がいい!という案を出して、そのあと出産までに色々候補はでましたが、やはり最終的に「そうた」という名前で落ち着きました。漢字は、さわやかで勇ましい、男らしい子に育ってほしいという願いから「颯汰」という漢字に決めました★(ミサト さん)
写真蒼大 (そうだい) くん
子供がまだ三ヶ月の時、首の後ろに2、5ミリの浮腫が見え、成長後消えたものの、先天性異常や心臓の機能が心配され、妊娠中は毎日不安と闘いながら、ただ子供が健康であることを祈っていました。優秀な子でなくとも、ただ元気でのびのびと育って欲しいとの願いから、蒼天の空に大きく伸びる木のように育て、との願いから付けました。調べてみると画数からも健康運が良いようでした。産まれた男の子は、幸い3500グラムと大きく、心配された病状もなく、よく飲みよく寝ている健康な赤ちゃんですo(^-^)oこれからも、元気に大きく育って欲しいと願います。(ますみ さん)
写真奏太郎 (そうたろう) くん
私たち2人とも、音楽が大好きで、パパは今でも音楽活動をしています。結婚する前から、将来結婚して子供ができたら音楽に関係する字を使いたいね♪と話していました。性別がわかり、すぐこの名前に決まりました!!(アリエル さん)
写真聡太郎 (そうたろう) くん
主人と私の相性が長続きする子供の名前がサ行が花丸ということと、夏生まれなので爽やかさ、主人が「太」を入れたい、私が「聡明」という字が好きということで。聡太と聡太郎で迷い、最後は産まれた顔をみて決めました。日本男児って感じの表情だったので、聡太郎となりました。(桃太郎 さん)
写真蒼太郎 (そうたろう) くん
「呼びかけやすく、漢字も読みやすく、男の子らしい名前にしたい」と「太郎」をつけた3文字の名前にしたいね、と旦那と話していました。どんな呼び名がいいか探していたところ、ふと思いついたのが「そうたろう」でした。私が結婚以前から使っているハンドルネームが「そー」だったので、「そーたろう」と口にだしてみたらスッキリ。旦那と知り合った当初も「そーさん」と呼ばれていたし、私の名前をあげたような気もしますが(笑)なんとなくなじみがよかったので。漢字は「そう」と読む字から、旦那が「蒼って、モンゴルの大草原のような爽やかなイメージがいいよ」と選んでつけました。(そー さん)
写真颯太朗 (そうたろう) くん
旦那が太朗をつけたがって、好きな颯と字を私がつけました。(きく さん)
写真宗宙 (そうま) くん
夜中の2時まで考えました壮大な人物になってほしいのと、「宗」は中心という意味があり「宙」は宇宙全体を意味しますので、世界の中心的人物になってほしいと願いを込めてつけました。(Sunmoon さん)
写真壮馬 (そうま) くん
「壮」は、男なら小さい事をクヨクヨしない、「壮大な・器の大きい男」になって欲しくてママが…「馬」は、パパ念願の男の子で、サッカーをやって来たパパが一緒にやれるように「馬のように、足の速い男」になって欲しくて、パパが……二人の願いを込めて「壮馬」にしました。(さちりん♪ さん)
写真蒼真 (そうま) くん
予定日が2月末だったので、春らしく清々しいイメージで「蒼」を付けました。それと龍馬ブームにチョイ乗りで「○○ま」に。漢字は「馬」でなくて、男らしく真っ直ぐで嘘をつかない人になってほしくて「真」にしました。読み「そうま」は少ないと思ってたら、名付けランク上位にあって、あとで主人とビックリしました。(ばうたん さん)
写真蒼天 (そうま) くん
蒼天は広大な青空をイメージしてます。空より高い天みたいに澄み切った感じでパパが考えてくれました。ホントは眞にしようかなと考えてましたが…?(そうまママ さん)
写真颯真 (そうま) くん
以前からそうまと言う名前の響きが好きで男の子とわかった瞬間夫婦で即決、字画も一番良いのを調べて颯真になりました。(ユンユン さん)
写真颯真 (そうま) くん
とにかく「爽やか」なイケメンになって欲しくて(笑)そんなイメージの名前、漢字を使いました。(はるるん さん)
写真颯馬 (そうま) くん
はじめに音の響きでかっこいいものに決めました(笑)次に字画や苗字とのバランスも考えながら爽やかでたくましい子になって欲しい気持ちを込めて《颯馬》と名づけました。(トモ吉 さん)
写真颯琉 (そうる) くん
パパは妊娠がわかった時点で魂と書いて「そうる」って決めてたみたい。だけど字画も良くないし名前負けしたら可哀想ということになり、読みは残してママが漢字を決めました。みんなはママが韓国大好きなのを知ってるのでそれで「そうる」?とよく言われます。(さき さん)
写真奏和 (そうわ) くん
奏…ハーモニー(人間関係、環境などとの調和)を大切にする心を持ってほしい和…日本人としての誇り、和の心を大切にしてほしいと願ってジジ和夫ババ和美の一字をとって。(さな さん)
写真空良 (そら) くん
主人も私も女の子が欲しくて最初から女の子の名前しか考えていませんでした。しかし男の子とわかっていろいろ候補はあがるもののどれもピンとこないまま臨月まできてしまい…結局私の好きなゲームの主人公からとって「そら」に。漢字は画数を調べて一番いい「空良」にしました。妊娠中から候補があがる度にその名前で呼び掛けていたのできっとこの子混乱してるよ…なんて話してました。でも産まれてきて顔を見た瞬間「空良くん」と自然に口から出て、この名前でよかったと思いました。(めぇ さん)
写真青空 (そら) くん
最初は爽楽(ソラ)と付けたくて、姓名判断をしてもらうとあまりよくないと言われてしまいました。でも、主人とそらって言葉の響き良いね~、そらって呼びたいね、と話し、そこから青空のように広い心を持った子に育ってほしいという思いを込めて付けました。姓名判断もOKでした。(やよちゃん さん)
写真奏良 (そら) くん
里帰り中、旦那に逢いたくなって自宅に戻った日の空が印象的だったので。雲一つない青空に真っすぐなひこうき雲が一本。私の実家が画数を気にするので、漢字は画数を考えて決めた。(ゆうころ さん)
写真蒼空 (そら) くん
苗字の響きが少し固い為柔らかい響きの名前にしたかったこと。広く大きく育っていってほしいと願いを込めて。ちなみに蒼空が生まれたのは朝6時。その日は名前の通り蒼空が広がっており快晴でした。(ミニゾエ さん)
写真蒼空 (そら) くん
青空のように“みんなを見守る広い心”を持ってほしい。そして、“みんなに愛されるように”と思い、名付けました。性別が判明する前から、主人と「空、そら」のついた名前にしたいと話していました。(はな さん)
写真蒼天 (そら) くん
夏生まれなので、青い夏空をイメージした名前にしたく、でもまだ性別がわからなくて男女どちらでもいいように「そら」とつけました。で、性別は男の子☆お兄ちゃんが「莉央」と言う漢字なので、兄弟で同じような形の漢字にしたくて草冠と大を共通にした「蒼天」にしました☆共通点があるからか、仲良し兄弟です♪(ベリたん さん)
写真宙 (そら) くん
旦那と旦那のお母さんの思いつきで「そら」に決まりましたV(^^)Vでも、その後漢字がなかなか決まらず画数の本など買って見てみましたが「そら」の中で1番良い字は「宇」だったみたいで旦那は「宇」が良いと言っていたのですが苗字と名前を書いた時に合わないと思い反対して「宙」にしました。その後、旦那の祖母が「宙」は画数が悪いからダメだとか言ってましたがもう出生届も出したので変えられないしって、感じです★笑画数とか結局気にせずに決めましたが‥元気にさえ育ってくれれば良いと私は思ってます(^^)(あーやん★ さん)
写真宙 (そら) くん
お腹にいる時から男の子とわかってたけど、旦那が女の子を期待してて、女の子が産まれても大丈夫なように「そら」とだけ決めてました。いざ産んだらやっぱり男の子(笑)読みはそのまま生かして漢字は宇宙飛行士のような凄い人物になってほしいという事と、宝塚ファンとして宙組からいただきました。(サエ さん)
写真昊 (そら) くん
旦那も私も小中学校、高校の入学式も卒業式も雨という雨男&雨女。昊をお腹に授かってからはここぞという旅行や行事で時は天気予報が雨の時も晴れ!嵐のような荒れた天気という予報でも風が少し強いくらいの晴れと青空がみえることばかりでした。そこで、この子は晴れ男にちがいないと6月生まれの息子を「高く澄んだ空。明るい夏空」という意味をもつ「昊」という漢字でそらと名付けました。ちなみに、昊が産まれて、産院から退院する予定の日は雨だったのですが、前日急に退院が2日ほど延期になり退院の日にはばっちり晴れました♪(あーか さん)
写真昊 (そら) くん
私たち夫婦が夏が好きで、夏の大空の意味を持つ「昊」に即決しました。夏の大空のように大きな気持ちを持ち、強く、優しい子になるようにとつけました。(sora さん)
写真空翔 (そらと) くん
パパは響きで、ママは空のように広い心を持った優しい子になりますようにと名づけました。(そらぽ さん)

 

2010年赤ちゃんの名前ランキング

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る