母子健康手帳のもらい方

12

母子手帳の正式名称は母子健康手帳と言います。今回は、母子健康手帳のもらい方についてまとめました。

 

 

母子健康手帳って何?

妊娠・出産・産後の経過を記録し、生まれてきた赤ちゃんの健康状態、発育の記録、予防接種の履歴などを残していく手帳です。妊娠中から小学校入学ごろまで使いますので、大切に保管しましょう。

 

 

いつもらう?

母子健康手帳は、健診を受けている産院から用意するようにと言われてからもらいにいっても遅くはありません。多くの産院では、胎児の心拍が確認された後に、母子健康手帳をもらってくるように伝えていることが多いです。

 

 

どこで、どうやってもらう?

自分が現在住んでいる市区町村の役所や保健所などに行き、「妊娠届」を提出すると、母子健康手帳を交付してもらえます。場合によっては、印鑑や身分証明書、産院の証明書などが必要なこともあるので事前に確認をしておきましょう。また、妊婦さん本人でなくても、代理人でも交付してもらえます。ただし、その場合は委任状などが必要になることがあるので、こちらも事前に確認しておきましょう。

 

こんなことを確認しておきましょう

  • ・交付窓口
  • ・交付時間
  • ・交付に必要なもの

 

役所のHPで事前に妊娠届けをダウンロードすることができる自治体もあります。また、母子健康手帳の交付時にマタニティ相談などがあったりなど時間がかかる場合もあります。

 

 

もらったあとは?

母子健康手帳をもらったら「自分で記入しましょう」と書いてあるページがあので、身長や妊娠前の体重、氏名、これまでの妊娠歴、飲んでいる薬、緊急連絡先などの欄を必ずうめておきましょう。これらは緊急時に救急隊や病院のスタッフが内容を確認して適切に診断するための重要な情報となります。分娩予定日は特に重要なので、主治医から分娩予定日を伝えられたら必ず記入し、外出するときはマタニティマークと一緒に24時間携帯するようにしてください。

 

いつも自分が話せる状態にあるとは限りません。母子健康手帳は必要な産科情報が載ったカルテなので、いつでも提示できるようにしておいてください。

 

 


私はどこでもらえばいいの?

リンク集で自治体HPをチェック>>

 

 

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。


経歴

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


2018/09/12

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
12

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。