基礎体温の体験談

15

年齢的に高齢初産になる為、いざ子作りしよう!!ってなった時に子供が出来にくいだろうなと基礎体温を付けていました。  仕事柄、重い物を運んだり、立ったりしゃがんだり、よく動くので心配でしたし。    ある時高温期が2週間目に突入して、あれ?と。  元々生理不順だから遅れる事はしょっちゅうだけど、予定より1週間遅れているし検査薬してみよう!と。  バッチリ陽性でした。  翌日病院へ行き確定。  小さめとの事で、中々大きくならず…ただ、早めに分かって良かったです。  超早産になってしまいましたが、無事に元気に育っているので、基礎体温付けていなかったら気付くのが遅れて出産に至らなかったかもしれません。

れい さん

 

 

平常時体温が低すぎて、全く変化がわからずじまい。1人目も2人目も役に立たず、体温計が無駄になってしまいました。しかし、出産は千差万別。基礎体温ってなんだろうと思う今日この頃です。

ぽんぽんさん

仕事しながらの妊活で、個人向けの営業だったのでストレスや疲れからか、基礎体温が安定せず結婚してからガタガタでした。妊娠する1ヶ月前から営業の担当エリア変更で引き継ぎ業務があり二人で一緒に外回りすることになった途端、ストレスが軽減されたようでくっきり二層になりました。妊活漢方薬(参茸補血丸他)が効いたのもあると思いますが、ストレスと疲れと冷えは妊活の大敵だと思いました。

りこはるママさん

子宮内膜症と子宮筋腫があり、もともと生理不順。基礎体温は行なったことがなかったが、妊活のためピルを辞めた7月とから開始。とりあえず、3ヶ月間行なってクリニックに受診しようと。最初は、バラバラだったが徐々に高温期、低温期がわから生理の開始ピルや排卵日がわかるように。わかると楽しくなる一方、排卵日が近くと旦那が風邪を引くように。イライラしてしまい。ついには、わざとなのかと思うほどに。今年の4月から単身赴任になるため早く妊娠したいと焦り、1月になり徐々に諦めるようになってきた矢先に妊娠判明。本当に、嬉しかったです。

はるさん

OMRONの基礎体温計を購入しました。  スマホのアプリと連動していて、測ったらそのままデータ転送されるので便利でした。

まりささん

妊娠を望むようになってからやっと基礎体温を記録し始めました。普通の体温と違い、朝起きてすぐ動かずに測るのはなかなか大変でした。でも、排卵検査薬だけではなかなか掴みづらい排卵のタイミングがわかるようになるので、確実にこの時期に妊娠したいというようなビジョンがある場合には、確実に基礎体温を記録して参考にすることが大切だと思います。

まゆさん

学生の頃から月経不順があり、特に強いストレスを感じると半年生理が来ないこともありました。いつか結婚して子どもを授かることが夢だったので、20歳を過ぎてからは定期的に婦人科に通っていました。経膣エコー上、多嚢胞かもしれないと言われ、基礎体温の計測を続けるように言われました。最初の頃はなかなか基礎体温の測定が面倒で習慣にならず、婦人科の先生に怒られたりもしました。そこから「自分のためにちゃんと測らなきゃ!」と意識を変え、そのうち朝起きてまず基礎体温を測ることが当たり前の日課になりました。私は夜勤のある仕事をしていましたが、「昼夜問わず4時間以上まとめて睡眠をとった後で基礎体温を測れば大丈夫だよ」と医師からのアドバイスがあり、それを実践していました。数ヶ月計測を続けていると、素人でもわかるくらい、なんとなく二層に分かれていたので月経不順に関しては様子をみて特に治療などはしませんでした。  今思い返すと、基礎体温は大学生の頃から、実際に結婚して妊娠検査薬で陽性を確認するまで、5~6年くらいは測っていました!

りょうママさん

生理周期が長く、不安定な月もあったので妊娠を考えるようになってから通院していました。病院からもまずは基礎体温を測ってもってくるようにと言われました。毎朝測るのは大変でしたが、自分の体のリズムを知るのにもいい機会になりました。二人目の時はNFCで携帯に転送できるものを使用しました。簡単に転送できるので便利でした。

かすみんさん

高い基礎体温計を買い、毎朝欠かさず、基礎体温を計りました。旅行先、帰省中でも、忘れず計るという徹底ぶり(笑)それなのに妊娠しないというストレスがありました。生理前になると、基礎体温が下がるので、気分も落ち込んでいました。一切、計るのをやめたら、朝もゆっくりできて、気持ちに余裕が持てたので、一度、やめてみることも良いかもしれません。私の場合、やめたら、妊娠できました!

ラブさん

入籍して早めに子どもが欲しかった私たち夫婦。入籍後初めて基礎体温をつけはじめました。基礎体温をつけたら自分の体の事がよく分かってとても良かったです。結果的に基礎体温をつけ始めて3ヶ月後にめでたく妊娠することが出来ました。基礎体温おすすめします。

なみぞうさん

高温期、低温期がはっきりとしていたこと。  また排卵日痛(腹痛などの体調不調)もその後の月経開始日から逆算すると排卵日が特定しやすかったこと。  この2点でしっかりと排卵日を分析。妊娠に積極的でなかった夫でしたが、この日!を狙ってすぐに妊娠することが出来ました。    排卵日はお互いに気まずい雰囲気になっていたり、セックスレス状態だったので本当に良かったです。

ぽっけさん

どうしてもすぐにこどもが欲しかった私は、なにかできることから始めようと思い、基礎体温をつけ始めた。本当に体温が少し上がったり下がったりすると実感した。生理周期も比較的安定していたので、周期と基礎体温を睨みながらタイミングを合わせたところ、3回目くらいで妊娠することができた。夫には基礎体温や生理周期などなにからなにまでオープンに話しており、夫の全面的な協力を得ることができたのが、こどもを授かった一番の要因だと思う。

DS***さん

基礎体温は比較的しっかりとした2層に別れましたが、がくんと体温が落ちた日に必ず排卵しているわけではなく2~3日の誤差があると初めて知りました。四回目のタイミング法で授かったのですが、排卵予測の日が低体温になった日とずれることがあったのです。毎月きちんと排卵しているのに、なかなか妊娠できなかったことを考えると、本当に妊娠って奇跡的なものなんだと感じました。

まなせさん

妊娠は結婚後に自然とできるかなーなんて軽く思ってました。タイミングもあまり考えていませんでしたが、周りが妊活しているのを見てから少しずつ焦るようになりました。  まずは毎日基礎体温をつけようと思っていたけれど、こんなの関係あるのかなぁ?と半信半疑で測ったり測らなかったり…。とある日不正出血があり病院へ行くと、基礎体温表を見せるように言われ、まばらなグラフを書いたら「これではわからない」と言われ、妊活だけではなく妊娠を望むためには大事なことだと思い毎日つけるように。  意外とすぐに妊娠!したかと思ったら、間も無く稽留流産。よくあることと言われあまり気にしてませんでしたが、半年後の妊娠でまた流産。よくあることでも、人によっては経験しない人もいる。なんで連続で??と悲しくなりました。  原因があってもなくても何か行動を起こそう!と不育症を疑い病院へ。大きな問題はなかったけれど血流を良くする薬を服用するように言われました。  約半年後に双子の妊娠が発覚!喜びより驚きが大きかったですが…。  妊娠はいつか、きっと、まだ若いから…という言葉もよく聞くけど、いつ妊娠するか分からないことへの焦りが増えるくらいなら、流産の原因があったかどうかはわからないけど、夫婦で話し合って行動を起こしてよかったと思います。後悔しないように。

あいえみさん

結婚して1年が経った頃、結婚式や結婚を機に変えた仕事も少し落ち着き夫婦共に子供が欲しいと思い始めました。  妊娠するために、ネットで自分なりに必要なことを調べまず第一に排卵日を予想する事が必要かと思いました。  元々生理不順であった為、毎日の基礎体温の測定が妊娠への第一歩だったと思います。今は、アプリでも楽に記録をつけれるので目が覚めたら必ず体温測定をして、大まかな排卵日の特定が大事だと思います。2ヶ月ほど毎日しっかり測定し、  生理が来る度に落ち込みましたが3ヶ月か4ヶ月後に妊娠陽性反応が出て夫婦で喜んだ事を思い出します。

つーちゃんママさん

若い頃から生理不順で無排卵だった為、基礎体温を付けていました。  基礎体温計をくわえたまま寝てしまい、何度も計り直してはウトウトして寝坊する事が度々ありました。  不妊治療中はグラフの動きに一喜一憂し、高体温が2週間も続いたので妊娠したのかと主人と期待していたら生理がきてしまい、泣きながら報告しました。  2年近くの不妊治療の末に無事出産する事が出来、基礎体温計を見る度に、寝坊しながら毎日くわえた事、グラフに一喜一憂した事、期待と不安で毎月グラフとにらめっこした事を思い出しながら、子供の笑顔に報われます。

ワジさん

生理がもともと不順ではあったのですが、基礎体温をつけてみることで、だいたいの排卵日がわかるようになりました。  たまに基礎体温を測るのも忘れてしまうこともありました。しかし、神経質になりすぎず、妊活に取り組めたことで、今回の妊娠、出産につながったのかなと思います。夫婦生活も重荷になることもなく楽しく二人の生活を満喫できました。

たゆんさん

月経期間が短くなってきたのが心配で、妊活を始める一年前から基礎体温をつけていました。シフト制の仕事の為時間がバラバラだったのですが、時間より起床前の安静状態で測ることが大切と聞き、起きてすぐ測ることだけ徹底していました。実際それでも低温期と高温期が分かれていたので排卵日の目安にはなりました。私の場合はのびおりが出始めると大体2日後が排卵日のようだとわかったので、のびおりが出た日に仲良ししたら妊娠しました。

マサキさん

ずっと基礎体温を測っていましたが、キチンとしたグラフにはなっていませんでした。検査に行かないとかなあ思ってましたが、妊娠できました。実際妊娠して病院に行った時には基礎体温のグラフは求められなかったので、妊娠したい人の体調管理に役立つものなんだなと思いました

ルイさん

第二子がなかなか授からず、基礎体温を毎日つけていました。三年間ほどつけました。
私の場合、寝起きの五分間で測ったのですが、上の子が夜中にちょくちょく起きていたせいか、結構グダグダな感じの二相になっていました。それでも一応自分なりにタイミング法を試していたのですが、奇しくも、自分では「唯一スルーしてしまった」と思っていた排卵の時に子供ができました。

ぽぽ さん

約2年前結婚するって二人の間で決めてから子供がほしいと強く思うようになりました。
まだ働いていて以前友達に話してたら基礎体温を測っていくといいと教えてもらってずっと計測してました。そんななか膀胱炎になり治療する中生理がなかったり夕食後になると不調でした。思い切って産婦人科に行ったら妊娠3か月でびっくりでした。いつもいつもおこってばかりですが元気でいてくれる1歳の娘のままです

なみな さん

自分の基礎体温の周期を知りたいと思って、結婚を機に軽い気持ちで毎朝測り始めたのですが、これがなかなか記録するのが面倒で、時間もなかったり・・・で、挫折してしまいました。そして、ドラッグストアで見つけた自動的に毎朝の体温を記録してグラフにしてくれる婦人体温計を買いました。これはおすすめ!あさ、寝ぼけまなこで体温を測ればいいだけで、自動的に記録してくれるので、ずぼらな私の強い味方でした。

あっちママ さん

結婚前からつけてました。習慣になればなんてことありません。結婚後も続き、体温表を持って婦人科に行って排卵あるか相談したりもしました。独身時代は看護師の友人にも見てもらったことがあります。彼女は生理周期が短く、排卵異常で排卵誘発剤を飲んで、生理の治療をしてました。計っていたので妊娠を知るのも早くて助かりました。

瑠璃 さん

結婚して3年目になり、そろそろ計画的に子どもを・・・と思って、基礎体温をつけだしました。初めの数ヵ月は水銀体温計で、自分でグラフに記入していたのですが、それもだんだん続かなくなり、苦痛に思えてきたので、基礎体温を記憶してくれるデジタル体温計を使い始めました。そのおかげで少しでも精神的負担がなくなったように思いました。皆さんも自分にあった無理のない方法でされるといいと思います。

ゆうこ さん

私が基礎体温を計りだしたのは結婚一年目でした。産婦人科で進められ、毎朝かかさずチェックしていました。私の場合、高温期が全くというほどなく、ホルモン剤の飲み薬と注射でバランスをとる事にしました。薬を飲むことで高温期がありましたが、なんだかダラダラとはっきりしない基礎体温…。黄体ホルモンのくずれが原因とわかり、毎日薬を飲んでいましたが、4年間続けて嫌気がさし、旦那の進めで病院を変えて気持ちを切り替えてみることにしました。

隣の県に不妊治療専門の病院があると知り、早速受診。先生に「基礎体温も薬もやめてください」と言われ唖然…。当時はすごく痩せていたので、基礎体温が乱れるのは当然と言われました。次の日から計るのをやめましたが、4年間の癖がとれず、毎朝寝起きに枕元をゴソゴソ…^_^;。しっかりと食事をとり、体重を平均にするまでに1年かかりましたが、その後妊娠。現在は健康のために基礎体温を計っていますが、健康体のおかげか、バランスがとれた基礎体温になりました。健康的な体重って大切なことだと思います。

ミラゴスタ さん

毎日つけるのは正直大変だし、起床時間がばらばらな私はどうしても正確な基礎体温を記入していくことが出来ませんでした。絶対同じ時間に!というのは難しかったですが、体温を測る事に慣れるを目標に続けていきました。朝3時に起きなければいけなかったりで、3時間ぐらいの誤差で計っていましたが、排卵周期はだんだんとつかめるようになりました。水銀計がいいといいますが、あまりこだわらずデジタルでもなんでも苦にならない方法を探すことが一番でした。

 

 inori さん

基礎体温をつけようと何度も試みましたが、手書き入力が長続きせず、途中であきらめていました。でも、自動的に記録してくれる基礎体温計を買ってからは、なんとか続けることができました。パソコンに出力できるような便利なものもあるみたいですね。

 

むっちりーな さん

 

 

2019/06/01


この記事にいいね!しよう

いいね!
15

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。