高熱時、寝入り前にビクッとなります

高熱時、寝入り前にビクッとなります

2歳1ヶ月の息子は、1歳頃から、インフルエンザや突発性発疹などの高熱を伴う病気にかかったとき、熱が高くなってくると入眠時にビクッとなることが多くなりました。座っていても、膝から下が持ち上がるくらいにビクッとなります。
かかりつけの先生に聞いたところ、熱が高くなって周りの音に敏感になり、ビクッとなるのではないか、と言われました。しかし、静かで音がしなくても、ビクッとなっていたように思います。
1歳頃にこのような状態になったときには、本人もびっくりしたのか、その度に大泣きしていました。最近は、熱が出てもビクッとなる症状は大分治まってきました。
ひきつけている様子ではないのですが、熱性けいれんやてんかんの症状ではないのかと、心配です。ちなみに、低出生体重児(2、026g)で、吸引して出産しました。今は身長、体重ともすくすく発育し、だいたい標準くらいです。

専門家の回答

ご質問の内容から考えますと、熱性けいれんやてんかんではないと思われます。成長とともに治まっているようなので、このまま様子を見ても大丈夫だと思います。高熱で不安定になったり、ちょっとした刺激に敏感になったりすることはあります。
低出生体重児であり、吸引分娩であったとのことですが、そのために特別な治療を受けたり検査を受けることなく、退院してその後の発育発達が順調であれば、その影響があるとは考えなくていいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る