子どもの些細なことに苛立ち、怒ってしまいます

子どもの些細なことに苛立ち、怒ってしまいます

わたしは、3歳の息子の些細なことに苛立ち、怒ってしまうのですが、そんな自分が嫌になります。「次は息子のやること、言うことをいったん受け止めて、冷静に考えてから対応しよう」と思っても、結局は感情のコントロールができず、苛立ちをぶつけてしまうのです。
友人の子育てを参考にしながら、自分の子育てを反省してきたため、怒る回数は、以前よりは減ったと思います。それでも、怒るほどでもないことに、つい怒ってしまいます。そして、「さっきはあんなことを言うべきじゃなかった。こう言えば良かった」「もっと、息子の気持ちを受け止めてあげたい」と反省します。こんな自分は、おかしいのでしょうか?
息子は、暴れることは少なく、泣き叫ぶことも多くはありません。買い物に行っても、「お菓子がほしい」などとダダをこねることもありません。このように「いい子」なのは、私のせいなのでしょうか? 自分を出せないでいるのでしょうか?
夫は仕事が忙しく、日曜日にしか話ができません。そのせいか、息子は夫にはあまりなつかず、日曜日は私にベッタリです。私も仕事をしていますが、仕事のストレスで子どもを怒るようなことはしたくないと思っています。毎日、「こんな私に育てられた息子は、将来ダメになってしまうのではないか」と心配になり、どうしたらいいものかと悩んでいます。

専門家の回答

息子さんは、平日は朝から夕方まで保育園で生活し、夕方から夜と休みの日には、朝からお母さんと一緒に過ごせるのですね。
息子さんは、お母さんが自分を怒ることでやり場のない気持ちを発散していると、分かっていると思います。いくら怒ってもぐずったり抵抗したりせず、物分かりがいいため、その息子さんの態度に甘えていないでしょうか?
息子さんに感情をぶつけるのは、本来なら、妻の感情を受け止めるべき夫に、それを向けられないからではないでしょうか? 大人である夫なら、妻の感情に冷静に対応することもできますが、3歳の子には無理です。息子さんは自分が「いい子」になることで、お母さんの感情に火を付けないように、気をつけているのだと思います。
3歳の子には、ぐずったりわがままを言うなど、素直な感情を自然に出せることが必要です。そのためにも、休みの日には息子さんと思い切り遊んでください。息子さんが好きなことを親子で一緒に共有し、遊ぶことです。
また、ご自身の感情をきちんと夫に伝えてみてください。夫婦のコミュニケーションが改善すれば、息子さんに感情をぶつけることもなくなると思います。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る