2歳になるのに言葉を10語くらいしか話しません

2歳になるのに言葉を10語くらいしか話しません

もうすぐ2歳の女の子です。1歳6ヶ月健診のときに指さしができず、様子を見ることになりました。親の私たちが言っていることは、よく分かっているようです。「ママ」「バイバイ」「パパ」「アンパン」「おいち」「あつっ」など、10語は言えます。
1歳から保育園に預けており、6歳の姉がいます。この時期には、早い子は2語続けてしゃべれると聞きますが、それに比べると言葉が少なく、遅く感じます。心配しすぎでしょうか?

専門家の回答

言葉の発達は、人の言っていることの意味が分かる「理解能力」と、自分でしゃべる「発語能力」の2つの領域に分かれます。しかし、個人差が大きいものです。
「発語」の標準的な発達の目安は、1歳半で意味のある言葉が数個言え、2歳で二語文です。二語文となるには、30~50個くらいの単語の数が必要です。したがって、質問のお子さんは遅めと言えると思います。一方「理解」の方は、質問の文章を拝見したところ、大丈夫なようですね。
保育園に通っていて、お姉さんがいる環境では、たくさんの言葉の刺激を受けていることでしょう。2歳半くらいまで様子を見てもよろしいかと思いますが、2歳児健診はぜひ受けて発達の状況をご確認ください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者三石知左子(みついしちさこ)先生

東京女子医科大学母子総合医療センター講師などを経て、葛飾赤十字産院院長。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る