他人の外見の悪口を言います

他人の外見の悪口を言います

幼稚園年小の娘は最近、外出先ですれ違う人やレストランで横に座ってる人を観察して、「あの人、太ってる」「お顔が変だね」などと悪口を言います。最初は、相手に聞こえたら失礼なので注意していたのですが、あまりにも毎回言うので、すごく怒ってしまいます。
「今度言ったら、お外に連れて行けないよ」「世間には色々な人がいるから、人が嫌な気持ちになることは言わないの」と言い聞かせても、まったく直りません。毎回怒るのも辛いので、娘に「ママは聞かないから、心の中だけで思っておけば?」と言ってみました。しかし、「またあの人のこと太ってるって考えちゃった」とわざわざ言いに来ます。「わざとママに怒られたいの?」と聞いてみると、「怒られたくないよ」と答えます。
以前のQ&Aで「親の前だけで悪いことをするのは、親子にズレが生じてるせい」とご回答されているのを拝見し、「私が原因なのかも……」と悩んでいます。こういう場合、娘にどのように「いけないことは言わない」と教えていけばいいのでしょうか? 娘自身、いけないことだとは理解しているらしいのですが、人を見ると色々思ってしまうらしく、「それをママに言いたい」というのです。

専門家の回答

時々、子どもは自分の感じたままを伝えます。自分を理解してくれる人には、特にそうすることが多いものです。お母さんが、他の人の話をするときに、できれば、見かけ上のことでも素敵な面を伝えていきましょう。たとえば、子どもが「太っているね」と言っても、「心が温かそうな人ね」と返してみるといいと思います。
人を観察する際には、その人がどう素敵かを見付けるような方法を実践していくことが大事です。こうした努力をしても、娘さんが欠点ばかりを話してしまうときには、ただ黙って聞くだけにしましょう。お母さんの反応がないことが分かれば、娘さんもそのうち話さなくなるでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る