「うんち・おしっこ」発言を連発します

「うんち・おしっこ」発言を連発します

4歳の息子は、最近、「うんち」「おしっこ」「おなら」「ちんちん」というのが大好きです。「今日、保育園で何をして遊んだの?」と聞いても、笑いながら「え~っとね、うんち!」と言いますし、人前でも「うんち~!」を連発して、笑わせようとします。
今まではそんなことなかったのですが、これは、この年齢の子にはよくあることなのでしょうか?「他のお友達も言うの?」と聞くと、「女の子は言わない」と言います。
家では構わないのですが、さすがにきちんとした場所で連発されると、恥ずかしくなってしまいます。やはり、きちんと「下品な言葉は言ってはダメ」としつけるべきなのでしょうか? それとも、そのうち自然に言わなくなるものなのでしょうか?

専門家の回答

結論から言いますと、この時期には、どの子も「うんち」「おしっこ」「おなら」「ちんちん」などを連発します。女の子も同じです。私の孫も連発しては、ゲラゲラ笑っていました。
でも、あまり取り合わないでいたら、言わなくなりました。それは、うんちやおしっこは、自分の体から排泄されることが理解できたからです。また、みんなも同じなのだと理解できたからです。
こうした言葉を言うのも、人として進歩している証拠です。心配しないでください。改まった席などでは、緊張感がありますので言わないものです。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る