緊張しすぎて円形脱毛症になりました

緊張しすぎて円形脱毛症になりました

5歳の娘は、保育園の行事の前になると、気持ち悪がったり熱を出して吐いたこともあります。最近は休み明けになると、朝から「気持ち悪い」と言います。便も普通で、熱もないときには行かせていますが、迎えに行くとケロッとしています。
極度に緊張する性質らしく、先日行われた発表会の前日には、半日も「緊張する」と泣いていました。特に、期待をかけるような言葉やプレッシャーになる言葉を掛けたわけではないのですが……。
年中になってからは円形脱毛症になってしまい、今も通院しています。どうしたら、娘の緊張を解いてあげられるでしょうか?

専門家の回答

大人も特別な行事の前には、「失敗しないように」と緊張しますよね。いざ本番になると、心配するほどでもなかったりするのですが、本番前には真剣に悩んでしまいます。また休み明けには、大人も「ああ、会社に行きたくない……」なんて気持ちになりますよね。子どもも同じで、休み明けには少し気分がブルーになるものです。
お子さんが「緊張する」と泣いているときには、「大丈夫!」と言い切らないように注意しましょう。「そうだね。お母さんも緊張するもん。ほら、こんなにドキドキしてるでしょ。そこまで一緒に走ってみようか? 体を動かせば、きっと気分が変わるかもしれないね」というように、まずはドキドキする気持ちを分かってあげると安心します。そして、じっとしているより体を動かせば不安の解消につながるということを、一緒に体験を共有することで伝えてあげるといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る