自傷行為は子どもに影響しますか?

自傷行為は子どもに影響しますか?

現在4ヶ月半の男の子のママです。産後のストレスから、壁や床に頭を打ち付けたり、自分の髪を引っ張ったり、爪で手や足を引っかくなど、自傷行為をしてしまいます。保育園のころから始め、今まで習慣のようになっていました。
私に影響されてか、最近では息子も自分の髪を引っ張ったり、頭や顔を引っかいたりしています。夫からは、「お前が自傷行為を止めないから、真似をしているのでは?」と言われ、よけいにストレスを感じて自傷を繰り返す日々です。子どもに見られないように、お昼寝の時間やトイレ内でするようにしているのですが、それでも止めてくれません。
妊娠中は我慢していたのですが、ストレスがたまって胃潰瘍寸前になってしまったため、胃を守るためにも自傷をしてしまいます。子どもには影響してほしくないですし、もし私が原因で子どももやるようになったら……、という不安はあります。しかし、止めたらまた胃潰瘍になるのではないか、と葛藤しています。
赤ちゃんは、親の自傷行為の真似をして引っかいたりしますか? 自傷行為を続けるよりは、胃潰瘍になった方がいいのでしょうか? アドバイスを、どうぞよろしくお願いいたします。

専門家の回答

お子さんより、あなたの健康が心配です。お子さんは生後4カ月半なので、お母さんの影響のみを強く受けるわけではありません。しかし、あなたの不安定な心を感じ取れる時期です。
お母さんの不安定な心を改善するには、保健センターなどで相談されることをお勧めします。心療内科や子ども支援センターでもいいでしょう。
あなたは小さいころから、きっといろいろな体験をし、寂しかったり辛かったり、悲しかったりした経験があるのではないかと推測されます。ゆっくりとあなたの話を聞いてもらうサポートが必要です。
ご主人にも、協力してもらってください。ただし、ご主人だけに頼ると、ご主人があなたを支えられなくなりますので、専門家に相談しましょう。「人に頼るのは、賢い方法」です。ぜひ試してください。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る