子宮頸がん予防ワクチンの接種後、どのくらいで妊娠できますか?

子宮頸がん予防ワクチンの接種後、どのくらいで妊娠できますか?

産後1年2ヶ月で子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス」の接種を始め、もうすぐ3回目の接種予定です。
3回目の接種が終了したら、妊娠を希望しています。接種後、どのくらいの間隔をあければ安心して妊娠できますか?

専門家の回答

「サーバリックス」は病原体を弱毒化、無毒化した他の多くのワクチンと違い、人工的な遺伝子組み換え技術によって合成したウイルス様粒子を抗原とするワクチンです。病原体のDNAを含まないので、感染力はありません。
妊娠中の接種は行われていませんが、3回接種が終了したら、1ヶ月ほど期間をあけてから妊娠すると安心でしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠前・妊活に見ておきたい動画
もっと見る