マスク程度しか、風疹の感染予防方法はないの?

マスク程度しか、風疹の感染予防方法はないの?

現在妊娠12週です。妊娠11週の血液検査で、風疹の抗体が8倍しかなく、抗体がないと言われました。2年ほど前に一度、別の病院で調べたときには、抗体があると言われていたので、ショックです。
やはり、出産まで外出は控えた方がいいのでしょうか? 妊娠まで6ヶ月間もあるので、家にこもりきりになるのは、正直つらいです。感染を予防するには、手洗い、うがい、マスク程度しか方法がないのでしょうか?

専門家の回答

風疹の抗体価には個人差がありますが、年齢と共に下降することも多いです。予防については厳密に考えすぎる必要はありませんが、日常生活ではなるべく人ごみを避ける、外出から帰宅したら必ず手洗い、うがいをする、睡眠を十分とる、規則正しい生活をする、といったことを心がけましょう。パートナーに風疹の抗体がない場合、ワクチンの注射をしてもらう方がよいでしょう。
産後は、風疹ワクチンを受け(授乳中でも可能です)、次回の妊娠に備えて抗体をつけておきましょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る