妊娠中にレアステーキを食べてしまいました。トキソプラズマへ感染する確率はどのくらいでしょうか

妊娠中にレアステーキを食べてしまいました。トキソプラズマへ感染する確率はどのくらいでしょうか

現在、妊娠14週と3日です。
先日、ホームパーティーへ行き、レアステーキが出てきたので食べました。
あとで妊娠中は食べない方がいいと知り後悔してます。
トキソプラズマ検査は任意なのでしていません。
お腹の赤ちゃんに何かあったらと思うと申し訳なくて、毎日不安です。
トキソプラズマに感染する確率はどのくらいでしょうか?
これからでも検査をした方がよいでしょうか。

専門家の回答

トキソプラズマは人畜共通の寄生虫です。妊娠中に感染を起こすと先天性トキソプラズマ症という主に水頭症を主とした病態の病気を児が発症し年間約数例発症します。残念ながらレアステーキを食べてどのくらいの方が発症するかの論文はありません。
かかりつけの産婦人科でトキソプラズマIgMとIgGを測り、2週間後も測定してもらうペア血清法が一般的ですが進んだ検査を希望のようでしたらトキソプラズマIgGavidity(抗体結合力)を測定してもらうといいと思います。しかし両方とも自費検査となり金額は各医院でまちまちです。さらにトキソプラズマIgGavidityは測定できる場所が限られているのでかかりつけで相談をされることが1番だと思います。
今後、感染症に対して5つのことを気を付けるといいと思います。
①家族にワクチン接種をおこない、予防する ②手をよく洗う ③体液に注意(口移しなど) ④よく加熱したもの食べる ⑤人ごみは避ける
今回は④が該当しますが今後も気を付けるといいでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る