トキソプラズマに感染しています

トキソプラズマに感染しています

3人目の子どもを妊娠し、現在妊娠15週です。3人目にして、初期の血液検査でトキソAb:2,480倍という結果が出て、再検査をしたところ、「トキソAb:1,280倍、IgG:180、IgM:0.1」という結果が出ました。医師のすすめで「エリスロシン」という薬を服用して経過を見ることになりました。妊娠初期に初感染すると、赤ちゃんへの感染の可能性はやはり高くなるのでしょうか? トキソプラズマに関する情報があまりにも少なくて、不安な気持ちで過ごしております。

専門家の回答

一般に、トキソプラズマの母子感染が生じるのは妊婦の初感染時で、IgM抗体が陽性であれば、最近起きた感染であると言われてきています。しかし、4カ月~2年間以上の持続陽性例もあるので、このときには精密検査が必要です。トキソプラズマ抗体値の解釈からすると、この方の場合、初回測定から2~3週後に施行した抗体価が初回より低く、かつトキソプラズマIgM抗体が陰性ですので、古い感染の既往ということになります。したがって、まず問題ないでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者天神 尚子(てんじんひさこ)先生
三鷹レディースクリニック院長

三楽病院産婦人科科長を勤めた後、2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る