ハイリスク外来になってしまいました

ハイリスク外来になってしまいました

妊娠22週の4人目の妊婦です。年齢38歳になります。
130/90代と血圧が高いです。
胎児も385gと小さめで、時々徐脈がみられ、ハイリスク外来になりました。
これからの検査や、生活の注意点、胎児にどのようなことが考えられるか、ドクターの見解が聞きたいです。

専門家の回答

ハイリスク管理となった理由として母体血圧と胎児発育不全があります。妊娠高血圧症候群は収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上です。今回は拡張期血圧が90以上なので本疾患に当てはまり、安静と塩分7gが適応となります。血圧が上昇を認めるようだと降圧薬を開始するかもしれません。また、胎児発育不全は生活習慣で起こるわけではありませんが妊娠高血圧症候群と関連があるといわれ、どちらかが悪化すると、場合により分娩に移行するかもしれません。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者太田篤之(おおたあつゆき)先生

順天堂大学卒後、派遣病院勤務を経て、平成22年より順天堂静岡病院周産期センター准教授就任。退職後、平成24年8月より祖父の代から続いている「おおたレディースクリニック」院長に就任し現在に至る。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る