保育園の別れ際に「バイバイ…」わが子の小さな成長に涙があふれた瞬間

2019/05/03 19:00
7
この記事では、保育園に到着した際にいつも泣いてしまうというお子さんの体験談を紹介しています。保育園に通いだして半年が経過したころ、今日も泣くだろうなと思いながら保育園へ行くと、今にも泣きそうな顔をこらえ「バイバイ…」。ママはわが子の小さな成長に涙があふれたそうです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
育児あるある
保育園・幼稚園

保育園のイメージ

 

まだ1歳だった私の息子は、「終わったらすぐ迎えに行くからね」と伝えても、理解や我慢ができない月齢。保育園に預けることに罪悪感を感じていました。そうして半年が経過し、今日も泣くだろうなと思いながら保育園に行ったときのことです。息子は今にも泣きそうな顔で……。あんなに小さなことで、あんなに感動するとは思いもしませんでした。

 

別れるのが嫌! 泣きわめく姿に罪悪感

もともとよく泣く子だった、わが家の息子。当然のごとく保育園の別れ際は大変でした。先生に抱っこされると、全身を使って抵抗します。今までママと一緒にいたのに、どうして離れないといけないの? と、息子の気持ちがヒシヒシと伝わりました。

 

「終わったらすぐ迎えに行くからね」と伝えても、まだ理解や我慢ができない月齢。泣きわめく息子の姿に罪悪感を感じたものです。いつしか私の顔からも笑顔が消え、息子を先生に預けたら背を向けて職場に向かうしかありませんでした。

 

半年が経過したころ、息子に変化が……

保育園の別れ際に泣く日が毎日続きました。いつになったら泣かずに保育園に行けるのか……。どんどん息子のことが心配になってきました。

 

そうして半年が経過したころのこと。今日も泣くだろうなと思いながら保育園へ行ったときのことです。息子は今にも泣きそうな顔で、涙をこらえながら「バイバイ……」と言ってきたんです。入園してから初めてのこと。息子の成長に感動し、涙をこらえることができませんでした。


ささいな成長が親にとってはうれしい

保育園の別れ際、息子が泣かずにバイバイと言えた。こんな小さなことで、こんなに感動するとは思いもしませんでした。息子にとっては大きな成長だと感じたからです。

 

息子が泣きたい感情を我慢し、別れる決心をした姿を今でも鮮明に覚えています。まだ1歳の息子に、我慢をさせていることに心が傷んだのも事実。しかしその分、子どもとの時間が濃いものになったと、今ではそう思っています。

 

 

バイバイが言えたと思えば、翌日はギャン泣き。そんな日々が続いた保育園生活でしたが、今では貴重な思い出です。息子は6歳になってもやっぱり泣き虫ですが、日々成長を感じています。


著者:田中由惟

一男一女の母。二人目の出産を機に食品会社を退職。現在は子育てのかたわら、記事執筆をおこなう。趣味はスポーツとピアノ、美味しいものを食べること。


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。