食・レシピ レシピ 離乳食 作り方 離乳食初期 離乳食中期 離乳食完了期

時間がない時の救世主!うどんがゆのキホンの調理法【動画で簡単!】

うどんがゆ

 

うどんがゆは、ゆで上がるのも早く簡単に作れるので時間がない時の救世主メニューです。月齢に応じてだし汁と一緒にゆで野菜やお肉などを入れれば、あっと言う間に1品で栄養バランスの良いメニューの出来上がり!赤ちゃんの発達に合わせて大きさ(長さ)や水分量を調整していきます。今回はうどんがゆについて、愛育病院の栄養科、高橋先生、岡田先生にご指導・調理していただきました。さっそく、動画で作り方を見てみましょう。

 

続きを読む

うどんがゆ/5~6カ月ごろ(離乳食初期)

作者:ベビーカレンダー

 

材料(作りやすい分量)

・うどん(乾麺)……15g

・お湯 ……適宜

 

作り方

① 表示時間の2倍程度を目安にうどんをやわらかくゆでます(半分に折ると、より簡単)。

② ゆで上がったら、冷水でさらして洗い、ぬめりをとります。ざるにあげて水気を切った後、細かく刻みます。

③ すり鉢に入れ、お湯でのばしながらすりつぶします。面の形がなくなり、ポタージュ状にします。

 

ゆでうどんやBFを使うともっとスピーディーに!

ゆでうどんを使うと、さらにゆで時間が短縮できてスピーディーに。調理する際に、先どゆでます。麺を切るときは濡らした包丁を使うと、包丁に麺がつきにくくなります。あらかじめ細かく切られているベビーフードなどもありますので、それを利用するのも一案ですね。

 

7~8カ月以降の硬さや大きさは!?

発達に応じで少しずつ水分を減らして、大きくしていきます。

 

7~8カ月

2〜5㎜ほどに刻み、指で簡単に潰せるくらいのやわらかさにします。

 

9~11カ月

やわらかくゆでて、粗くつぶします。慣れてきたら、5㎜角に切ります。

 

1歳〜1歳6カ月

2〜3cmの長さに切り、指で簡単につぶせるくらいのやわらかさにします。

 

ベビーカレンダーが最新のガイドに対応した離乳食本を制作!

離乳食オールガイド

 

ベビーカレンダーは、2019年3月、厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定されたことに伴い、新しいガイドに完全対応するムック本『あんしん、やさしい 最新 離乳食オールガイド』を制作しました!ただいま全国の書店・オンライン書店にて発売中です!

監修の相模女子大学栄養科学部・堤ちはる教授をはじめ、多くの専門家の協力により完成した最新の離乳食ガイドです。離乳食のキホンはもちろん、Q&A、便利グッズや最新アレルギー情報、先輩ママたちの体験談も掲載。また本書に掲載されているQRコードを読み込むと、調理の基本テクニックやレシピの工程、赤ちゃんへの食べさせ方を、わかりやすい動画で確認することができます。

 

ママやパパが少しでも離乳食作りが楽しくなり、より豊かな気持ちで赤ちゃんとの毎日がすごせるようになることを願っています。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。