【赤ちゃんの熱中症】病院へ行く目安は?チェックすべき項目を小児科医が解説!

この記事では、いつもと様子が違うなど、熱中症かな?と思ったときの受診の目安について小児科の先生が解説します。動画でも詳しくご紹介しているので、あわせてご覧ください。

この記事の監修者

医師石戸谷尚子 先生
小児科 | 石戸谷小児科院長

医師、医学博士。1981年徳島大学医学部を卒業後、東京慈恵会医学大学小児科入局、都立母子保健院及び慈恵医大付属第3病院勤務を経て1995年現職に。日本小児科学会認定 小児科専門医、日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医、日本血液学会認定 血液専門医。

 

蒸し暑い日々が続くと、心配になってくるのが熱中症。赤ちゃんは体温調整機能や汗の量を調節する機能が未発達のため、上手に熱が発散できません。そのため熱中症になりやすいのです。熱中症かな?と思ったらチェックしたい点を石戸谷先生に伺いました。

 

続きを読む

熱中症とは?

体の内側に熱がこもり、体温が急激に上昇してしまうことで起こります。主な症状は頭痛やめまい、脱水症状、意識障害などです。赤ちゃんの場合は機嫌が悪い、反応がないなどの症状が出ます。

 

熱中症の危険が高い環境って?

お出かけ中の屋外だけでなく、気密性のいいマンション、車内などでも注意が必要です。お家や車内はエアコンを使って、室温の調整をしましょう。直射日光が当たらないようにすることも大切です。また、車内ではどんなにエアコンが効いていても、赤ちゃんを一人で待たせておくことは絶対にNGです。

 

熱中症かな?と思ったらココをチェック!

【下記の項目が1つでも当てはまったら至急病院へ!】

□脈がいつもより速い
 ▶普段の脈を知っておくことが大切!

□ぐったりしていたり、吐いて水分(おっぱい・ミルク)を飲ませても飲まない

□顔色が悪くぐったりしている

□体温が40度以上ある

□意識がない

□痙攣をしている

□大泉門(頭頂部)がへこんでいる(低月齢の場合)

□おしっこの量が極端に減った。6時間以上出てない
 ▶︎オムツの重さ等で普段のおしっこの量を知っておいて

□手足が冷たい

 

【ママがおうちでケアでOK】

□背中に手を入れると、ぐっしょりと汗をかいてる

□声をかけても反応が少ない・笑わない

□おしっこの色がいつもより濃い

□顔が赤く、はぁはぁと息をしている

□いつもより肌がカサカサしている

□いつもよりよだれが少ない

□暑いのにいつもより汗が少ない

 

 

赤ちゃんは暑い、喉が渇いたなどを言葉で伝えられません。この時期は環境に十分注意し熱がこもらないようにしてあげましょう。また、赤ちゃんの脈拍や体温、おしっこの量や状態を知っておくことも大切です。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP