「今のままじゃ育てられない…」助けを求めて却って不安になった理由とは?【ママならぬ日々24】

イラストレーター和田フミ江さんの「ママならぬ日々」第24話。保険を見直すことにした和田さんご夫婦。FPさんに相談することにしたそうです。

前回、保険の見直しを検討し始めた(ところ、夫婦そろってダメダメだった)ことを書きました。そこでプロの力を借りるべく、複数の保険を扱っているファイナンシャルプランナー(FP)さんにわが家まで来ていただきました。

 

育児日記(4コママンガ)

 

なんか怖かったんですよ……目が。会話が始まると、またパッとにこやかになるからそれもなんか怖くて!


そもそもなんでこの方を選んだかというと、結構いい加減。以前保険関係の仕事をしていた友人に教えてもらったおすすめの医療保険(私&夫用)と、ネットで調べてよさそうだった学資保険を加入候補に加えたかったので、その両方を扱っていて、かつ無料相談をしてくれるFPさんをネットで依頼したら、この方から連絡があった感じです。だから、もともと知り合いでもなければ、だれかに紹介されたわけでもないので、契約するときはドキドキしました。

 


保険って、積もり積もると何十万円何百万円の支払いになる大きな買い物。私たちが保険の契約をすると、代理店であるこのFPさんの会社に手数料が入るシステムでした。今思えば、FPさんのほうもドキドキしながら私たちの決断を待っていたのだとわかりますが、当時は「大丈夫か!? 何かだまされたりしてないか!?」と、ちょっと心配になったのでした……。<つづく>

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP