ママネタ 育児 妊娠 育児の悩み 妊娠の悩み 体験談 育児あるある 出産 どん底エピソード

出産目前に水ぼうそう!?退院後、赤ちゃんにうつらないようにするには…

9
予定帝王切開の2日前に、長男が水ぼうそうに! パパや次男は出産に立ち会えるのか、さらに退院後、赤ちゃんとの生活について注意点の説明を小児科医から受けたママ。ママが感じたこと、そしておこなった対策を紹介しています。

こどもが水疱瘡で心配する妊婦さん

 

末っ子の帝王切開での出産を目前にひかえたとき、長男(12歳) が水ぼうそうにかかってしまいました。手術前日に、助産師さんに長男が水ぼうそうになったことを報告したところ、大部屋だったのに急きょ個室へ移動することに……。そのとき医師から説明されたことや、赤ちゃんへの感染予防のためにしたことをお伝えします。

 

続きを読む

水ぼうそうになったときの病院の対応

私が入院した産婦人科では、妊婦がウイルス性の病気にかかったときのマニュアルはありましたが、家族がかかったときのマニュアルはなかったようで、応急措置として個室対応となりました。

 

医師から家族の面会については、水ぼうそうにかかっていたことがある夫は面会しても大丈夫だが、次男(8歳)はもしかしたら潜伏期間かも知れないから入院中の面会はダメとのこと。

 

ただ面会できる夫にも条件があり、マスクと手指消毒は絶対とのことでした。次男は水ぼうそうのワクチンを1回接種していましたが、赤ちゃんに会えないことを知り、残念がっていました。

 

赤ちゃんとの生活についての注意点

入院中は長男と次男が面会にこないことで予防策をとりましたが、退院後赤ちゃんにうつらないようにするには……という点で私は悩みました。長男に関しては、「水ぼうそうの発疹がかさぶたになったら感染力はないから赤ちゃんとの接触は大丈夫」と小児科医から説明を受けましたが、問題は次男が発症する可能性。

 

小児科医から「お母さんから赤ちゃんへ免疫はいっているが、水ぼうそうの潜伏期間は約14日間なので、念のため次男は退院後1週間は水ぼうそうの発症に注意」と言われ、次男は赤ちゃんと接触させないようにと説明がありました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。