いつ陣痛が… 妊娠37週、パパにしてほしかったと思うこと【体験談】

2020/05/14 06:25
6
この記事では、出産を控えたママがパパにしてほしいことについて紹介しています。ママは妊娠37週に入ってパパにしてほしかったことは、「お酒を控えてほしかった」「2人の時間を大切にしてほしかった」「車の運転をしてほしかった」の3つだったそうです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談
夫婦関係
出産

 

妊娠37週に入ると、いつ陣痛が来るのかドキドキしていました。わが家の場合は、私の緊張とは裏腹にパパはのんきに構えていて、その温度差に腹が立ってしまうことがありました。今回は、私が妊娠37週に入ってからパパにしてほしかったことを紹介します。

 

お酒を控えてほしかった!

私はもともと切迫早産気味で、張り止めの薬を臨月まで服用していました。そのため、出産が予定日よりも早くなるかもしれないと、日々ドキドキしていました。パパは「37週に入ったら、生まれるまでお酒は飲まない」なんて張り切ってくれていたのに、「今日は大丈夫やろ?」と根拠のない自信からビールをあける姿に悲しくなりました。

 

仕事で疲れている気持ちもわかりますが、もし陣痛が起きたら運転もできないし、もう少し考えてほしいところでした。

 

2人の時間を大切にしてほしかった!

赤ちゃんが生まれると、生活の中心は赤ちゃんになってしまいがち。夫婦2人の時間はなかなかとることができません。赤ちゃんが生まれるまでの最後の2人の時間は、子ども連れでは行けない食事に行ったり、近場に出かけたりすればよかったと思いました。

 

パパが飲み会でいないときに陣痛が来たらどうしようと不安になることもあるので、パパが一緒にいてくれるだけで安心できます。もっと2人の時間を大切にできたらよかったと感じています。


車の運転をしてほしかった!

妊娠37週のママは、大きくなったおなかの影響で座ることも苦しい状態です。まして車の運転となると、おなかがつかえて運転しにくい! あまりシートを倒して運転することもできないので、大きいおなかの妊婦は運転するのもひと苦労です。

 

パパは、運転するのがあまり好きではなくて、出かけるときの運転は私。妊娠37週に入ってからも相変わらずで、私が頼まないと運転してくれませんでした。

 

 

妊娠37週に入ると、ママは楽しみと不安が入り混じって、情緒が不安定になりがちです。夫婦2人で話し合って約束ごとを決めたり、パパにしてほしいことは言葉で伝えるようにして出産に挑めるといいですね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

 

 

イラスト:(c)chicchimama


著者:田中麻奈

元保育士で一児の母。現在は育児に専念するため専業主婦。自身の経験をもとに妊娠・出産・子育てに関する記事を執筆中。趣味は手芸。


  • 私の場合は本陣痛がよく分かりませんでした。
    もっと痛みがくるだろうと思ってました。
    その為、夫に「晩酌するよ」と言われ「どーぞ。」と返事をしました。
    その後、痛みの間隔を計ったところ本陣痛だと気づき産院は連絡。
    「今から来てください。」との事でした。
    産院が車で5分くらいの所だったので合間を見て私の運転、夫助手席で向かいました。
    コンビニ立ち寄りと信号待ちなどで痛みを凌いで到着しました。
    今では笑い話ですが、当日は気が気でなく…とにかく何とか持ち堪えながら向かった苦い思い出です。

    2020/05/14 07:14

この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

922
火曜日

今日のほのぼの星座占い

てんびん座

1位 てんびん座

さそり座

2位 さそり座

やぎ座

3位 やぎ座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード