マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江 ママならぬ日々

えっ、院長先生まで登場!ただの陣痛じゃない!?【ママならぬ日々54話】

85

連載 ママならぬ日々

突然助産師さんや看護師さんが複数やってきて、LDRの中は緊迫した空気に……。

夫は部屋の外に出され、何が起きたのか説明してもらえなかったので、ものすごく不安になりました。

 

和田さん54話

 

院長先生が来たことで、ホッとするよりも「本当に何か深刻なことが起きているんだ」とさらに不安になってしまいました(涙)。質問したくても陣痛でまったく話せないし、みんな部屋から出たり入ったり忙しそう。

そんな中、1人の助産師さんが、無言で私のおなかをさすったりもんだりしてくれました。ほかのスタッフが部屋からいなくなってもずっとそばにいてくれて、手のひらが温かくて、なんとかしようとしている気持ちが伝わってきて、心強かったです。

 

<つづく>

連載 ママならぬ日々

前の話を読む 53話

助産師さんの様子が一変…。突然の緊急事態発生!?【ママならぬ日々53話】

次の話を読む 55話

そ、そんなことに!?陣痛中の緊急事態とは…【ママならぬ日々55話】

最初から読む 1話

突然の体調不良…!つわりではないはずだけど…【ママならぬ日々第1話】

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。