かっこいい一文字名前が人気!男の子の「濁音ネーム」ランキングTOP10<上半期>

2020/07/22 08:25
31
2020年1月から6月の上半期に生まれた46,678名の男の子を対象に、『2020年上半期の名づけトレンド』に関する調査を行いました。2020年上半期、男の子に人気の「濁音ネーム」TOP10をご紹介いたします。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
名づけ

【2020年上半期】男の子濁音ネームランキングTOP10

 

ベビーカレンダーは、2020年1月から6月に生まれた男の子46,678名を対象に、「上半期の名づけトレンド」に関する調査を行いました。今回は2020年上半期生まれの男の子に名づけられていた、よみに濁音がつく人気の「濁音ネーム」TOP10をご紹介いたします。

 

1位 暖(主なよみ:だん、はる)

2018年の年間ランキング69位、2019年29位と人気上昇中の「暖(主なよみ:だん、はる)」が男の子の上半期濁音ネームで1位を獲得しました。月間ランキングでは、1月は37 位だったものの、2月には7位へと大きくランクアップ。暖かい春を待ち望むというイメージから、寒さの厳しい2月に人気が集まったようです。「豊かで不自由しない」という意味もあり、「周囲を元気づけるあたたかな男の子に育ちますように」という願いを込めて名づけてもいいですね。

 

2位 凪 (主なよみ:なぎ)

2019年の年間ランキングで93位にランクインした「凪(主なよみ:なぎ)」。インパクトのある男の子に人気の一文字ネームです。凪とは、風や波が静まる様子を意味し、風がやんだ穏やかな海の上でボートが静かに浮かんでいる様子をイメージすることから、「いつも穏やかで、落ち着いて行動できるような周囲にやすらぎを与えるになってほしい」という想いを感じられるようです。

 

2位 楓(主なよみ:かえで)

2018年の年間ランキングでは76位、2019年は51位の「楓(主なよみ:かえで)」。漢字ランキングでも2018年の85位から、2019年は71位にランクアップ。近年注目の名前です。「楓」は美しい紅葉し古くから日本人に親しまれる木を表します。「美しい」「鮮やかで雅」など華やかで和を感じる名前です。また、楓の種には羽がついていることから、「自立して世界に羽ばたきますように」というこめて名づけてもいいですね。

 

4位 大智(主なよみ:だいち)

「大智(主なよみ:だいち)」は2018年の年間ランキングでは24位、2019年は36位にランクイン。「大」は2018年、2019年と2年連続で漢字ランキング2位にランクインし、「智」は2019年の漢字ランキング56位にランクインする人気の漢字。「大」は字のとおり立派な様子、「智」は知恵や術に優れている様子を示し、「賢く立派な人に育ちますように」という願いを感じられるようです。

 

5位 岳(主なよみ:がく)

「岳(主なよみ:がく)」は2018年の年間ランキングでは43位、2019年は41位にランクイン。よみランキングでは2018年に67位、2019年は71位にランクインする名前です。「岳」という漢字は、ごつごつとした山や、高い山のように尊敬すべきものを意味します。高い岩山のように「スケールの大きなたくましい人に育ちますように」という想いを込めて名づけてもいいですね。

 

6位 仁 (主なよみ:じん)

「仁(主なよみ:じん)」は2018年・2019年ともに年間ランキングでは55位にランクイン。2019年の漢字ランキングでは20位、よみランキングでは95位にランクイン。どことなくやさしいイメージを受け、重みも感じさせる響きの「じん」。「仁」には「人」という意味もあり、「隣人愛や人の気持ちをわかるような人に成長しますように」という想いが感じられるようです。


7位 大雅(主なよみ:たいが)

2018年の年間ランキングでは73位、2019年は70位にランクインした「大雅(主なよみ:たいが)」。よみランキングでは2018年の47位から、2019年は40位とランクアップしており、近年注目の名前です。「大」は2019年の漢字ランキング2位、「雅」は62位にランクインしています。「雅」には上品で都会的という意味があり、「大」をつけることで華やかで力強い印象の名前になります。

 

8位 迅(主なよみ:じん)

「迅速」という単語にも使われる「迅(主なよみ:じん)」。速度がはやい、飛ぶようにはやいという意味があります。「頭の回転も速く、動きも機敏で、責任感と行動力を兼ね備えたリーダー」というイメージを受ける漢字です。「元気で活発で、行動力のある人になりますように」という願いを込めて名づけてもいいですね。

 

9位 大地(主なよみ:だいち)

2018年のよみランキングでは44位、2019年は61位にランクインした「大地(主なよみ:だいち)」。「地」には大地・地面という意味があり、おおらかで地に足がついた印象の漢字です。「大」をつけることで、広大な大地や豊かで強い自然の風景が思い浮かぶようで、「しっかりと伸びやかに育ちますように」という想いが込められているようです。

 

10位 翼(主なよみ:つばさ)

2018年の年間ランキングでは50位、2019年は66位にランクインした「翼(主なよみ:つばさ)」。その漢字のとおり、一対の羽を表す漢字で、羽を広げ、高みを目指して大空を羽ばたくようなスケールの大きな名前です。「鳥が大空を舞うように、自分の人生を自由に謳歌する人になりますように」という願いをこめて名づけてもいいですね。

 

 

2020年上半期の男の子の「濁音ネーム」TOP10をご紹介しました。10個の名前うち7つが漢字一字の「一文字ネーム」という結果でした。一文字でインパクトがあり、力強く洗練された名前が多い印象でした。これから男の子をご出産予定の方は、参考にしてみてくださいね!


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査期間:2020年1月1日(水)~1月25日(土)、2月1日(土)~2月25日(火)、3月1日(日)~3月25日(水)、4月1日(水)~4月25日(土)、5月1日(金)~5月25日(月)、6月1日(月)~6月25日(木) 
調査件数:46,678件(男の子)

 

文/福島絵梨子


この記事にいいね!しよう

いいね!
31

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード