国内外で私が実際に出会った「生理痛に神対応する紳士たち」【実体験】

2020/09/15 16:55
2
ニューヨークをはじめ、国内外で出会った紳士たちが、生理痛やPMS(月経前症候群)に理解を示してくれたことに感激した女性。彼らの「男女間で生理について話し合うことは、愛し合い、尊重しあうために必要なこと」という認識がうれしかったそうです。

女性の生理痛に神対応する紳士たちのイメージ

 

「日本人男性は女性のつらさを全然わかってくれない!」という声がよく聞こえてきます。国が変われば生理の受け止め方も違うの? 外国人の彼氏は生理で苦しむ彼女にどのような対応をするの? PMS(月経前症候群)と診断され、生理痛に毎月悩まされる日々を送っていた私が、ニューヨークでルームシェアをしていた元彼をはじめ、国内外で出会った紳士たちの神対応について紹介します。

 

ニューヨークの彼の神対応

20代前半にニューヨークの大学に在学していたころのことです。当時の私は、日本とは異なる環境での暮らしや奨学金争いのストレスに疲れていて、イライラが爆発! 突然、叫びながらテーブルにあったお皿を、当時の彼氏に目掛けて投げつけてしまったのです。


しかし、彼氏は飛んで来たお皿を見事にキャッチ! そして彼は、「PMSでつらいんだね。他に君のPMSが僕に伝えたいことはある?」とやさしく抱きしめてくれました。私はイライラし過ぎて、自分ですら生理前だということを忘れていたので、本当にびっくり。でも、彼が「大切な君の体、君も大切にしてあげてね」と言ったくれたことで、自分の体をいたわる大切さに改めて気付くことができました。

 

他の国でも神対応の紳士たちに出会った!

その他にも、私はいろいろな国で紳士たちに出会いました。彼らは皆、PMSで苦しむ女性に対する神対応が際立っていました。ハワイで出会った紳士は、PMSを緩和するというツボ押しをしてくれたり、パリで出会った紳士は、生理前の苦痛をやわらげるために薔薇を浮かべたお風呂を入れてくれたり。

 

そして、みんな「君の体が何よりも大切だから」「女性の体は何よりも大切にしなければいけない」と言ってくれました。彼らにとって、生理について話し合うことは、愛し合い、尊重し合う関係のなかで必要なことの1つだったようです。


日本にも神対応の紳士は多くいます

もちろん日本にも神対応の紳士は多くいると思いますが、PMSに苦しむ女性のことがわからない方の割合が多いかなとも感じます。私が20代後半で年下の日本人と付き合ったとき、PMSになるたびに別れ話を始め、生理痛で動けなくなる私に、彼は戸惑っていました。そこで私は、「私と付き合う人は、私のPMSや生理痛とも付き合ってほしいの」と説明をしました。

 

彼は「女性の生理のつらさはまったく知らなかった」そうです。その後、彼は論文や書籍を読み、私がPMSになる前からストレスをためないように、少しの体調の変化でも気を使ってくれて、今まで出会ったどんな紳士よりも神対応で私を癒やしてくれるようになりました。

 

 

私がお会いした外国の方々は、女性と生理の向き合い方についてしっかり学んでいる方が多くいました。日本でも、PMSや生理痛について男性と話し合う機会が増えれば、より多くの神対応がかえってくるものだと感じています。

 

 

監修/助産師REIKO 


著者:葉月幸音


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

921
月曜日

今日のほのぼの星座占い

うお座

1位 うお座

てんびん座

2位 てんびん座

ふたご座

3位 ふたご座

あなたの星座は何位? 占い結果を見る

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。