国内外で私が実際に出会った「生理痛に神対応する紳士たち」【実体験】

2020/09/15 16:55
12

女性の生理痛に神対応する紳士たちのイメージ

 

「日本人男性は女性のつらさを全然わかってくれない!」という声がよく聞こえてきます。国が変われば生理の受け止め方も違うの? 外国人の彼氏は生理で苦しむ彼女にどのような対応をするの? PMS(月経前症候群)と診断され、生理痛に毎月悩まされる日々を送っていた私が、ニューヨークでルームシェアをしていた元彼をはじめ、国内外で出会った紳士たちの神対応について紹介します。

 

続きを読む

ニューヨークの彼の神対応

20代前半にニューヨークの大学に在学していたころのことです。当時の私は、日本とは異なる環境での暮らしや奨学金争いのストレスに疲れていて、イライラが爆発! 突然、叫びながらテーブルにあったお皿を、当時の彼氏に目掛けて投げつけてしまったのです。


しかし、彼氏は飛んで来たお皿を見事にキャッチ! そして彼は、「PMSでつらいんだね。他に君のPMSが僕に伝えたいことはある?」とやさしく抱きしめてくれました。私はイライラし過ぎて、自分ですら生理前だということを忘れていたので、本当にびっくり。でも、彼が「大切な君の体、君も大切にしてあげてね」と言ったくれたことで、自分の体をいたわる大切さに改めて気付くことができました。

 

他の国でも神対応の紳士たちに出会った!

その他にも、私はいろいろな国で紳士たちに出会いました。彼らは皆、PMSで苦しむ女性に対する神対応が際立っていました。ハワイで出会った紳士は、PMSを緩和するというツボ押しをしてくれたり、パリで出会った紳士は、生理前の苦痛をやわらげるために薔薇を浮かべたお風呂を入れてくれたり。

 

そして、みんな「君の体が何よりも大切だから」「女性の体は何よりも大切にしなければいけない」と言ってくれました。彼らにとって、生理について話し合うことは、愛し合い、尊重し合う関係のなかで必要なことの1つだったようです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)