コテンと眠る! ピタッと泣き止む! 意外と知らないおんぶの基本

2020/09/15 20:55
27

おんぶするママのイメージ

 

ぐずる赤ちゃんをあやしながら、家事をするにはおんぶが1番です。 しかし「怖くてできない」「どうやってやるの?」というママもいると思います。
今回は、赤ちゃんとママの心地いいおんぶについてお話しします。

 

続きを読む

おんぶはいつからできる?

おんぶができるのは赤ちゃんの首がすわってからになります。個人差はありますが、一般的には4〜5カ月ごろになると、90%以上の赤ちゃんは首がすわるといわれています。

 

首すわりは、3〜4カ月健診でチェックされる項目です。
健診では、腹ばいにしたときに頭を持ち上げるかどうか。あお向けに寝かせて、両腕を持って45度までゆっくり引き起こしたときに、頭が遅れずについてくるかどうかなどで、首すわりを判断します。自分で判断するのが難しいときは、健診で首すわりを確認してからおんぶをするようにしましょう。

 

おんぶのメリットとデメリットは?

メリット

・ママの両手があいて、家事がしやすい
・ママの背中に体がぴったりとつくので、赤ちゃんが安心感を得られる

 

その他、背中の高い位置のおんぶは大人と同じ目線になり、ママの行動を見て一緒に体験したような感覚を共有することで、赤ちゃんにとって良い刺激になるなどといわれています。

 

デメリット

・赤ちゃんの変化に気づきにくい
・慣れるまで少しコツがいる

 

その他、赤ちゃんの様子が見えないため、狭い場所などで赤ちゃんの手や足などをぶつけてしまうことなどがあります。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ママネタに関するキーワード

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)