暮らし 工夫 お金 節約

5人家族、食費節約じょうずさんが伝授! 大根丸ごと1本使い切りテク

大根レシピの画像

 

15歳、11歳、6歳の3児のママである野口ゆかさんは、5人家族でありながら、なんと月3万円の食費でやりくりしています。今回は、食費節約ワザの中から、「大根1本使い切りテク」をご紹介します!

「大根を丸ごと1本買っても使いきれない」「大根のメニューがマンネリ」という人必見です!
 

続きを読む

買ったらすぐに昆布だしで茹でる

下ごしらえした大根の画像

 

今の時期、大根が旬でお手ごろになると、野口さんは丸ごと1本買ってじょうずに使い切っています。まずは下ごしらえがポイント。大根を丸ごと1本昆布だしで煮ておくそうです。こうすることで、いろいろな料理にアレンジがきくのでとっても便利なおかずの素になってくれます。

 

あらかじめ柔らかく煮ているので味の浸みこみだって早い! 時短料理の強い味方になってくれます。


~材料~
・ 大根 1本
・ 米のとぎ汁 適宜
・ 水だし昆布水

 

~作り方~
1.大根は幅2~3cmの輪切りにし厚めに皮をむき面取りして、片面に十文字に切り込みを入れる。

2.鍋に1の大根を入れ米のとぎ汁を被るぐらい入れて中火にかける。沸いたら少し火を弱め(弱めの中火ぐらい)竹串がすーっと通るぐらいになるまで茹でる。

3.ざるに上げて流水でぬめりをとるように洗い、再び鍋に入れて、水だし昆布水を昆布ごと入れて(ひたひたに)中火にかける。
沸く手前で少し火を弱めて(弱めの中火ぐらい)10分ほど煮てから火を止める。
*昆布水が無い場合は、10×10cmぐらいの昆布を2枚ほど入れるといいですよ。

4.冷めるまでそのまま放置し、冷めたら保存容器に汁ごと入れて、蓋をし冷蔵庫で保存する。


冷蔵庫で3日程保存できるそうなので、いろいろなレシピで食べ切りましょう!

 

冷蔵庫にあるもので完成!「おでん風」

大根の「おでん風」レシピ

 

まずは、寒くなってくるこの時期にうれしい「おでん風」レシピをご紹介します。たくさんの具材で作るおでんもおいしいけど、冷蔵庫にあるもので作るのも十分においしいと野口さんもお気に入りのメニュー。だし汁に大根の茹で汁を使って、余すことなく使い切りましょう!

 

~材料~
・ 大根 1本
・ さつま揚げ 2枚
・ だしがら昆布
★昆布だし煮で使用したもの
・ イカ (冷凍庫に残っていたものを入れました)

 

<煮汁>
・ 茹で汁 300ml
・ 酒 大さじ1
・ 醤油 大さじ3
・ 砂糖 大さじ2


~作り方~
1.鍋に昆布だし煮大根とだしがら昆布を入れて、浸るぐらいの茹で汁(300mlぐらい)を加える。煮汁の調味料も入れて火にかける。

2.沸いたら適当な大きさに切ったさつま揚げやイカも加える。

3.落とし蓋をして中火で大根がいい色になるまでコトコトと煮る。
火を止め、そのまましばらく置いたら完成です。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。