わ、やっちゃったー!親族一同を黙らせた、思わぬ大失態とは!【ママならぬ日々108話】

2020/12/19 13:55
25
ママならぬ日々108話。親族集まってのお宮参りをなんとか無事に終え、ホッと胸をなでおろしていた和田さんが、うっかりして招いてしまった事態とは?
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:
体験談
マンガ
和田フミ江

ついにお宮参りの日がやってきました。

参加者は予定通り、私たち夫婦と娘ハナ、うちの母、夫の両親と、夫の祖父母。総勢8名です。

初めての子、初めての孫、初めてのひ孫とあって、全員やたら気合いが入っていました。義父と夫はスーツ。女性は全員着物。ハナにはベビードレスを着せ、その上にかける「祝い着」はネットでレンタルしました。

和田さん108話

 

やってしまいました……。

出発が遅かったので、移動時間やお参りする時間も考えて、確実に帰宅しているであろう2時に出前してもらえるよう、お寿司を予約していました。これが、遅すぎました。すんなりお参りして12時過ぎに帰宅できたため、全員空腹で出前の到着を待つことになってしまったのです。

 

<つづく>

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。



この記事にいいね!しよう

いいね!
25

現在ログインしていません。

  • お宮参りってだいたい生後1ヶ月じゃん?まだ体ボロボロだし、赤ちゃんも小さくて不安なのに、周りが気合い入るのってどうかと思うんだよね。ついていくのはもちろんいいけど、それより母親と赤ちゃんをサポートするつもりで来て欲しい。これもなんで母親が1番端にいるの?誰の赤ちゃん?

    2020/12/20 21:49

コラムの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。