理想の家族像を押し付けないでよ!義母の独自ルールにイライラが爆発寸前

現在第2子妊娠中、3歳の長女を育てています。私の夫には母親(義母)のほかにその妹がいるのですが、事あるごとに「理想の家族」を押しつけくるのです。そのため、私はストレスが蓄積……。そんなとき、夫が思いがけない言動をとってくれたという体験談です。

しおみなおこ マンガ

 

しおみなおこ マンガ

続きを読む

押し付けられる義母2の「理想の家族」

義母1・2たちの家族は近所でも有名な仲良し家族だったそうです。そのためか義母2は「理想の家族」への思いが強いよう。例えば「わが家は土日の休日は交代で娘をみている」と言うと「休みの日に家族3人でいないなんて」と言われます。

 

他にも「子どもができたんだから夫婦はいつも仲良くなくちゃダメ」「記念日はみんなで集まらなくちゃ」など義母2の理想をあげたらキリがありません。長女を保育園に預けて私が働き出すと聞いたときには「もっとちゃんと子育てして」と泣きながら「子育てとは」といった話をされました。

 

夫のひと言で義母2撃沈

あるとき、いつものように義母2の理想家族の話を私が聞かされているとき、夫がぽつりと口をはさみました。「なんかさ、それって昔から言ってるけど今はっきり思ったわ。独身の人が何言ってんの?」。鋭い言葉にひやっとしました。

 

「結局○○(義母2)は自分で一から家族を作ったことないんじゃん。苦労も知らずによく人に言えるよね」と夫が続けます。義母2も言い返しますが空回りで、バツの悪そうな顔をしていました。

 

 

わが家のことを家族のように思ってくれての発言だと思うと、夫の言い方はきつかったかと思うのですが、理想を押し付けられて苦しくなっていた私は、その言葉に救われました。その後も義母2の理想語りは減ることはなかったのですが、今はもうほとんど聞き流しながら余計なストレスを溜めないようにしています。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 


著者:水田 真理

アレルギー持ちな娘の母で元理科の塾講師。子育てはできるだけ家にあるもので、娘と楽しめるように日々創意工夫を実践中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターしおみ なおこ

    フリーランスイラストレーター。女性向け媒体をメインに、「大人かわいい」テイストのガールズイラストを描いています。夏とワインが好き。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 合わせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP